ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ

<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2011.12.24(昼) パリ・オペラ座「オネーギン」(オスタ&ペッシュ)

アエロフロートでバレエ巡り~パリ編~

定期的にロシアにバレエ巡りの旅に出ていますが、その際アエロフロート利用でモスクワ+ヨーロッパ1~2都市のことが多いです。モスクワ止まりよりもヨーロッパまで出た方が航空券が安いとか、マイレージがたまりやすいとか、折角モスクワまで来たらちょっと足を延ばしで色々なバレエが観たい、とか理由は色々です。アエロフロートといえば、よからぬ評判が定着していますが(笑)、最近の国際線は機体もキレイですし、客室乗務員の方々も英語が堪能です(むしろ、私はヨーロッパ系キャリア利用の時に遅延等の被害にあいます…)。
第一弾はパリです。実は今回はアエロフロート利用ではありませんが、まあ、一番よく行く都市だからということで…ご容赦ください。


最後になってしまったのが、クレールマリ・オスタ&バンジャマン・ペッシュの回です。ペッシュは演技派だし、オスタもあまり観たことはないものの知的なアプローチをするダンサーというイメージを持って観ていたのですが、実は、重要な場面で2回ありえない連想をしてしまい、感動し損ねた回でした。自分の目が節穴というのもあるのですが、舞台そのものの求心力が、他のペアに比べてイマイチだった気もします。

オスタのタチヤーナは、なんというかキャピキャピしていました(笑) 冒頭、オネーギンが現れた時も、ドラマチックな出会いに乳母に笑顔で飛びついてみたりとか、その後第1幕でも、一緒に散歩中だったオネーギンがふっとウツになるところでも、キョトンとした表情をしたあとにポワ~ンと笑顔になっていて、「ミステリアスで素敵~♪」と言わんばかりです。
もちろん、そういう乙女心理はありだと思いますが、タチヤーナの思考回路ではないなと。第2幕2場の決闘の場面で、レンスキーがオリガを半ば嫌悪感を持って突き放したのに対して、タチヤーナとは最後に別れを惜しんでいた、という演出からしても、オリガとタチヤーナは対照的な人物像であって欲しいところです。
そして終盤のパ・ド・ドゥでは、まだまだこれから盛り上がるんだろうと思って観ていたら突然手紙をつっかえし、あれ?もう終わり?となってしまいました。その後も無駄な動きが多く、部屋の中歩き回るところでは、ありえないことに(自分の想像力がですよ)動物園のクマを連想してしまいました。アクションが多いこと自体は問題ないと思うのですが、そうでもせずにはいられなかった、という感情の裏打ちが不足していた感はあります。

ペッシュは、パケット同様、踊りに貴族らしさがあったかといえばやや疑問符ですが、決闘の場面でのピルエッとのキレは素晴らしく、既に勝負は明らかだ…と思いました。
演技全般を通して、大人なオネーギンだったと思います。タチヤーナの詩集のタイトルを見た時も、彼女を小馬鹿にするわけではく、ただ子供だなと認識した感じです。その後、年端もいかないタチヤーナから告白されても、手紙を破った後、茫然とするタチヤーナを心配そうにちらっとみていましたし、「こういう手紙はもう少し大人になってから然るべき殿方に送るのがあなたのためですよ」、と彼なりに教え諭すような振り方に見えなくもありませんでした。
ただ、この比較的大人の余裕がある演技のためか、突然オリガにちょっかいだすという展開が唐突に見えなくもありませんでした。というわけで、私も舞台に入り込めていなかったので、決闘後、タチヤーナに見据えられて両手で顔を覆うところは、洗面器に張った水で洗顔する人に見えてしまい、自分でもびっくりしたところで幕になってしまいました。

この日のオリガはマチルダ・フルステーでした。清楚な容姿ですが、小悪魔的な演技もなかなかです。ですが、なまじ清楚な雰囲気があるだけに罪作りですね…。23日のエヴァ・グリンツスタインはいい意味で派手やかな容姿で、むしろ小悪魔的な魅力にレンスキーが首ったけになっていたようなところもあったので、グリンツスタインのオリガと比べると、オネーギンと一緒に踊るフルステー演じるオリガは、レンスキーにとってさぞ衝撃的な裏切りではなかったかと思います。
[PR]
by jicperformingarts | 2011-12-28 04:43 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

2011.12.24(夜) パリ・オペラ座「オネーギン」(シアラヴォア&ガニオ)

アエロフロートでバレエ巡り~パリ編~

続くかわかりませんが、新企画です。定期的にロシアにバレエ巡りの旅に出ていますが、その際アエロフロート利用でモスクワ+ヨーロッパ1~2都市のことが多いです。モスクワ止まりよりもヨーロッパまで出た方が航空券が安いとか、マイレージがたまりやすいとか、折角時差5時間モスクワまで来たらちょっと足を延ばしで色々なバレエが観たい、とか理由は色々です。アエロフロートといえば、よからぬ評判が定着していますが(笑)、最近の国際線は機体もキレイですし、客室乗務員の方々も英語が堪能です(むしろ、私はヨーロッパ系キャリア利用の時に遅延等の被害にあいます…)。
第一弾はパリです。実は今回はアエロフロート利用ではありませんが、まあ、一番よく行く都市だからということで…ご容赦ください。


次はイザベル・シアラヴォア&マチュー・ガニオの回です。客観的にグレードの高い公演であったと思いますが、それぞれの個性に合った作品で観る機会にも恵まれていたので、オネーギン&タチヤーナそのものだ!という感動は正直ありませんでした。すみません。

ガニオについては、容姿の瑞々しさがこの作品に限っては仇になってしまったのか、若く見えるオネーギンだなあと思いました。第一幕は、タチヤーナより一回り年上には見えません。足さばきの優雅さはまさに都会の貴族そのもので、タチヤーナと歓談中のはずが突然意識が飛んでいってしまうソロでも、所作の優美さが際立ちます。が、この優美さが、クランコ版オネーギンで顕著な攻撃性とは無縁に見えてしまいます。このソロで、第二ポジションでプリエしながら額に手を当てるところではうつむきがちで、どうしようもない鬱の虫を抱えた憂える貴族という感じです。
なので、原作のオネーギンの方に近いのかなあと思っていたのですが、第二幕では、タチヤーナに熱っぽい手紙を送られて、面倒くさいことになったといういら立ちが見え隠れします。憂さ晴らしに美人で踊りが上手くて享楽的でノリのいいオリガにちょっかいを出したらハメを外しすぎて、決闘沙汰に…という流れに見えてしまい、この辺も、どうしようもない鬱(バレエ版ではむしろ癇癪?)の虫というより、むしろ未熟さが招いた悲劇、に見えてしまいました。なお、このオリガと一緒にレンスキーを挑発するところの嫌みったらしさは秀逸以外の何物でもなく、これはレンスキーも怒り心頭に発するわ、と思いました。

シアラヴォワは、一幕から美しすぎるのが痛し痒しというところでしょうか。笑顔が美しく、お姉さんとしての落着きもあり、子供っぽさがあまりありません。第3幕ではまさに大輪の花です。最後のパ・ド・ドゥで、オネーギンをはねつけた後、髪をかきむしらんばかりでしたが、これがオーバーアクションに見えないというか、この位しないと自制できなかったんだろう、と思わせてしまう激しさはさすが。この人は脚、特にくるぶしから足にかけてのラインがとても美しいので、リフトされるとこのおみ足が一層映えます。

キャスト表ではこの回のレンスキーはフロリアン・マニュネとなっていますが、どう見ても同日マチネと同じFabien Revillionだったような??(12/29追記:当日鑑賞された方から、マニュネからRevillionに代役変更になったと教えていただきました。どうもありがとうございます。) お顔があまり好きなタイプではなかったのですが、人を見た目で判断してはいけませんね。とても若々しくバットゥリーも正確でパパンと小気味いい音がしていました。

それにしても、このバレエを見ていると、「悪ノリはほどほどに」「人生は堅実に」という忘年会シーズン中に含蓄に富んだ言葉が思い浮かびます…。
[PR]
by jicperformingarts | 2011-12-26 07:09 | 公演の感想(バレエ) | Comments(2)

2011.12.23 パリ・オペラ座「オネーギン」(ジルベール&パケット)

アエロフロートでバレエ巡り~パリ編~

続くかわかりませんが、新企画です。定期的にロシアにバレエ巡りの旅に出ていますが、その際アエロフロート利用でモスクワ+ヨーロッパ1~2都市のことが多いです。モスクワ止まりよりもヨーロッパまで出た方が航空券が安いとか、マイレージがたまりやすいとか、折角時差5時間モスクワまで来たらちょっと足を延ばしで色々なバレエが観たい、とか理由は色々です。アエロフロートといえば、よからぬ評判が定着していますが(笑)、最近の国際線は機体もキレイですし、客室乗務員の方々も英語が堪能です(むしろ、私はヨーロッパ系キャリア利用の時に遅延等の被害にあいます…)。
第一弾はパリです。実は今回はアエロフロート利用ではありませんが、まあ、一番よく行く都市だからということで…ご容赦ください。


プーシキンの有名な小説「エフゲニー・オネーギン」をクランコがバレエ化した作品です。モチーフも、音楽もロシア産でありながら、名作であるが故の著作権管理の厳しさのためか、ロシアでこの作品をレパートリーに持っているカンパニーはありません。今回は3回鑑賞したのですが、書きたいことが沢山あるペアから感想を書かせていただきます。まずは12月23日はドロテ・ジルベール(タチヤーナ)とカール・パケット(オネーギン)の回からです。

ジルベールについては、実は2年前のパリ・オペラ座初演の時も観ていますが、その時よりも、3幕の迫力がはるかに増していました。第一幕、第二幕のタチヤーナは感情を上手く表に出せない内気な少女です。それば、10数年経った後の第三幕一場でも変わらず、艶やかというよりも思慮深く穏やか貴婦人という感じです。なので、これまで観てきたタチヤーナよりもやや平板なのかなと思っていたのですが、最終場のオネーギンとのパ・ド・ドゥで見せた慟哭というか感情の爆発に驚きました。第一幕の鏡のパ・ド・ドゥでは、タチヤーナの夢の中という、欲望が完全にオープンになるはずの設定にもかかわらず、あくまで清純な喜び方だったので、この対比に時の流れを感じます。
まさに埋火のような、といいますか、レンスキーが死んでからの数十年、抱え続けて消えなかった恋心の重みを実感しました。グレーミンへの愛情も疑いもなく、でも抑え続けていたオネーギンへの愛情がギリギリのところで上回り、でも最後の最後に更に理性が上回るという転換めまぐるしいボルテージの上りかたは、この作品の意図するところにぴったり沿っていたのではないかと思います。最後の、オネーギンへの情熱を押さえつける、理性の放つ気迫はすごかった。

パケットについては、踊りそのものにスキがない貴族らしさがあったかといえばそうでもなく、パの終わりのブレなど気になるところもありました。ただその分オネーギンの弱さというか、スペックに恵まれすぎて愛情に恵まれなかった人の孤独がリアルでした。
第一幕から、田舎の素朴さに癒されたら負け、と思っていそうなプライド高さは明らかで、タチヤーナも若干小馬鹿にしてそうです。ですが第二幕では、自分に幻想を抱いて盛り上がっている(ジルベールのタチヤーナは、本能的にはもっと深く彼を理解していたような気もしますが)タチヤーナにイライラし、自分を珍獣扱いする田舎の老紳士・老婦人にイライラし、更に「楽しかったわー、でも私が好きなのはレンスキーだ・か・ら♪ バイバイ!」と言わんばかりのオリガにイライラし…というスパイラルをなぞると、背景にはちやほやはされるけど最後の最後で自分は選ばれないという屈辱・孤独があって、その延長に決闘を招く悪ノリがあるような気がします。と思わせてくれた点で、パケットの演技には説得力がありました。
[PR]
by jicperformingarts | 2011-12-25 07:49 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

HP更新記録(2011.12.21):「ロシアの劇場紹介」更新

ロシアの劇場紹介のページを更新しました。

 「ロシアの劇場の写真倉庫」を整理して「ロシアの劇場紹介」のページに変更しました。また、ニジニ・ノヴゴロドサラトフクラスノヤルスクオムスクのページを新規に作成しています。基本的に一都市半日の滞在のため、ご紹介できない劇場が多く、オムスクに至っては音楽劇場一件のみというありさまですが、今後また訪問する機会があることを期待してページを作成しました。
 個人的にもう一度行ってみたいのはニジニ・ノヴゴロドです。モスクワから電車で4~5時間の大都市で、クレムリンもあり、絶景のヴォルガ河も拝め、なおかつ街並みも洗練されていて、観光地としても面白いと思います。私が2008年2月に旅行した際は、近代的なショッピングセンターの真横に下町的な街並みが残っていたのですが、今はどうなっているのでしょうか。駅すぐ近くのマクドナルドでカスタマー・アンケートをお願いされたのも印象的でした。

Photo: JIC旅行センター
絶景のヴォルガ河です。

f0169061_911322.jpg


Photo: JIC旅行センター
こちらはクレムリン。もっと色鮮やかな建物もあります。

f0169061_924714.jpg


 
[PR]
by jicperformingarts | 2011-12-22 20:04 | HP更新記録 | Comments(0)

第30回シャリアピン記念オペラ国際フェスティバル

ロシア連邦内のタタールスタンの首都カザンにあるタタール国立劇場(カザン国立歌劇場)で毎年開催されているシャリアピン記念オペラ国際フェスティバルですが、第30回目となる2012年は2月1日~17日の開催となります。まだゲスト等は発表されていませんが、演目は発表されておりますのでご紹介します。

http://www.kazan-opera.ru/festivals/1653/

2月1日(水),2日(木),3日(金) 「エフゲニー・オネーギン」 (新制作)
2月5日(日) 「蝶々夫人」
2月7日(火) 「ランメルモールのルチア」
2月8日(水) 「リゴレット」
2月9日(木) 「椿姫」
2月10日(金)「セビリアの理髪師」(演奏会形式)
2月11日(土)「アイーダ」
2月12日(日)「カルメン」
2月13日(月)「ボリス・ゴドゥノフ」
2月14日(火)「The Enchanted Wanderer」(カザン初演)
 ※マリインスキー・オペラによる公演
2月16日(木)、17日(金) 「ガラ・コンサート」
[PR]
by jicperformingarts | 2011-12-21 05:59 | フェスティバル情報 | Comments(0)

HP更新記録(2011.12.11):モスクワ1~2月公演予定

モスクワ1月の公演予定を更新しました。
モスクワ2月の公演予定を作成しました。


 モスクワ1月のコンサート情報を追加しました。また、モスクワ2月の公演予定のページを作成しました。マリインスキー・オペラによるボリショイ劇場でのゴールデン・マスク賞ノミネート公演については、ゴールデン・マスク賞の公式サイトを参照しました。4月3~6日にはマリインスキー・バレエ、ミハイロフスキー・オペラ&バレエも公演を行う予定です。残念ながらロシア語のみですが、ご興味のある方はチェックしてみて下さい(もう少し情報が出そろったらブログでまとめてご紹介します。)。
[PR]
by jicperformingarts | 2011-12-11 05:30 | HP更新記録 | Comments(0)

ボリショイ劇場:チケット購入ルール変更

 ダフ屋対策かと思いますが、ボリショイ劇場のチケット購入ルールが変更になりました。どのくらい厳しく運用されるかわかりませんが、当分は注意しておいた方がいいかと思われます。

 以下、「■ JIC トピックス ■ ~ ロシア・旧ソ連の情報あれこれ ~」からの抜粋です。

http://jictravel.exblog.jp/16928386/

------------------------------------------------------------------------------
■チケットは当該演目の「最終公演日」の3ヶ月前より発売開始
例:2012年3月1日~3月4日「ラ・バヤデール」公演 →2011年12月4日が発売開始日

■チケット面には、公演日、公演時間、観客の名前(名字)とパスポート番号が必須
かつ、劇場入場時にはパスポート提示が必須

パスポートにご注意ください。
------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by jicperformingarts | 2011-12-10 03:08 | その他劇場公式発表 | Comments(0)

HP更新記録(2011.12.03):3月出演者情報

サンクト・ペテルブルク1月の公演予定を更新しました。
モスクワ12月の公演予定を更新しました。


 先日、ペテルブルクの1~3月の公演予定のページを暫定で作成したばかりですが、マリインスキーの1月の公演予定が発表されたので、更新しました。
 また、ボリショイ劇場の12月のキャスト情報を追加しました。例年通り、怒涛の「くるみ割り人形」祭りですが、キャストがバラエティ豊かなので、見比べるのも面白そうです。12月31日は、これも毎年恒例のニコライ・ツィスカリーゼ登板です。
[PR]
by jicperformingarts | 2011-12-06 20:42 | HP更新記録 | Comments(0)

モスクワ音楽劇場:「ラ・シルフィード」初演キャスト

 既に当日ですが、12月2日~3日にモスクワ音楽劇場で予定されている「ラ・シルフィード」(ラコット版)の新制作について、キャストが公表されていましたので、ご紹介します。

http://www.stanislavskymusic.ru/event.html?id=1903

12月2日
エフゲーニヤ・オブラスツォーワ
チャゴ・ボアディン
ヴァレリア・ムハノワ

12月3日
エリカ・ミキルティチェワ
オレグ・ロガチェフ
アレクサンドラ・ドロフェーエワ
[PR]
by jicperformingarts | 2011-12-02 07:08 | プルミエ・シーズン情報 | Comments(0)


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧