人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

1/29  マリインスキー劇場 「シンデレラ」 

      シンデレラ/エフゲーニヤ・オブラスツォーワ  
      王子/ウラジーミル・シクリャロフ
      継母/タチヤナ・セロワ

 
 マリインスキーの「シンデレラ」を観るのは4年ぶりだったのですが、改めてみると若手活躍の場として価値のある作品だなと感じました。
 まず主役のオブラスツォーワですが、彼女は元々踊りそのものより、そこから透けて見える性格が印象に残るダンサーなので、モダンでも見応えがありました。このシンデレラは、魔法が解けて夜会から帰って来てから、「夢でも幸せ」ではなく「折角理想の王子様に出会えたのにー!!」とジタバタするところが素直で好印象です。
 一方最近彼女とペアで踊ることの多いシクリャロフ、サポートはだんだん上手くなってきています。小柄できちんとした踊りの彼女とパートナーシップを深めるきたおかげかな?と思います。振付そのものも彼にあっていて、しなやかな動きが若々しくてよかったです。
 この日のアグリー・シスターズはエレーナ・シェシナとクセニヤ・ドゥブロヴィナでした。どちらが好みかといえば間違いなくドゥブロヴィナなのですが、この役に関してはシェシナの方が光ってました。女の捨てっぷりがあっぱれでした(そういう役柄だからなんですけど)。継母のセロワはこの役だと良かったです。
 その他、この演出では四季の精を男性が踊るのですが、夏を踊ったコンスタンチン・ズベーレフが跳躍の時も着地の時も肩がグラグラせず美しいポーズのままだったのが印象的でした。
by jicperformingarts | 2008-01-29 19:00 | 公演の感想(バレエ)
<< 1/31 ミハイロスキー劇場 ... 1/26  マールイ・ドラマ劇... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧