人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2009.12.31 マリインスキー劇場「影の王国/パキータ」

 マリインスキー・バレエによるジルベスター・コンサートです。日本でも放映されたようですが、それ以外にもロシアのテレビ局等カメラも複数入っていました。実況、舞台袖からはみ出して客席から丸見えですが…(笑)と、アナウンサーのお姉さんにつっこみたくなりましたが、それだけに、ダンサーたちの気合いも入っていたように思います。特に、「影の王国」では、群舞が日本のバレエ団並にぴったり揃っていて、驚きました。
 
《第一部:『バヤデルカ』より「影の王国」》
ヴィクトリア・テリョーシキナ /レオニード・サラファーノフ

 『バヤデルカ』を観ると、なぜかいつもこのペアに当たります。たまには別のダンサーで…と思うのですが、実際、これがマリインスキーの一押しキャストなのでしょう。テリョーシキナは、いつも通り堅実かつ鮮やかな踊り。ピルエット3回も「幻」の風情を保ちながらこなしていました。サラファーノフは、ソロで見せる自己顕示欲は相変わらずで少し白けてしまいましたが、サポートは格段に上手くなっていました。
 トリオは、一番手のエリザベータ・チェプラソワが元気よくてまぶしかったです。アラベスクで舞台を斜めに突っ切るところは、脚がユッサユッサしすぎですし優雅ではありませんが、弾けるような大きな動きは魅力的です。2番目のバットゥリー(足を空中で打ち付ける動き)を多用したソロでは、ヤナ・セリナが、足を打ち付ける音はとてもクリアで、でも着地音は小さく丁寧な踊りを披露してくれました。そして最後はダリア・ヴァスネツォワ。脚が長~いので、デヴェロッペは高々とあがります。ただ、まだまだ味気ないデヴェロッペなので、今後に期待です。
 
《第二部:『パキータ』よりグラン・パ》
アリーナ・ソモワ / ダニラ・コルスンツェフ

 コールド、コリフェ級、パ・ド・トロワ、4人のソリスト…とバレエダンサーのヒエラルキーが凝縮されたこの作品ですが、今回その頂点にいたのは、アリーナ・ソモワとダニラ・コルスンツェフです。ソモワは、ソロは許容範囲だったと思います。このソロでは、繊細にこぼれる音を優しくすくいあげるようなデヴェロッペを期待したいところですが、それは丁寧に踊るだけではどうにもならないくらい位高度な技術を要するので、仕方ないかなと。ただし、32回フェッテは、強引にダブルを入れたことで更に美しくない回転になってしまい、評価が急下降してしまいました。コルスンツェフは、サポートの優雅さに反し、ソロでは力みすぎてギスギスした踊りになってしまったのが、もったいないです。
 その他、4人のソリストの中で印象に残っているのは、まずエカテリーナ・コンダウーロワ。ゆったりとした音楽向きの彼女なので、持ち前の大らかな踊りを堪能することができました。それから、ヴァレリア・マルティニュークは、もはや十八番の『ドン・キホーテ』キューピッドと同じ振り付けなので、パック(By『真夏の夜の夢』)ですか、と言う位俊敏な脚裁きがお見事!でした。あとは、第一部に引き続き、パ・ド・トロワとソロも踊った、ヤナ・セリナの八面六臂ぶりでしょうか。 
by jicperformingarts | 2009-12-31 19:00 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

2009.12.30 ボリショイ・ザール「ニューイヤー・コンサート」

 「オペレッタの夕べ」、と銘打ったニューイヤー・コンサートでしたが、会場には観光客が少なく、折角の年越しだし団欒でも、という感じの地元客が多く、落ち着いた雰囲気でした。とはいえ、演目はどれも華やか(クラシックは詳しくないので、知らない曲も多かったのですが…)で、チケット代300ルーブル(当時のレートで大体900円位)で贅沢な気分になれました。指揮は、ウラジーミル・アルトシューラーです。

 まず第一部の一発目にオッフェンバックの「地獄のオルフェ」の序曲です。「三時のおやつは文明堂~♪」はこの音楽だったのですね! 地獄でカステラ…??とは思いましたが、確かに文明堂も採用したくなる、ノリやすい音楽です。
 その後、フランツ・フォン・ズッペ、マックス・レーガー等の作品と続きます。オペレッタ中心ということで、マリインスキーのソリストであるジャンナ・ドンブロフスカヤ、ウラジーミル・サムソーノフも出演していました。二人とも、素人耳にもいい声でしたが、歌以外にも色々芸達者ですね! ドンブロフスカヤがユーディトに扮してカスタネットを持ってタンゴ風?に踊りながら歌ってくれたり、サムソーノフに至っては、「メリー・ウィドウ」で突然指揮者に変わって指揮を始めてしまっていました。そして、指揮者のアルトシューラーとワルツを踊るのがドンブロフスカヤと、連携もバッチリです。
 その他、マリインスキー付属のアカデミーのニコライ・エムツォフが出演していましたが。こちらは若いためが、はじけ具合まだまだこれからという感じです。

 そして第二部はシュトラウス、コールマン、ワルトトイフェルと続きます。シメはもちろんシュトラウスの「こうもり」です。当たり前ですが、バレエのオケとは全く音楽が違って感動しました(笑) 歌手も、指揮者も楽団員それぞれが楽しそうで、こちらも楽しい時間を過ごせました。
 
by jicperformingarts | 2009-12-30 19:00 | 公演の感想(コンサート) | Comments(0)

2009.12.29 『ロシア・バレエのスター達』(オクチャブリスキー/ペテルブルク)

 サンクト・ペテルブルクのコンサートホール“オクチャブリスキー”で行われたガラ・コンサートです。当初は、以下の出演者の他、ウラジーミル・マラーホフやスヴェトラーナ・ザハロワも出演することになっていましたが、結局キャンセルしたようです。なお、蛇足ですが、私は27日ベルリンで彼の『カラヴァッジョ』を観ていました(当初キャスティングされていなかったにもかかわらず)。時々ものすごい働き者のダンサーがいますが、この人もすさまじいな、と思っていたら、結局キャンセルしたようです。劇場には来ていたそうですので、けがか何かかもしれません。お体は自愛して欲しいなと思います。

《第一部》
『眠れる森の美女』より
ツァールスコエ・セローの子どもバレエによる


『春の水』(振付:メッセレル)
イリーナ・ペレン / マラト・シェミウノフ

シェミウノフは背がとても高いので、高々とペレンを掲げるリフトではそれはそれは壮観です。その他にも、非常に難度の高いリフトが続きますが、さすがのパートナーシップというか、ほどよくスリリングで良かったです。

『ジゼル』
マリア・コチェトコワ / ゲンナーディ・ネドヴィーギン

座っていた席が舞台から非常に近く、コチェトコワの空を切るジュテの音まで聞こえてちょっと恐かったです。なので、妖精の世界に浸ると言うよりも、ダンサーの鍛え上げられた身体能力の方に意識がいってしまい、残念です。

『アダージョ』(振付:ミロシュニチェンコ)
アンドレイ・メルクリエフ

プログラムには『トリスタンとイゾルデ』だったのですが、突然変更になっていました。でも、この作品は好きなので、ラッキーだった気がします。

『Who cares?』(振付:バランシン)
ナタリア・エルショワ / イーゴリ・ゼレンスキー

こちらも、プログラムでは『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』だったのですが、突然変更になっていました。リフトを多用してレトロに小粋にガーシュインの音楽をみせるパ・ド・ドゥです。エルショワのピンクの衣装がかわいいです。

『スパルタクス』(振付:コフトゥン)
イリーナ・ペレン / マラト・シェミウノフ

サビーナとクラッススのパ・ド・ドゥ。こちらもかなり体をはったリフトの連続でした。キレイな衣装で何もこんな組体操を(笑)、と思いましたが、祝祭的な雰囲気があったのは確かで、その分会場も盛り上がっていました。

『タリスマン』
マリア・アレクサンドロワ / ミハイル・ロブヒン

可憐で叙情的なバレリーナが得意にする演目なので、アレクサンドロワはどうだろうと思っていたのですが、強いポワントを持つ彼女だけに、音の通りにホップし、その後もぐらつくことなく伸びやかにポーズを決めてくれました。ロブヒンは、今回のガラ唯一のお祭り要員の責務を果たして(笑)、超絶技巧をふんだんにもりこんでいました。

《第二部》
『パキータ』よりマズルカ
ツァールスコエ・セローの子どもバレエによる

『マルゴ』(振付:ヴァガーボフ)
イリーナ・ペレン / マラト・シェミウノフ

本日3演目と大活躍のお二人。こちらは叙情的なパ・ド・ドゥでした。

『瀕死の白鳥』(振付:フォーキン)
イルマ・ニオラーゼ

客席をしめやかな感動で包む白鳥では全くなかったと思います。が、下手に芸術性を目指して逆に地味に終わるよりは、彼女のように「私のポール・ド・ブラ(腕の動き)をご覧なさい!」といわんばかりにばっさばっさ羽ばたいてみせる方が、いっそ潔くて爽快ではないかと。

『シェヘラザード』(振付:フォーキン)
ナタリア・エルショワ / イーゴリ・ゼレンスキー

結構この組み合わせでこの作品を観ているので、ベストパフォーマンスではなかっただろうとは思います(録音もあまりよくなかったし)。とはいうものの、若手にまったくひけをとらないゼレンスキーの跳躍の迫力はすばらしいですし、エルショワも、全幕を踊り込んでいるだけに、10分弱の抜粋をしっかり演じきっていました。

『Diving into the Lilacs 』(振付:ポーソホフ)
マリア・コチェトコワ / ゲンナーディ・ネドヴィーギン

テクニックは抑え気味のメランコリーなコンテンポラリー作品でした。最後に、コチェトコワ一人が舞台に取り残されるのですが、悲壮感はなく、くるみ割人形の幕切れのような優しい空気です。今まで、テクニックの強烈さが先に目についてしまっていたのですが、この人生来の可憐さも、大きな武器だなと再認識しました。

『ロミオとジュリエット』(振付:ラブロフスキー)
マイヤ・ドゥムチェンコ / アンドレイ・メルクリエフ

かなり久々にドゥムチェンコを観ましたが、相変わらず軽やかで高い跳躍が瑞々しい印象。メルクリエフもさわやかに情熱的で良かったです。ただ、舞台が非常に広いので、音に間に合わせて上手から下手に移動するところは、全力疾走していました。バレエにあるまじきマッハ走りでしたが、そこはロミオなのでアリかと(笑)

『ドン・キホーテ』(振付:ゴールスキー)
マリア・アレクサンドロワ / ミハイル・ロブヒン

アレクサンドロワのキトリのヴァリエーションは絶品だと思います。跳躍や回転などのわかりやすい超絶技巧はありませんが、パッセが速い!そして一度ポーズを決めたらぶれません。フェッテは全てシングルでしたが、ダブルはどう考えても無理、というくらいの超高速でした。ロブヒンは後半スタミナ切れ?というところもあったけれど、一度崩れかけたサポートも終盤持ち直して、健闘していました。
   
by jicperformingarts | 2009-12-29 19:00 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

HP更新記録(2009.12.19)

劇場博物館3件のレポートを追加しました。
=1月のコンサート情報を更新しました。
     >>>モスクワ   >>>サンクト・ペテルブルク


 サンクト・ペテルブルクの劇場博物館のレポートを頂いたのでUpしました。いずれも、サンクト・ペテルブルクの中心部にある博物館ですが、ガイドブックにはなかなか取り上げれられていないので、貴重な情報ではないかと思います。特に、一通り観光名所は回ったけど、公演があるから遠出は出来ないし、どこに行こうかな、と思っている劇場好きの旅行者にはぴったりなのではないでしょうか(笑)
 サンクト・ペテルブルクと言えば、マリインスキー・バレエに引き続き、ミハイロフスキー・バレエ(レニングラード国立バレエ)が来日公演を行っているところですが、1月には元ミハイロフスキー・バレエのスヴェトラーナ・ギリョワもドレスデン・バレエのグループ公演に参加するとのことで、さすが東京はロシア・バレエの集積地だなあと思いました。
by jicperformingarts | 2009-12-23 13:16 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2009.12.08)

11月20日ペルミ・バレエ『ファデッタ』のレビューを追加しました。

 先日、ペルミ(エカテリンブルグ近くの工業都市です)の国立劇場にて『ファデッタ』の初演があり、そのレビューを頂いたので、更新しました。ラブロフスキーの作品を下敷きに、ニコライ・ボヤルチコフが振付けたバレエです。ボヤルチコフは、長年レニングラード国立バレエの芸術監督をしていたので、ご存知の方も多いかもしれません。
 ペルミ・バレエは、ロシア第三の地位をノヴォシビルスク・バレエと競っているバレエ団だけに、レベルは高いです(マネージメントの戦略は、ペルミの方が一枚上手と思ってますが…)。バレエは、モスクワ・ペテルブルクだけではありません!と個人的に常々思っているので、あまり情報が日本には届いてこないこういうバレエ団のレビューこそ、是非お目を通していただきたいと思います。
by jicperformingarts | 2009-12-19 20:37 | HP更新記録 | Comments(0)

2010年ゴールデン・マスク賞ノミネート発表

 2010年ゴールデン・マスク賞(ロシアで最も権威ある舞台芸術関連の賞)のノミネートが発表となりましたので、お知らせします。この賞が対象としているのは、バレエ・オペラのみならず、演劇、ミュージカル、人形劇と非常に幅広いのですが、幅広いだけに全部挙げるのは大変なので、まずはバレエに絞ってご紹介させていただきます。なお、参照したHPはこちらです(まだ英語版には反映されていません)。

■作品部門
(バレエ)
“Na Floresta” モスクワ音楽劇場(モスクワ)
“IMMORTAL BELOVED” ノヴォシビルスク国立劇場
“メデイア” ペルミ国立劇場
“イワンと仔馬(せむしの仔馬)” マリインスキー劇場(ペテルブルク)
“WHO CARES?” ノヴォシビルスク国立劇場
“オネーギン”エイフマン・バレエ(ペテルブルク)
“ロミオとジュリエット” カレリア共和国音楽劇場(ペトロザヴォーツク)
“RUSSIAN SEASONS” ボリショイ劇場(モスクワ)
(コンテンポラリー・ダンス)
“CASTING OFF” パンフィーロフ・バレエ(ペルミ)
“БЕДНАЯ ЛИЗА” ナショナル・シアター(モスクワ)
   ※かわいそうなリーザ、位の意味ですが英訳不明です。
“МНЕ ЖАЛЬ, ЧТО ВЫ МЕНЯ НЕ ПОНЯЛИ”
          ヴォロディツキー・デニス・バレエ・カンパニー(モスクワ)
   ※「ご理解頂けず残念です」位の意味ですが、英訳不明です。
“МУЖЧИНА – ЭТО ТАКОЙ МУЖИК, КОТОРЫЙ НАШЕЛ HIS OWN IDENTITY”
           コンテンポラリー・ダンス・シアター(チェリャビンスク)
   ※「男性とは自分のアイデンティティーを見つけた男」の意味ですが、こちらも定訳不明。
“ОБЩЕЖИТИЕ” コンテンポラリー・ダンス・スタジオ(モスクワ)
   ※寮とか宿舎という意味の単語ですが、それではいくら何でも味気ないので、
    敢えてロシア語のまま記載しました。

■振付家部門
エカテリーナ・キスロワ(” ОБЩЕЖИТИЕ”より)
エドワード・リヤン(“IMMORTAL BELOVED”より)
オリガ・ポナ(” МУЖЧИНА – ЭТО ТАКОЙ МУЖИК, КОТОРЫЙ НАШЕЛ HIS OWN IDENTITY”より)
アレクセイ・ラトマンスキー(“せむしの仔馬”より)
キリル・シモノフ(“ロミオとジュリエット”より)
ボリス・エイフマン(“オネーギン”)

■女性ダンサー部門
アンナ・ジャロワ(“IMMORTAL BELOVED”より。ノヴォシビルスク)
ユリヤ・マンジェレス(“メディア”より。ペルミ)
アレウチーナ・ムホルチコワ(“ロミオとジュリエット”より。ペトロザヴォーツク)
ナタリア・オシポワ(“RUSSIAN SEASONS”より。モスクワ)
アリーナ・ソモワ(“イワンと仔馬”より。ペテルブルク)

■男性ダンサー部門
ウラジーミル・ヴァルナワ(“ロミオとジュリエット”より。ペトロザヴォーツク)
イーゴリ・ゼレンスキー(“WHO CARES?”より。ノヴォシビルスク)
オレグ・ガブィシェフ(“オネーギン”より。ペテルブルク)
アンドレイ・メルクリエフ(“БЕДНАЯ ЛИЗА”より。モスクワ)
レオニード・サラファーノフ(“イワンと仔馬”より。ペテルブルク)

バブル崩壊の中でよくこんなにプルミエがあったな、と思ってしまいます。結果は春のフェスティバル後までお預けですが、おなじみのダンサーもそうでない人も、頑張って欲しいと思います。
by jicperformingarts | 2009-12-16 23:20 | フェスティバル情報 | Comments(0)


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧