人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

2017.4.15 モスクワ音楽劇場バレエ『アンナ・カレーニナ』

ヴァレリア・ムハノワ
ドミトリー・ソボレフスキー

 チューリッヒ・バレエとの共同制作で、そして来シーズンはミュンヘン・バレエでの新制作も予定されているクリスチャン・シュプックの新作です。衣装含めて洗練された演出ですが、ノイマイヤー作品の綺麗な部分(もちろんノイマイヤーはそれだけではないですが)だけを焼き直したようで、正直あまりオリジナリティを感じませんでした。振付上も、真新しい動きはなかったです。
 粗筋上、愛憎渦巻くドロドロ感がないと説得力が出ないので、『アンナ・カレーニナ』自体が洗練されたコンテンポラリー系の演出とはあまり相性良くない題材なのかもしれません。アンナとウロンスキーが不倫関係に落ちるまでもあっさりしており、直接的な性的表現の生々しさと、感情表見(葛藤とか良心の呵責とか)の薄さに違和感がつきまといます。ウロンスキーがアンナに一目惚れしてから人目もはばからずに口説くところも、猪突猛進というよりただ軽薄に見えたためか、これに引っかかったアンナがとても愚かに見えてしまい、第2幕も、自業自得だしなあ…と、アンナに同情する機会を失ってしまいました。アンナ役のムハノワもウロンスキー役のソボレフスキーも、とりあえず、ともに見目麗しくテクニックも確かです。演技は薄味でしたが、ダンサー個人の力量のせいというより演出の影響が大きかった気がします。
 ただ、アンナが自殺を選ぶところは、ありきたりな激しいソロではなく、舞台手前で崩れ落ちてドレスを握りしめて客席(虚空)を見つめるアンナと、舞台奥で踊る家族達という演出でしたが、自分が軽薄にも捨てたものに打ちのめされる感じがよく出ていて秀逸でした。

 ここまでとてもネガティブな感想になっていまいましたが、青年領主リョービンとキティ(アンナの兄嫁の妹)の描き方はとても気に入りました。シュプック版では、この二人がアンナとウロンスキーとの対比として、重要なポジションを与えられていますが、この二人の清々しい(?)愛の物語が、シュプックの抑制された演出に合っていた気がします。特に結婚式の場面は、とても美しい音楽が舞台に染み渡るような振り付けで、この日一番の喝采を浴びていました。



by jicperformingarts | 2017-04-22 17:25 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)
<< 2017.4.16 マリインス... 2017.4.15 ミハイロフ... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧