人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

2/15 モスクワ音楽劇場「シンデレラ」 

        シンデレラ/ナタリヤ・レドフスカヤ 
        王子/ゲオルギー・スミレフスキ
        仙女/マリヤ・セメニャチェンコ  


 まずお目当てだったレヴェンターリの衣装・装置について。実際に舞台でみると、照明がとっても凝っていて写真で観るのとまた違った魅力があります。特に3幕のイスラム風の場面(シンデレラを探して王子が旅に出ています)が全く違ったように見えて、やっぱり生で観れるって幸せだなあと思いました。
 とはいえ舞踏会の場面のゴージャスな美しさも絶品です。コールド(群舞)衣装は青-ピンク-赤なのですが、青といっても紺色がかってるので調和がとれています。こんな風に使っている色数はとても多いのですが、配置が絶妙なので、万華鏡のような美しさです。
 装置も王子のお父さん(つまり王様)が自転車に乗って登場したり、また一幕では大鍋達から突然手脚がにょきっと生えて踊りだしたりと、サプライズも盛りだくさんです。少し子どもっぽいところもあるけど、シンデレラなのでそこは「ええー(笑)」と素直に喜びました。
  主役はレドフスカヤ。舞踏会以外ではトゥシューズを履かないので、踊りを充分に堪能できなくてすこし欲求不満なんですが、見せ場はキッチリこなしていてさすがです。
 王子のスミレフスキは間違いなく「主役」で「王子」なんだけど、あと5度脚が上がれば…と思うことしばしばで、うっすら頼りなかったです。
 その他、華やかなソリストも多くて楽しめました。アグリー・シスターズは二人とも上手でした。回転が特に上手くて4回転もこなしていたのがオリガ・シズィフ(女の子だけど「フ」で終わる苗字です)、ピンク衣装でふわふわの髪型がとってもお似合いだったのがアナスタシア・ペルシェンコーワでした。仙女は今日がデビューだったそうですが、立居振舞にも品格があり、狂言回しの役も美しくこなしてました。
 演出は今度ミハイロフスキー劇場の主席振付家に就任するヴィノグラードフです。四季の精がいなかったり、時計を12人の男性コールドが踊ったりしますが、全体にクラシカルでした。
by jicperformingarts | 2008-02-15 19:00 | 公演の感想(バレエ)
<< 2/16 ボリショイ劇場 「チ... 2/10 マリインスキー劇場「... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧