人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

3/8 ボリショイ劇場 「トリプル・ビル」

   “カード遊び”  
    “前兆” マリヤ・アラシュ/アレクサンドル・ヴォルチコフ
    “カルメン組曲” ガリーナ・ステパネンコ/アンドレイ・メルクリエフ

 
 最初2つの作品は、ダンサー次第で印象も大分変わると思うのですが、今日見る限りではちょっと退屈でした。逆にダンサーがとても良かった“カルメン組曲”は列車の都合で前半しか観れず、腹立たしくさえありました(笑) というのもこの日はなぜか休憩時間が異様に長く、22:00終演予定だったにもかかわらず、“カルメン組曲”は始まった時は既に21:50という有様でした。
 まず、ラトマンスキー振付の“カード遊び”は淡々とダンサー大量投入で同じような衣装で同じような振りを踊る、という感じ。ダンサーが個性豊かなら逆に面白い趣向だったと思いますが…。
 “前兆”はレオニード・マシーンのバレエを復元したもの。明らかに短調の、暗いけれども美しいチャイコフスキーの音楽に反して、作品そのものプロパガンダ色が強いというか、構成・フォーメーションというより陣形、という風情です。
 そして“カルメン組曲”です。「仁侠」という言葉が似合いそうな頼れる姐御っぽいステパネンコももちろん良かったのですが、この日はメルクリエフがとっても良かったです! ウファのバレエ学校から始まってミハイロフスキー劇場→マリインスキー劇場→ボリショイ劇場とステップアップしてきた彼ですが、華やかさ3割増しでした。回転もスパッと止まれるし、若干間抜けなホセ役を踊らせるのが惜しいくらいのフェロモンもありましたし(笑) 夜行列車が22:40発、当初は22:00には劇場を出るつもりが去りがたく、あとちょっと、あとちょっとと思っている内に気づけば22:08、ダッシュで駅に向かい、滑り込みで列車に乗り込む羽目になりました。
by jicperformingarts | 2008-03-08 19:00 | 公演の感想(バレエ)
<< 3/9 サラトフ国立オペラ劇場... 3/8 ボリショイ・サーカス >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧