人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

12/29  ミハイロフスキー劇場 「スヴェトラーナ・ザハロワ ガラ・コンサート」

    これでバレエは年納めです。順不同になりますが、まずザハロワについて一気に感想を書きます。
第一部 「カルメン組曲」 カルメン/スヴェトラーナ・ザハロワ 
 ホセ/アンドレイ・ウヴァーロフ トレアドール/デニス・マトヴィエンコ
   ザハロワのカルメンは「絶品」ではありませんでした。クラシックだった、とかそういうことではなく、単に個性の問題だと思います。ポーズは深くてメリハリもつけてるし、何より華やかです。ただ、ザハロワの音の使い方は「軌跡を見せる」もので「ポーズを見せる」ではないので、カルメンだと音に遅れ気味に見えてしまいます。そのせいか、この役に必要不可欠な生命力がいまひとつで演技にも前のめり感がないので、そのポーズの大きさが浮いてしまっていた気がします。キュート路線で押すカルメンの方が魅力的だったのでは。
    一方マトヴィエンコは全てが前のめりで(笑)、「オレを見ろ!!」オーラがまさしくトレアドール。ウヴァーロフはいい人そうすぎて恋人を刺し殺すような人には見えなかったのが残念です。
第二部
 「Revelation」 (平山素子が振付けたコンテンポラリー作品です。)
 「マルグリットマニア」アルテム・シュピレフスキーと
   カルメンを見ているときの違和感は完全に抜けていて、自然に「ああ、すごくきれいなダンサーだな」と思いました。
 「イゾルデの死」アンドレイ・メルクリエフと
   クシシュトフ・パスター振付で、ワーグナーのオペラ「トリスタンとイゾルデ」をダンスにしたものです。イゾルデの衣装が素敵でした。
 「Voice」
   こちらもパスター作品です。オペラの歌つきの音楽に合わせて、コミカルに踊るというものですが、衣装はクラシック・チュチュだし、振付もクラシックが多用されています。やはり、チュチュ姿のこの人が放つ輝きは、ただごとではありません(笑)一気に会場がオリュンポス山です。といってもクラシック・クラシックしているわけではなく、この作品を踊るザハロワはとてもキュートで魅力的でした。
   こんな感じで、ザハロワは「カルメン組曲」とコンテンポラリー4作品を披露してくれたのですが、バラエティも確保しつつ、後半になるにつれどんどん魅力的になっていくという素晴らしいプログラム構成だったと思います。

 「ラジオとジュリエット」より デニス&アナスタシア・マトヴィエンコ
   エドワード・クルーグが振付けたコンテンポラリー作品からの抜粋です。デニス・マトヴィエンコの動きは本当に軽やかで、複雑なステップをサラッとこなしていました。
 「くるみ割り人形」ニーナ・カプツォ-ワ ヤン・ゴドフスキー
   カプツォーワはとてもかわいらしいですが、グリゴロヴィッチ版の「くるみ割り人形」はテクニック的にとても高度なものを求められるので、しんどそうでした。ゴドフスキーは軸のきれいな回転が印象的です。
 「ディアナとアクティオン」デニス&アナスタシア・マトヴィエンコ
   超絶技巧で会場を沸かすデニス・マトヴィエンコに対し、アナスタシアは影が薄かったかなあと思います。彼女の魅力は、結構大部分がスタイルの良さ由来なので、ザハロワとカプツォーワにはさまれると、あまり目立ちません。
 「海賊」ニーナ・カプツォーワ イワン・ワシーリエフ
   カプツォーワの衣装がシンプルながらとてもきれいでした。32回転はフラフラでしたが、テクニック面ではワシーリエフが過剰なくらいアピールしてくれたので(笑)、彼女の何気ない仕種のかわいらしさなどなどを堪能させていただきました。
 「アダージョ」アンドレイ・メルクリエフ
   彼は元はここ、ミハイロフスキー・バレエ(当時はムソルグスキー記念バレエ)所属で、マリインスキー、ボリショイと移籍してきたダンサーです。そんなわけで、今日は彼にとっても凱旋公演。観客の拍手も一際大きかったです。
 フィナーレ  ロシアのこういうリサイタルでフィナーレがあるのは珍しいですが、やっぱりあった方が盛り上がりますね! なによりザハロワがすごく楽しそうで可愛かったです。
by jicperformingarts | 2007-12-29 19:00 | 公演の感想(バレエ)
<< 1/4 マリインスキー劇場 「... 12/26  ボリショイ・ドラ... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧