人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

3/4 マリインスキー劇場 「ウンディーナ」

     ウンディーナ/エフゲーニヤ・オブラスツォーワ 
     マッテオ/ウラジーミル・シクリャーロフ
     ジャンニーナ/ナデジタ・ゴンチャル 
     海の女王/ヴィクトリア・テリョーシキナ


 狙ってるわけではないのですが、よくこのカップルに当たります(笑)ほのぼの似たものペアで、観てて快いのでそれはそれでラッキーと思うことにします。オブラスツォーワは、元々この作品が彼女のために作られたバレエなので、さすがにピッタリでした。ふっくらしてるのに生身を感じさせないので、とんでもないことをやっても「まあ人間じゃないんだしね」と許してしまいます。死ぬ時も妖精らしくてよかったです。あまり断末魔すぎても別のドラマになってしまうので…。この生身を感じさせないところはテクニックの正確さによるところも大きいと思うので、以前のように登場するだけで会場がざわめく華やかさはなくなったものの、やっぱりマリインスキーにとっては貴重な人材であり続けると思います。
 シクリャーロフはいまや若手の中ではピカイチなのね、と思いました。ヴァリエーションの最後で必ずぐらつくところはもったいないですが、跳躍も回転も華やかにみせてくれるので、会場も自然に湧いてました。
 今日はミハイロフスキー劇場から移籍したエレーナ・エフセーエワのマリインスキー初舞台でしたが、2人のナイアード(水の精)の片割れで、キャスト表にも特にアナウンスがなく、控えめなお披露目でした。踊りそのものはちょっと慎重すぎるけど、悪くなかったです…が、その直後にテリョ-シキナの踊りだったので、今のところはエフセーエワをこれ以上高く評価は出来ない、と思ってしまいました。緊張がほぐれてくるのを待とうと思います。
 そのテリョ-シキナは硬質な踊りが海の女王にピッタリです。元々の格調高さに加えて、女性らしい華やかさも出てきました。ジャンニーナのゴンチャルは気の強そうな美女ですが、マッテオに振り回される乙女心もちゃんと演じてました。それにしても本当に気の毒な役です。
by jicperformingarts | 2008-03-04 19:00 | 公演の感想(バレエ)
<< 3/5 ミハイロフスキー劇場 ... 3/1 マリインスキー劇場 「... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧