人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

11/11 ルナチャールスキー記念エカテリンブルク国立オペラ劇場 「千夜一夜物語」

    シャリアール王 / セルゲイ・クラシチェンコ
    ヌリーダ / アリヤ・ムラトワ
    シェヘラザーダ / エレーナ・スサノワ


 サーカスが17:25終演、この公演は18:00スタートということで、慌しかったです。
 「ペルシャの王様シャリアールは愛する妻ヌリーダの不義をしってお手打ちにしてから女性不信に陥り、国中の娘に手を出しては殺して…を繰り返しますが、そこに将軍の娘シェヘラザーダが後宮にあがります。聡明な彼女は毎晩寝物語を聞かせづづけ、1001晩経つころには、シャリアール王は既に彼女を殺せないほど愛していたのです。めでたしめでたし」というあらすじです。
 まずシャリアール王のクラシチェンコが迫力ある踊りで印象的です。そしてヌリーダのムラトワもエキゾチックなお色気のあるスレンダー美女、というようにダンサーの印象は悪くないのですが、やはりこちらも演出がよろしくなくて残念です。ソ連時代のお堅さそのままで、装置も衣装も振付も正直ダサい(笑) 
 こう書くと、この劇場の印象が悪くなってしまいそうですが、プログラム売りのおばちゃんによると、「白鳥の湖」「眠れる美女」「くるみ割り人形」は素晴らしいそうですし、最近はパリ・オペラ座からジャン=ギョーム・バールを呼んで「海賊」を新制作 したりしていて興味深いので、また機会があれば足を運びたい劇場です。
by jicperformingarts | 2007-11-11 18:00 | 公演の感想(バレエ)
<< 11/12 グリンカ記念チャリ... 11/11 エカテリンブルク国... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧