人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

3/1 マリインスキー劇場 「眠れる森の美女」 

    オーロラ/ヴィクトリア・テリョーシキナ
    デジーレ/レオニード・サラファーノフ
    リラの精/エカテリーナ・コンダウーロワ


 セルゲイエフ版ではなくて、19世紀当時を再現したヴィハレフ復元版の方でした。衣装・装置はキレイなんですが、4時間15分もあるので、結構疲れます。
 テリョーシキナが2月27日に功労芸術家になったので、今日がそのお披露目に当たるのかな?と思っていたら、キャスト表にはまだその称号が反映されていませんでした(4日分にはちゃんと記載されてました)。舞台からかなり近い席で観ていたのですが、足音が気にならなかったのは彼女だけでした(アリーナ・ソモワも基本的に小さめですが、時々ドン!と響いてました)。とはいえ舞台に近すぎて照明のにおいに酔ってしまい、踊りそのものをちゃんと味わうことが出来なくて残念です。
 アリーナ・ソモワはアントン・コルサコフと一緒に青い鳥のパ・ト・ドゥを踊りました。元々素材は抜群なので、キレイにパがきまるととてもキレイです。ただまだまだ筋力不足なのか、一旦音に遅れだすと途端に雑になるので、かなりムラがある印象。逆にコルサコフはもうちょっと体絞って欲しいな~と思いますが、筋肉質な踊りを披露してくれました。
 デジーレはサラファーノフでしたが、幻影の場でのアダージョがなかったので、元々少ない王子の出番が更に少なくなりました。そのためか、3幕のソロではとても気合が入っていて良かったと思います。
 その他良かったのがダイヤモンドのエカテリーナ・オスモルキナ。遅咲きの花というか、観るたび少しずつ華やかになっていくので面白いです。ただたまに簡単なところでカクっとなるのがもったいないです。やっぱり、目立つ若手はそれなりに巧みというか、揃って足音が小さかったです。カナリアのアンナ・ラブリネンコなど、今日は5人の妖精は皆若手というより新人だったのですが、踊りを見ることに集中できないくらい足音が大きかったです。他の席で観ればそれほど気にならない程度なので、この場合は足音が小さかった人たち(テリョーシキナ、ソモワ、オスモルキナ)が特別上手、ということだと思います。
by jicperformingarts | 2008-03-01 19:00 | 公演の感想(バレエ)
<< 3/4 マリインスキー劇場 「... 2/29 ミハイロフスキー劇場... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧