人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

2/5 “サンクト・ペテルブルグ・オペラ” 「眠れる森の美女」(カレリア共和国音楽劇場による公演) 

       オーロラ/ラリサ・イワノワ 
      デジーレ王子/ピョートル・バザロン
      女王/ディアナ・スミルノワ
      カラボス/アンドレイ・リャボフ
 

 キリル・シモノフが首席バレエマスターを務めるバレエ団による遠征公演で、当然この作品も彼の振付です。彼はマリインスキー・バレエの「くるみ割り人形」などを手がけ、またノヴォシビルスク・バレエに振付けた「シンデレラ」ではロシアで最も権威あるといわれる“ゴールデン・マスク”賞で入賞しているので、ロシアを代表するコンレンポラリー・ダンスの振付家なのかなと思います。
舞台が非常に狭いし、コンテンポラリー(現代作品)なので断言は出来ませんが、容姿から察するに、バレエ団のレベルはそこまで高くないです。二の腕がみなさん結構タプタプ…。マリインスキー劇場より容姿チェックに厳しいと言われるエイフマン・バレエを観た翌日なので、余計に気になりました。
 作品としては風刺てんこもりで面白かったと思います。大きな特徴としては、まずカラボスがカッコイイ男性として大きく扱われることと、それから冗長でもある結婚式の場面をバッサリ切っているところでしょうか。
 その他オーロラに美徳を授けるはずの妖精たちが“乱暴の精”“吝嗇の精”“横柄の精”で、当然そんな方々に祝福されたオーロラは美しいけど野獣のようなお姫様に成長し、母親の女王様は「誕生日プレゼントよ♪」と言って婚約者たちをプレゼントする、という感じで、クラシックとはかなり異なります。振付そのものは、何せ舞台が小さくて群舞が8人載れば既に窮屈そうなくらいなので、よかったのか正直わかりません。
 それにしてもロシアの観客は正直です。“幻影の場”でオーロラと王子のデュオでは(なぜか)王子が一枚ずつ脱いでいくのですが、観客どよめきすぎです(笑) その他オーロラを助け出すべくカラボスと闘うシーンでは絶妙な間合いでパコーンとカラボスを蹴っていて、「え?今普通に蹴ったよね?」「すごいナチュラルに蹴ったよね?」と、またどよめいてました。私も吹き出しちゃった一人なんですが。
by jicperformingarts | 2008-02-06 19:00 | 公演の感想(バレエ)
<< 2/10 ミハイロフスキー劇場... 2/4 アレクサンドリンスキー... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧