人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

2/29 ミハイロフスキー劇場「ライモンダ」

     ライモンダ/アナスタシア・マトヴィエンコ  
     ジャン・ド・ブリエン/デニス・マトヴィエンコ
     アブデラーマン/ウラジーミル・ツァル


  デニス・マトヴィエンコはアブデラーマンの方がいいのではないかと思いました。あれほど血気盛んに「俺を観ろ!」アピールをするジャンも初めてです。アナスタシア・マトヴィエンコについてはファンの方がいたら申し訳ないですが、あまりいい印象を持たなかったので、感想は控えさせていただきます。
 脇はおなじみ「レニ国」の方々ですが、個人的にはライモンダの友人を踊ったタチヤナ・ミリツェワの表情が大人っぽくなっていて驚きました。彼女の踊りを久々に観ましたが、アラベスクも「ふん!」という気合なしにすっと入るので美しいです。元々長い首と腕なので、とても美しいご婦人ぶりでした。
 もう一人の友人のアナスタシア・ロマチェンコワもコントロールの効いた堅実な踊りが好印象です。白の婦人を踊ったエルビラ・ハビブリナは、これまた久々に観ましたが、踊りはほとんどないので調子のほどはわかりません。ただほっそりとした古典的なたたずまいがピッタリでした。
 その他キャラクター・ダンスでは「サラセンの踊り」をおどったナタリア・ルィコワとアレクセイ・クズネツォフが勢いがあってよかったです。コールド(群舞)は人数が少なかったし、動きもさほど大きくないのでこの日は調ってたと思いますが、その他の細かいところで少しバタバタしてたかなと思います。
 衣装はトータル・コーディネートとしてはどうかというところもあったけれど、個々に見ていくと非常にきれいです。特に2幕のライモンダの衣装が深い青に細かいラインストーンが縫い付けられててとてもキレイでしたし、3幕群舞は白-金で高級感があり、生地も繊細かつ上品でした。
by jicperformingarts | 2008-02-29 19:00 | 公演の感想(バレエ)
<< 3/1 マリインスキー劇場 「... 2/28 ボリショイ劇場 「ト... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧