人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

2019.5.2(昼) ボリショイ・バレエ「眠れる森の美女」(ニクーリナ&ティッシ)

アンナ・ニクーリナ
ヤコポ・ティッシ


 エツィオ・フリジェリオのなんともまばゆい衣装と装置でした。演出はグリゴロヴィッチ版のままで、王道のクラシックの演出ではありますが、第2幕の王子登場後など若干冗長ともいえる部分は省略し、2幕構成にまとめています。一方で、第3幕のキャラクター・ダンスは、定番の、白猫と長靴をはいた猫、赤ずきんちゃんに加えて、シンデレラも登場し、クラシック・バレエとしては、やはり定番の宝石の精と青い鳥のパ・ド・ドゥもあり、見所が多い演出です。
 
 ニクーリナは、可憐さはそのままに、脚もかなり強くなり、ローズアダージョでは、プロムナード4周の後に、数秒自立する余裕もありました。安定したテクニックから生まれる品格や華もありましたが(ただ脚の上げ方はもうちょっと美しくなるような…)、ただ、今回「眠れる森の美女」は3回観ましたが、観終わって振り返ってみると、持ち前の可憐さ以上の、練り上げた演技があるかというと若干疑問符です。

 ティッシは、ジャンプ力もありますし、所作の端々に隙はありますが、真面目そうで好感が持てる踊りです。サポートも丁寧で、第3幕のグラン・パ・ド・ドゥのアダージョ中盤の、ピルエットからそのままフィッシュダイブ、の連続に挑戦したのはこのペアだけでした。
 
 リラの精のアレクサンドラ・トリコーズは、この日デビューでしたが、技術的にはほとんど減点要素はありませんでした。長身ですがティンカーベル風というか、可愛すぎて、善の妖精の親玉感は今一つだったのですが、まだ入団一年目の新人なので今後に期待です。
 
 青い鳥は、ダリア・ホフロワとヴャチェスラフ・ロパーチン。ホフロワは、技術は確かですが、やや体育会系な印象。ロパーチンは結構な年齢のはずですが、品良くまとめてきました。
 しかしこの作品は本当にソリストが多いです。書ききれないので、印象に残った踊りを挙げていくと、白猫と長靴をはいた猫が、笑い要素はあまりなく、エレガントな白猫に言い寄るが逃げられる長靴をはいた猫、で、普通に美しかったです。白猫のタマラ・ミロノワのジャンプが鮮やかでした。


by jicperformingarts | 2019-05-14 19:20 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)
<< 2019.5.2(夜) ボリシ... 2019.5.1 マリインスキ... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧