ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ

HP更新記録(2018.9.29) :10月モスクワ、ペテルブルク公演予定

10月モスクワの公演予定を作成しました。
10月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。

 10月の公演予定を更新しました。モスクワ、サンクト・ペテルブルクともに、王道演目から先鋭的な作品まで盛りだくさんです。
 雑談ですが、欧州のオペラハウスでは、どちらかというとシーズン制(シーズンを通して決まった演目を一定期間連続して上演する)が多く、ロシアではレパートリー制(ほぼ日替わりで異なる演目を上演)が主流でしたが、最近ロシアでは、バレエに関しては、シーズン制とレパートリー制の中間のような「ブロック制」(毎月複数演目を3~4回ずつ上演)も定着しつつあります。
 様々な演目を観たい観客のニーズと、仕込みやリハーサル等の省エネ化のバランスが上手く取れていて合理的なシステムではありますが、一方、オペラではなかなかブロック制が根付かず基本的にレパートリー制のままです。ロシアでは、オペラの需要がバレエほど大きくないため、月に同じオペラ演目を複数回上演すると、各回あたりの集客が落ちるから、という話を劇場関係者から耳にします。市場メカニズムを強く取り入れるミハイロフスキー劇場では、バレエの方が客の入りがいいためオペラの公演回数が減っていますし、その他劇場でもオペラ公演の方が露骨にチケット代が安かったりします。この点、オペラの方が人気が高い傾向にあるヨーロッパとはまた違う劇場事情があるようです。



[PR]
by jicperformingarts | 2018-09-29 18:43 | HP更新記録 | Comments(0)
HP更新記録(2018.9.1... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧