ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ

2016.12.28 ボリショイ・バレエ『くるみ割り人形』

マルガリータ・シュライナー
クリム・エフィーモフ


毎年、この時期のボリショイ・バレエはくるみ割り人形を集中して上演していますが、毎回ほぼ満席なのかすごいところ。しかし毎年になると、だんだん前も観たな…というキャストが増えてくるのですが、今回は、今日がこの役デビューになる若手カップルでした。

シュライナーは、まだコール・ド・バレエ(群舞)ですが、芸術監督がワージエフになってから抜擢が続いている2011年モスクワ舞踊アカデミー卒の期待の若手です。さすがに金平糖の精の踊りは、爪先がぶれがちで手こずっている印象でしたが、破綻なく踊れるだけでもテクニックは確かです。表情が乏しいのと(演技すべき場面ではちゃんと演技しているのですが)、身体からあふれる叙情性はまだこれからという感じがしましたが、容姿も美しいので、今後に期待です。

クリム・エフィーモフは、2014年の日本公演で活躍していたのでご存じの方も多そうですが、ほっそりした容姿の、こちらも期待の若手です。体幹が弱いのか、ザンレールでのマネージュではよろよろしていましたが、ピルエットは軸も正確でした。
この演出は、第2幕の最後、まるで王子とマーシャの結婚式のように盛り上がったところで、マーシャが夢から覚めて現実に戻り、もう王子の声も届かない…というほろ苦いエンディングですが、そういう夢の王子様的な雰囲気は抜群でした。跳躍も軽やかで身のこなしも美しかったので、この美しさを維持したまま、体幹含めもうちょっと筋肉つけてくれたらな~と思いました。

ドロッセルマイヤーは、アンドレイ・メルクリエフ。グリゴロヴィッチ版のドロッセルマイヤーは細やかな跳躍も細やかでない跳躍も多く、かなりハードな振り付けですが、メルクリエフの脚裁きはキレがあり、飄々とした魔法使いのような雰囲気を醸し出していました。





[PR]
by jicperformingarts | 2016-12-28 22:55 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)
<< 2016.12.29 ワガノワ... ククラチョフ猫劇場(猫のサーカ... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧