人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

2019.4.29 ベラルーシ国立ボリショイ劇場バレエ『白鳥の湖』

マリーナ・ヴァジノヴェツ
イーゴリ・アルタモノフ

 ソ連崩壊後は来日していないので、日本での知名度はそう高くないですが、公式サイトもしっかりしているし、公演予定もかなり先まで発表されているので(発表後の演目変更はありますが…)、マネジメントはしっかりしていそう、という期待を胸に、ベラルーシに突撃してきました。

f0169061_18122399.jpeg
 バレエ団のレベルとしては、主役級は一国を代表する劇場にふさわしい風格がありましたが、群舞(特に男性)が弱いので、来日機会のあるバレエ団とあえて総合力を比較すれば、サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ位でしょうか。
 演出はごくスタンダードなのですが、最終幕が少し変わっていて、湖畔に戻ってきたオデットと王子のパ・ド・ドゥはなく、悪魔と王子の闘いもなく、そこそこ盛り上がってきたところで、オデットと王子は手を取り合って下手にはけていきます。舞台奥に再登場して投身するのか?と思いきやそうではなく、ロットバルドも身もだえして姿を消し、音楽の盛り上がりが最高潮に達するところは、白鳥の群舞のみ、そして嵐が去ったところで、また二人が出てきてポーズ取って幕、となります。オデットの表情からはハッピーエンドなのか判然としませんでしたが、朝日が差しているということはハッピーエンドなのでしょう。

 オデット・オディールのヴァジノヴェツは1997年入団になっているので、ベテランのようです。手首は角度つけすぎで好みではないのですが、肩は柔らかく、そこはオデット向きではあるのですが、顎を引かなかったりで、ポーズの一つ一つに美しさは今ひとつ。他方で視線の使い方は熟練されていたので、結果としてオディールの方が良かったです。しかし、32回転のフェッテは美しくない上に、無理やりダブルを入れた結果、かなり崩れてしまい、残念です。

 王子のアルタモノフは1994年入団になっているので、こちらもベテランのようです。第一幕は、うう~ん、と思ってしまいましたが、ベテランの底力なのか、ペース配分を心得ているというのか、第3幕からはとてもよく、特にマザコン王子でないところが好感度高かったです。第3幕、オディールに騙されたことを知ってから母親に駆け寄るところも、「お母さんどうしよう」ではなく、「先立つ不孝をお許しください」に見えました。オディールが正体を現してから姿を消すまで、割とたっぷり時間を取る演出なので、その間に王子も覚悟を決めたのかしら、と思いました。誓いのマイムで第3幕の幕が下りるのですが、その際も決然とした表情でオロオロ感はありませんでした。

 パ・ド・トロワはダリヤ・メドフフスカヤ、リュドミラ・ウランツェワ、ニキータ・シューバ。ウランツェワは、肩から肘、手首、指先と動きの伝わり方がなめらかで良かったです。
 道化はコンスタンチン・ゲロニク。超絶技巧!というほどではないですが、跳躍時のポーズが綺麗です。お茶目な演技で、観客にも受けていました。

 なお、バレエ鑑賞とは直接関係ありませんが、30日以内の観光の場合は査証不要になったと聞いてベラルーシ渡航を決めたものの、ロシア経由でベラルーシに入国する場合は、査証免除にならず、しかも更にロシアのトランジット査証も必要になると後から知り、存外面倒くさかったです。笑



by jicperformingarts | 2019-05-11 18:14 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)
<< 2019.4.30 マリインス... HP更新記録(2019.4.1... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧