人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

11/29 マリインスキー劇場 「バヤデルカ」

     ニキヤ/ヴィクトリア・テリョーシキナ
     ソロル/ レオニード・サラファーノフ
     ガムザッティ / オレーシア・ノヴィコワ

  
 この日はなんといってもノヴィコワが良かったです! こんなにドキュンときたガムザッティは初めてです。巫女と戦士という人目を忍ぶカップルに横恋慕する役柄なのですが、「気位の高い姫君の初恋」を上手く演じきってました。「(手切れ金)受け取りなさいよ!」て言うくだりの権高さと必死さが絶妙でしたし、ニキヤに殺されかかってからの冷笑と「絶対殺してやるわ」は大層怖かったです。でもニキヤに気をとられるソロルを不安そうに見つめる目はちゃんと乙女で、「もーソロル、こっちにしちゃいなよ!」と思いました。
 一方、この日のテリョーシキナはイマイチ調子が良くない様子。踊りだすと肩の使い方など、小手先でないアカデミックさを感じさせますが、実は彼女は結構凡ミスが多いです(笑)転倒したのにはビックリしましたが、それ以外にもカクっというのが今日は特に多かったです。演技もちょっと悲劇のヒロインし過ぎかな~、眉しかめすぎです(笑)
 そしてソロルのサラファーノフですが、1年半前このカップルで同じ演目で観たときよりも、サポートはかなり上達してました。が、しかしテクニックの華やかさが先立って、ニキヤへの愛が小指の爪ほども感じられなかったのが残念です。
 その他、リューボフィ・コジャルスカヤが血湧き肉躍るるような『インドの踊り』を、ウラジーミル・シクリャロフが(25日に引き続き)スキだらけの『黄金の仏像』を披露してくれました。それが彼の人徳なのか、つい生温かい目で応援してしまいますが、イヤイヤそれにしてもご利益なさそうな仏像だなあと思いました。すみません。
by jicperformingarts | 2007-11-29 19:00 | 公演の感想(バレエ)
<< 12/1 マリインスキー劇場 ... 11/25 マリインスキー劇場... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧