人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
カテゴリ

<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2012.03.28 マリインスキー劇場「セリュツキー・ガラ」

マリインスキー・バレエ、ワガノワ・バレエ学校のバレエ教師、ゲンナージー・セリュツキーを教え子たちでお祝いするガラ・コンサートです。開演ギリギリに会場に着いたら、演目・キャスト表が売り切れで入手できず…なのですが、なくても大体キャストがわかるところが悲しい。マリインスキー・バレエをまともに観なくなって4年ほど経ちますが、ソリストの顔ぶれがほとんど同じとは。でも、終演後挨拶に登場したセリュツキーと、その後彼の教え子4人がものすご~く楽しそうに踊っている姿を観て、バレエがこんなに好きな少年がいるならまだ未来はある!と思いました。

第一部は「イン・ザ・ナイト」最初のペアはマリア・シリンキナとウラジーミル・シクリャローフ。シリンキナは腕の動きも美しく、二人そろって瑞々しいペアでした。2番目はアリーナ・ソモワとエフゲニー・イワンチェンコ。ソーモワ、大人になったなあとしみじみ。そして3組目がエカテリーナ・コンダウーロワとダニラ・コルスンツェフ。派手さはないながらも、視線のやりとりは濃密で、押しつけがましくない演劇性があり、コンダウーロワは「素直になれない女性」という設定にはまってました。最後は上手く素直になれて、ハッピーエンドな「イン・ザ・ナイト」のようです。

第二部は小品集です。終演後、通りすがりのおばあさんに演目・キャスト表を見せてもらいましたが、現代作品など覚えきれなかったので一部不明です。また、上演順は覚えきれなかったので、一部逆転してるかもしれません。
まずアリーナ・ソーモワとアレクサンドル・セルゲイエフの「パピヨン」です。セルゲイエフの古典はどうかなと思っていたのですが、グランド・スゴンドは端正(しかしフィナーレの「インフォニー・イン・C」でのアントルッシャはかなり残念な出来)。
ヴェラ・アルブゾワとエフゲニー・イワンチェンコの「赤のジゼル」は、大音響生オーケストラ、そして長身パワフルな二人から繰り出される迫力に、会場の空気が一気に変わりました。
スヴェトラーナ・イワノワとアレクセイ・ティモフェーエフの「青い鳥」のパ・ド・ドゥ。イワノワは、足音が小さく丁寧な踊り。とどまるところを知らないマリインスキーのソリストのレベルの低下は寂しいですが、一方で、天才の陰でもくさらずコツコツ頑張ってきたイワノワのようなダンサーが報われつつあるのが今の状況なわけで、難しいなあと思いました。ティモフェーエフも張り切ってました。
ベジャール・バレエのカテリーナ・シャルキナとジュリアン・ファヴローによる「ライト」です。リフトを含め、とても美しい作品これが個人的にはこの第2部のハイライトでした。ベジャール作品は、小難しいことを考えずに音楽に身を任せてみました、という作品の方がストレートに心に響くのはなぜでしょう。
「アンナ・カレーニナ」(※ラトマンスキー版ではありません)でなんとユリア・マハリナが登場です。ポワント弱くなったな~、とかジュテが低くなったな~と思うものの、ディベロッペで漂わす情感はさすが。もしかしたら軸足の膝が緩んでるとか骨盤の位置が…とかあったのかもしれませんが、衣装が裾のゆったりしたワンピースだったので気になりませんでした。パートナーはアンドレイ・ヤコヴレフ。キャスト表見るまで誰だかわかりませんでした。。。
そしてヴィクトリア・テリョーシキナとアンドレイ・イェルマコフの「海賊」で一旦シメです。テリョーシキナ、手首の角度つけすぎではなかろうか。あと、一番最後のジュテがかなり乱暴だったのか気になります。イェルマコフはソロの一回目のソー・ド・バスクで喝采を浴びたら、2回目が不発になってしまって残念。いいところはとても良かったんですが。

第3部も小品集で、アリーナ・ソーモワとイーゴリ・コールプの「愛の伝説」から重ために始まりました。
ヴェラ・アルブゾワが自作の現代バレエを披露しましたが、パートナーと作品名を忘れてしまいました。緞帳を引いたままの舞台に、ピエロに扮したパートナーの男の子が現れます。現実世界の客席を舞台裏(つまり舞台裏と客席が逆転してます)に見立てて、終演後の疲労感や虚しさを表現してました。
個人的にとても嬉しかったのが、久々にエカテリーナ・オスモルキナを観られたこと。エルネスト・ラティポフと「タリスマン」を踊りましたが、彼女のトゲトゲしたところがない大らかさが眩しい。ラティポフは初めて観ましたが、速い回転が魅力。
そして元マリインスキー所属のオリガ・イェシナとアレクサンドル・セルゲイエフの「レダと白鳥」の後はベジャール・バレエのエリザベット・ロスが登場です。作品名は失念してしまいましたが、ゆったり重ね着したワンピース風の衣装が、男の人に縋り付いては一枚一枚剥ぎ取られ、レオタード姿で椅子を使いつつ踊ります。
上記2演目が「いいんだけど空気が淀む…」という作品だったのですが、ヴィクトリア・テリョーシキナとイーゴリ・コールプの「いなかのドン・ファン」で会場が一気に明るくなりました。ロシアの片田舎の村娘と(微笑ましい)女ったらしによるコメディで、コールプの百面相が笑いを誘います。ロシアのおじさんの琴線に触れる何かがあったようで「ブラボー」という野太い絶叫が第3ヤールスあたりから聞こえてきました。
第3部のトリはウリヤナ・ロパートキナとダニラ・コルスンツェフによる「グラン・パ・ド・ドゥ」です。コルスンツェフの金髪カツラ姿に「誰?」と思いました(笑)ロパートキナはだいぶこの作品を踊りこんでるためか、視線の使い方など、段々芸が細かくなってるような気がします。
そして半分大トリ、半分フィナーレで「シンフォニー・イン・C」のフィナーレ部分です。オレーシヤ・ノヴィコワの他、ソーモワ、イワンチェンコ、コンダウーロワ、セルゲイエフなど、この日の出演者の半分くらいが華麗な衣装にお色直しして再登場です。教え子が多いセリュツキーのためのガラなので、群舞もみんなで大トリというのはいいな~と思いましたし、すごくみんなに愛されてる教師だと再認識。もうこんなにおじいちゃんなのか…と切なくなりましたが、本当にまだまだ長生きして欲しいと思います。
by jicperformingarts | 2012-03-31 15:58 | 公演の感想(バレエ) | Comments(1)

2012.03.28 ミハイロフスキー劇場「眠れる森の美女」

イリーナ・ペレン
レオニード・サラファーノフ


この日はマリインスキー劇場ではベジャール・バレエ・ローザンヌが公演を行っていましたが、昨日もう観たし(キャストは微妙に違っていて、28日の「ボレロ」はファヴローだったとのこと)、ということでミハイロフスキー劇場に行ってきました。
クラシック・バレエを基本に、ドゥアトの振付でコケットリーを足してみましたという演出です。昨年12月の初演の際はオンライン中継されたのでご覧になった方も多いと思います。装置は最小限に抑えた開放感のある舞台空間に、見れば見るほどディテールの凝った美しい衣装のダンサーが次々現れます。特にフロリナ姫と第3幕のオーロラのチュチュにうっとりでした。

ペレンは、かつてのようなお人形さんプリマに戻ってしまったようで、体調が悪いのかな?と思っていたのですが、ローズアダージョの(そもそもの振付として)バランスの短さやキメのポーズの肩すかし感、また第3幕のバリエーションではジュテの回数が少ない…など舞踊的な盛り上がりに欠けるので、あまり気合が入らなかったのかも、と邪推してみます。
そしてサラファーノフからもスピード感を奪うとはある意味恐るべし(笑)第3幕のグラン・パ・ド・ドゥのコーダでようやっと本領発揮というか、それまではダイアゴナルにただ走るだけ、とか貴重なグランジュテが真上に跳んで真下に落ちる…等でした。

「青い鳥」のパ・ド・ドゥでは、ソロがそれぞれはしょられてたのがスタミナ不足が課題のニコライ・コリパエフには幸いしたのか、コーダのブリゼ・ボレは見事でした。また、アダージョの終わりの二人のポーズはため息を誘う美しさ。全体に、ドゥアトが加えたコンテンポラリー風の動きというのはとてもフォトジェニックです。なのですが、個々のバリエーションの音の数は決まっているので、そこにクラシック・バレエとコンテンポラリーを詰め込んだ結果、せわしないというか、シャッターチャンスを作るためにのびやかなアラベスクやジュテ、小気味のいい回転など堪能するムーブメントが削られてしまった印象です。このカンパニーは長年観続けていて、高難度のパと美を両立できるダンサーが多いことを知っているので、若干物足りない。
プロローグでは、タチヤナ・ミリツェワが鷹揚の精(ぱんくずの精)を踊りました。旧版で見られる彼女の軽やかなパ・ド・プアソンが好きだったので、「さあここ!」という瞬間、リフトでツィ~ンと運ばれてしまい残念でした。一方で、その次の、サビーナ・ヤパーロワによるカナリアは、宮廷貴族の間をすり抜けながら快活に歌うという設定にぴったりでよかったです。
第3幕では前述の「青い鳥」の他、宝石は、サファイヤ(マリア・ドミトリチェンコ)、アメジスト(ヴァレリヤ・ザパースニコワ)、ゴールド(オクサーナ・ボンダレワ)という設定です。テクニシャン集合でバシッとまとめてくれました。高速ピルエットは、数少ない見せ場だからか全員気合が入ってました。
あとは、演出家の好みが色濃く反映されるカラボスですが、このバージョンでは男性が踊ります。舞台を覆う黒い布の下から現れる演出が面白い。また、カラボスのお付きの男性6人はみんなジュテも高くておお、と思いました。
by jicperformingarts | 2012-03-30 15:41 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

2012.03.27 マリインスキー劇場「ベジャール・バレエ・ローザンヌ」

久々のロシアでのバレエ鑑賞…ですが、今回はスイスにあるベジャール・バレエ・ローザンヌ(BBL)による引っ越し公演です。二部構成だったのですが、4作品を、第一部1作品、第二部に3作品と振り分けていてなんだかバランスが悪かったような…。

「愛が私に語りかけるもの」
エリザベット・ロス ジュリアン・ファヴロー 大貫真幹
個人的にベジャールはすごく気に入る作品とそうでないものの差が激しいのですが、すみませんこの作品は後者でした。マーラーの美しいながらもやや剣呑な音楽に合わせて「彼」「彼女」「子ども」を軸に構成されます。約30分と長い作品なので一言でどう、とは言えないのですが、リフトが力技であまり美しくなかったような…予習・復習なしで鑑賞すると、こんな感想しか出てきません(笑)

「カンタータ51」
大貫真幹 カテリーナ・シャルキナ
この作品は面白かったです。「ドン・ジョバンニ」系列というか、こういう薄口だけど音楽性豊か路線の方が、難解・哲学風味よりもハズレがない、と思うのは、単に私の教養不足なのでしょうか。バッハのカンタータ(教会音楽)を使っているので荘厳なパートもありますが、決して重くない作品です。
「愛が私に語りかけるもの」の時も思ったのですが、大貫真幹さんは、とても素敵なダンサーですね。ジュテも端正で足音がしなくて、スイスイ次のパに移っていきます。弾む音そのもののような流麗な踊りが特に軽快なパートで鮮やかでした。

「La ou sont les oiseaux」
オスカー・シャコン、アラナ・アルチバルド、ファブリス・ガララク
作品名のロシア語訳を見ると、「鳥のいるところ」という意味のようです。ジル・ロマン振付とのことで、照明の使い方はベジャールより現代的で時代の流れを感じます。赤いスクリーンの前に男性が椅子を置いて座ると、スクリーンに女性の姿が映し出される…と思うとスクリーンの裏側から赤いドレスの女性が現れれる、という面白い出だしです。スター不在の出し物ですが、3人連続で床にベシャッと倒れながら登場したり男性ダンサーの頭上を女性が歩いたり(ここが鳥なんでしょうか)、と飽きが来ず、満足度は高かったです。

「ボレロ」
エリザベット・ロス
東京バレエ団がリズムでない「ボレロ」を観るのは初めてでしたが、BBLの団員の方が平均的に体格いい人が多いので、大集合すると重量感がありました。メロディーのロスは、女性としては結構いかつめなのですが、リズムの面々と比べて明らかに白く、明らかに異質な存在として浮かび上がって見えます。力みなぎるところと、だらっとするところの緩急を繰り返しながら段々ボルテージを上げていきます。特にドキッとしたのが、右腕を右から左に切れ味よく振るところ。女性特有の細い腕と反張する肘ならではの迫力があり、元々メロディーは女性のための役だったというのに納得です。
by jicperformingarts | 2012-03-29 22:33 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

2012.03.10 ハンブルク・バレエ「椿姫」

アエロフロートでバレエめぐり~ハンブルク編~

段々シリーズ化してきたアエロフロート就航都市でのバレエ公演の感想ですが、今回はハンブルクです。2012年3月現在でモスクワ-ハンブルク間のアエロフロート直行便は一日一本です。ただ、往路の成田-モスクワ-ハンブルクの接続は悪いです(復路のハンブルク-モスクワ-成田は丁度いいのですが)。


シルヴィア・アッツォーニ
アレクサンドル・リアブコ


既にマリインスキー国際バレエフェスティバル鑑賞の旅に突入しているのですが、この公演についてはどうしても書きたかったので、書きます。アッツォーニの「椿姫」は、前回の来日公演の時見逃してしまったので初めて観ました。今まで、この役には強さ・激しさが必須と思っていたのですが、彼女のマルグリットはとても儚げ。

ノイマイヤー版の「椿姫」の特徴の一つがマノンとデ・グリューが登場するところですが、あらすじをみると、「マノンのような人生を送ることを恐れるマルグリット」云々とあります。そもそも全然違うキャラクターなので、今一つ腑に落ちてなかったのですが、今回、アッツォ-ニのマルグリットを観ていて、マノンの、自分が死んでいく時に愛する人を道連れにする、という部分のことかな、と思いました。たとえ愛する人を破滅させることになっても、独りで死んでいくのは怖い、という死に至る病を得た女性の心細さ、そしてマノンをどこかうらやましく思っているかのような表現のためかもしれません。同時に、そういう彼女の切なる願いは、べったりとした白粉などグロテスクなメイクを施されたマノンの姿をとることで、嫌悪すべきものとして描かれます。今さら男の人に自分の身の上の恐怖を明かしてすがりつくことを許さない、体一つで社交界を渡り歩いてきた彼女なりのプライドも感じたのは行き過ぎの解釈でしょうか。
全幕を通して度々マノンが現れますが、アルマンの父が、マルグリットにアルマンと別れるように頼みに来る場面では、理性からアルマンを思いやって別れを承諾しようか迷うマルグリットの隣に付きまとうマノンからは「アルマンから離れないってあなたが言えないなら私が言ってあげるわよ」という声が聞こえてきそうでした。結局、マルグリットはそんなマノンを文字通り押しやって、アルマンとの別れを承諾します。
一方で、終盤で現れるマノンはおそらく沼地のシーン(流刑後、更に逃亡してマノンが死につつある場面)ですが、この時マルグリットはマノンへの羨望を隠しません。死が目前に迫って、既にアルマンに会いに行けないくらい衰弱して初めて、どうしようもなくアルマンに側にいてほしいと思う気持ち、そしてぱったり倒れて息絶える姿がとても痛々しい。ケバケバしい化粧を落としてデ・グリューと踊るマノンも、どこかマルグリットを憐れんでいるようです。

とマルグリットとマノンの軸で感想を書いてしまいましたが、もちろん、アルマンとの演技も濃かったです。この一週間前にヨハン・コボーの「ロミオとジュリエット」を観て、こんな熱いダンサーは久しぶりだ~と思っていたのですが、いましたねここにも愛が間歇泉の男性が!(笑)この二人のドラマを負ううえで欠かせないのが3つのパ・ド・ドゥです。
まず第一幕の「青のパ・ド・ドゥ」では、熱烈に愛を訴えるアルマンと、段々それに絆されるマルグリットが描かれます。高級娼婦である彼女にとっての最大の武器であり盾だったのか彼女の艶やかな笑みですが、それを捨てた瞬間が、アルマンに心を許した時ではなかったかと思います。アルマンの激しさに、胸元の椿が吹っ飛んでしまい、アルマンに椿を手渡すはずの場面はどうするんだろうと思っていたら、そこは上手く投げキッスで代用してました。
次の「白のパ・ド・ドゥ」は、マルグリットがパトロンを捨ててアルマンを選んだ後の、恋人同士の幸福の絶頂の瞬間です。この幸福感あふれる時間がなければ、破局後アルマンは、あのマルグリットが自分を愛してたなんて夢だったんだ~と自分を納得させられてたんじゃないか、と思うと皮肉です。そんなマルグリットは、幸福感にあふれつつも既にそれを謳歌する力がなく、このまま死んでしまいたい、という声が聞こえてきそうな儚さでした。実際(誤解を招く言い方ですが)このまま死んでしまった方が、幸せだったんじゃないかなあと思います。
そして最後が「黒のパ・ド・ドゥ」です。破局後、アルマンのあてつけに耐え兼ねマルグリットが訴えに来る場面です。通常、この場面ではどのバレリーナも激しさ大爆発なのですが、アッツォーニはここでも儚げです。逆にリアブコ演じるアルマンが激しすぎて、そんな乱暴に扱ったらマルグリット死んじゃう。。。と思ったほどです。病で体が弱って心も弱ってアルマンの激情に流されてしまったマルグリットでした。このパ・ド・ドゥの後、眠っているアルマンを愛おしそうに見つめるマルグリットの前にマノンが現れ、マノンに奮い立たされるかのように、再びアルマンのもとを去ります。
この最後の逢瀬の後、更に混乱して自暴自棄になったアルマンは、舞踏会という公衆の面前でマルグリットを侮辱するという暴挙に出ます。結局、「マルグリットはアルマンを愛している」という点において、アルマンは誰よりも正しく彼女を理解していて、それは全く間違いでなはなかったことが重ねて皮肉です。
by jicperformingarts | 2012-03-28 20:25 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

HP更新記録(2012.03.25):4月キャスト情報

モスクワ4月公演予定を更新しました。
サンクト・ペテルブルク4月公演予定を更新しました。


4月のボリショイ劇場、マリインスキー劇場、ミハイロフスキー劇場のキャスト情報を追加しました。
by jicperformingarts | 2012-03-25 11:13 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2012.03.23):4月コンサート公演予定

モスクワ4月公演予定を更新しました。
サンクト・ペテルブルク4月公演予定を更新しました。


4月のコンサート・ホールの公演予定を追加しました。4月にはイースターがあるので、ゲルギエフ指揮でマリインスキー歌劇場付属管弦楽団が公演を行うほか、モスクワの主要なオーケストラも大体そろい踏みです。
 また、昨日から始まっているマリインスキー国際バレエ・フェスティバルですが、「若者と死」の初演(というかリバイバル)を飾ったのは、ウラジーミル・シクリャロフとエカテリーナ・コンダウーロワとのことです。詳しい日程・キャストはこちらです。
by jicperformingarts | 2012-03-23 10:25 | HP更新記録 | Comments(0)

2012.03.09 ハンブルク・バレエ「ベニスに死す」

アエロフロートでバレエめぐり~ハンブルク編~

段々シリーズ化してきたアエロフロート就航都市でのバレエ公演の感想ですが、今回はハンブルクです。2012年3月現在でモスクワ-ハンブルク間のアエロフロート直行便は一日一本です。ただ、往路の成田-モスクワ-ハンブルクの接続は悪いです(復路のハンブルク-モスクワ-成田は丁度いいのですが)。


ロイド・リギンス
エドヴィン・レヴァゾフ
オットー・ブベニチェク/カースティン・ユング


2003年初演とのことで、初演から9年経っていますが、アテ書き?と思ってしまうくらい、それぞれのダンサーにぴったりの配役でした。
なんと言っても、ロイド・リギンスの演技が、若さへの希求、疲労、といった「老い」を体現していました。タジオが象徴する若さに魅了されて、夢みて手を伸ばすものの絶望しながら死んでいく、というシンプル(?)なあらすじで、口紅をひいて若作りするさまは滑稽のはずなのですが、全然笑えず、とてもかなしい光景でした。
リギンズは頭髪など、単純に容姿をみるとお年なのですが(すみません)、高名な振付家としてのカリスマ性を踊りで表現できているのがすごいです(ノイマイヤーは、アッシェンバッハを振付家に置き換えてバレエ化しています。原作では作曲家)。

レヴァゾフの美しい容姿・長い脚(ホント長い。ビックリするほど長い。)はまさにタジオですが、やっぱり初演から9年という月日のせいかもう青年だな~と思いました。ダンスや演技に何の不足はありませんが、アッシェンバッハを破滅させる偶像として、究極「置物」状態でどこまで輝けるかという、いわゆる時節の花が失われてしまうのは仕方ないことなのでしょうか。

タジオとアッシェンバッハの関係ではあまり官能は強調されていなかったのですが、オットー・ブベニチェクとカースティン・ユングの二人によって同性愛的空気がむんむんでした。特にユング、いい体してますね~。役柄を5度、6度と変えてアッシェンバッハに付きまとい、特に「変身」と名付けられた場面では、医者になってアッシェンバッハにかつら、メイクを施します。まさにタナトスとエロス…と思いました(かなりざっくりいうと「死」と「生」それぞれへの本能)。カーテン・コールではレヴァゾフ→ブベニチェク・ユング→リギンスの順だったので、舞踊的にはタジオより重要な役と言えそうです。

その他、アッシェンバッハのアシスタントとして、また母として全然違った表情を見せたアンナ・ポリカルポヴァはやはり女優だな~と思います。また、アッシェンバッハの設定を作曲家から振付家に変えたことで、ダンサー役が多々発生していましたが、特にシルヴィア・アッツォーニとリアブコのペアが素敵でした。また、ボアディンの代役だったキラン・ウェストは膝下の動きがしなやかで美しかったです。が、しかし、若さの象徴であるダンサー達にとって、アッシェンバッハはどこか蚊帳の外にされており、それが彼の孤独を際立たせていました。年齢って残酷です。

なお、どういう生活をしているのか金銭感覚を疑われそうなので言い訳させていただくと、現在一年限定でヨーロッパに滞在しているため、今の内にあちこち行っておこうと、ないお金を捻出しているだけです。こんな生活は長くつづけたら破産します(笑)
by jicperformingarts | 2012-03-18 04:16 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

【ガラ出演者】ペテルブルク:第11回ダンス・オープン(2012)

2012年4月11日~17日にサンクト・ペテルブルクで開催されるダンスフォーラム「ダンス・オープン」について、15日、16日の概要が決まったようなのでご紹介します。写真が小さく、所属先が読めないダンサーもいるので、所属先は割愛させていただきました。

http://www.danceopen.com/ru/news/95

4月15日(日)19:00~
リムスキー=コルサコフ記念コンセルヴァトーリヤ
「ナタリア・ドゥジンスカヤ記念ガラ・コンサート」

<出演予定者>
ヨナ・アコスタ
ヤナ・サレンコ
ウラジーミル・マラーホフ
イリーナ・ペレン
イワン・ワシーリエフ
マラト・シェミウノフ
デニス・マトヴィエンコ
ジョセフ・ガッティ
ウリヤナ・ロパートキナ
ヴィクトリア・テリョーシキナ
アナスタシア・マトヴィエンコ
ポリーナ・ラッサディナ
エカテリーナ・オスモルキナ
ダニラ・コルスンツェフ
マクシム・ジュージン
エカテリーナ・クルィサーノワ
アナスタシア・スタシケヴィッチ
アンナ・チホミロワ
ミハイル・ロブヒン
キム・ミンジュン
ハン・ソンウ
ボリス・エイフマン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)


4月16日(月)19:00~
コンサート・ホール「オクチャブリスキー」
「世界のバレエ・スターたちによるガラ・コンサート」

<出演予定者>
ジョセフ・ガッティ
ヤナ・サレンコ
マリアン・ワルター
ディヌ・タマズラカル
イリーナ・ペレン
イワン・ワシーリエフ
マラト・シェミウノフ
アナスタシア・マトヴィエンコ
オットー・ブベニチェク
エカテリーナ・クルィサノワ
アナスタシア・スタシケヴィッチ
アンナ・チホミロワ
ミハイル・ロブヒン
アルチョム・オフチャレンコ
アシュリー・ボーダー
ダニエル・ウルブリクト
エレーナ・アルガード
ミゲル・アンヘル・コルバチョ
イリ・ブベニチェク
ヨナ・アコスタ
イザベル・シアラヴォワ
バンジャマン・ペッシュ
マリア・アイシュヴァルト
フィリップ・バランキエヴィッチ
デニス・マトヴィエンコ
BAD BOYS OF DANCE

こうして列挙してみると、マリインスキー国際バレエフェスティバルより豪華かもしれません。
by jicperformingarts | 2012-03-15 07:23 | フェスティバル情報 | Comments(0)

HP更新記録(2012.03.13):モスクワ、ペテルブルク3月キャスト情報

モスクワ3月公演予定を更新しました。
サンクト・ペテルブルク3月公演予定を更新しました。


 うっかりロンドンなどへ行っているうちにまた更新が滞ってしまいましたが、3月のキャスト情報を追加しました。ペテルブルクでは3月下旬~4月頭にかけてマリインスキー国際バレエフェスが開催されるのが目玉ですが、演目等に変更が生じていますので、渡航をご検討の方はご注意ください。また、ボリショイ劇場でも3月30日は岩田守弘さん主演の「チッポリーノ」(マグノリアがアンナ・ニクーリナだったりと、当たりキャストだと思います)があります。
by jicperformingarts | 2012-03-14 09:33 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2012.02.27):モスクワ5月、ペテルブルク4~5月

ブログに更新情報を載せ忘れていました。
---------------------------
モスクワ5月公演予定を作成しました。
サンクト・ペテルブルク4月5月の公演予定を作成しました。


 マリインスキー劇場の4月以降の公演予定はまだ発表されていないのですが、そろそろGWのご旅行を検討されるかたもいらっしゃると思いますので、発表されている範囲で公演予定のページを作成しました。実際の公演数は今ご紹介している分より多くなります。
 また、会場がマリインスキー劇場、ミハイロフスキー劇場ではないので、公演予定のページには記載されていませんが、4月11~16日はペテルブルクでダンス・オープンというダンスフォーラムが開催されます。まだ詳細は発表になっていませんが、例年のゲストから想像するとバレエファンの方にとっては、特に14日~16日は要チェックの催しかと思います。
by jicperformingarts | 2012-03-13 21:27 | HP更新記録 | Comments(0)


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧