人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

11月23日 エストラーダ劇場 「ルドルフ・ヌレエフをしのぶ夕べ」

 第一部 “ワツラフ・ニジンスキー”  
           ダンス: イリーナ・ペレン/ マラト・シェミウノフ
  第二部 “ルドルフ・ヌレエフ~自由への飛翔~” セルゲイ・ヤンコフスキー
           ダンス: ワレリー・ミハイロフスキー


  マリインスキー・バレエのプリマ、ユリア・マハリナが踊るということで行ってみたのですか、彼女は降板、それ以外にもああロシアだな~と思わせる公演で、端々苦笑いです。とりあえずプログラムが第二部の分しか売っていなかったので、第一部のニジンスキーを演じた俳優さんが誰なのかわかりません(笑) バレエ公演ではなくて、演劇俳優が伝説のバレエダンサーに扮して自らの人生を語る、という公演形態でした。
  まず第一部は、俳優さんの演技が「偏屈なおじいさん」風であまりにもニジンスキーのイメージとかけ離れていたため、う~ん、でした。そして突然ミハイロフスキー劇場のソリストの二人が登場してビックリ。どういう文脈であの踊りなのかよくわかりません(笑)振付は陳腐の部類でしたが音楽がメランコリックで美しく、方向性としてはペレンにあってて綺麗だったと思います。
 第二部は楽しめました。どうやって演劇俳優が伝説的ダンサーを演じるのかと思ってましたが、これがナカナカ巧く逃げてた(笑)小道具を使ったり、タタールの血を引くダンサーということでヒップホップやタップを使って演じたりと、正統派クラシックを踊ることなく上手く盛り上げてました。笑いの取り方りも心得てます。ラストも思い切りよく観客の意表をついてくれました。そしてやっぱり冒頭とラストに、ヌレエフといったいどういう関係があるのかわからないミハイロフスキーのソロが挿入されてました。踊り自体は、久々にちゃんとしたモダンをみたな~という感じなのですが、彼は100%ヌレエフに見えないので独立した作品を観てるようでした。
by jicperformingarts | 2007-11-23 19:00 | 公演の感想(バレエ)
<< 11/25 マリインスキー劇場... 11/17 ノヴォシビルスク国... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧