人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

7/14 アレクサンドリンスキー劇場 『白鳥の湖』

 (キャスト不明)

夏のロシアといえば、観光シーズンであり劇場オフシーズン。 観光も楽しみつつ、舞台芸術も満喫するにはどうすれば、ということで夏のサンクト・ペテルブルクに行き、観光客をターゲットにしたバレエ公演を2回観てきましたので、その感想です。2日目は、本来はドラマ劇場であるアレクサンドリンスキー劇場で、毎年夏に行われているバレエの貸し館公演です。踊っているバレエ団は一定しません。この日は、サンクト・ペテルブルク・バレエ・アカデミーの公演でした。

 一番安いチケットで500ルーブリ(≒2300円)、パンフレットは120ルーブリ(≒550円)ということで、観終わってのバレエファンとしての感想は「許容範囲であるけれど、でも高い」です。衣装・装置も寂しさは感じさせない水準で、ダンサーの見栄えもそこそこでした。踊り出すとさすがにマリインスキー劇場のようにはいきませんが、ネタになる位ひどい人もいなかったです。
 ただ配られたキャスト表を見ると、基本的にWキャストなのか、各役2人ずつ記載されていたので、個人名が特定できませんでした。

  全体の印象としては、多少ウケ狙いに走りすぎの感があり、あざとさがありましたが、逆にこのくらい強烈にアピールしてくれる方が、わかりやすいし観てて楽しいのかもしれません。
  具体的には、まずオディール(黒鳥)のミエの切り方、指先の使い方が鋭すぎだったりというところでしょうか。目線はふんだんに活用しててよかったので、悪いパフォーマンスだったとは思いませんが…。
  その他演出ですと、例えばロッドバルド風のオジサンが4人登場するところとか、王子がオディールに騙されて愛を誓った途端オデット自ら舞台に登場して、「あなた私に愛を誓ったくせに」みたいなマイム(ジェスチャー)をするところです。ここはとっても恨みがましげで、ある意味よかったです(笑)
by jicperformingarts | 2008-07-14 20:00 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)
<< ボリショイ・バレエのエカテリン... 7/13 マリインスキー劇場 ... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧