ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ

2015.1.4 モスクワ音楽劇場「管弦楽入門」

指揮者:ヴャチェスラフ・ヴォーリチ
ガイド:アルチョム・ヴァルガフチク
ダンサー:エレーナ・ポドモゴワ、
      ティモフェイ・グーリン、ウラジーミル・フォーミン


 アウトリーチ等が盛んなヨーロッパの影響か、ロシアでも青少年向けの入門プログラムが増えてきたので、どんなものだろうと思い行ってみました。日本でいう就学年齢未満と思しき観客も多い中、休憩なしで80分程度の公演でしたが、あらゆる趣向を凝らしていて、ぐずりだす子どもはいませんでした。私自身とても面白く鑑賞しましたので、ロシア語がある程度できて(子どもが理解できる程度なので、難解なロシア語ではありません。)、オーケストラについてちょっと勉強してみたいなという方にはとてもおすすめです。

 プログラムは、ベンジャミン・ブリテンの楽曲の「マチネ・ミュージカル」「青少年のための管弦楽入門」「夕べの音楽会」で構成されています。出演は、指揮者のヴャチェスラフ・ヴォーリチと楽団員に加え、ガイドのアルチョム・ヴァルガフチクと、ダンサー3人です(コロンビーヌとハレーキン2人)。
 「マチネ・ミュージカル」の後、ガイドが淡々と解説しながら進行するのかな、と思っていたら、ガイドとダンサー3人が突然料理を始めます。「マチネ・ミュージカル」と「夕べの音楽会」がロッシーニからだったので、ロッシーニ風レシピということで、イタリアン料理のいいにおいが会場に漂います。 
 その後、「青少年のための管弦楽入門」「夕べの音楽会」と続きますが、ダンサーが大活躍です。「青少年のための管弦楽入門」の冒頭は、パーセルの「ムーア人の復讐」がベースになっているので、その寸劇をやったり(ガイド、指揮者も加わります。)、「夕べの音楽会」では、それぞれの民族衣装に着替えて、ボレロやタランテラなどを実際に踊って見せてくれました。もちろん、「青少年のための管弦楽入門」では、それぞれの楽器の特徴を解説するという基本は押さえているので、勉強にもなります。

f0169061_00410200.jpg
Photo:JIC旅行センター
(小ホールは大ホールとまたがらりと違う雰囲気です。)


[PR]
by jicperformingarts | 2015-01-06 00:38 | 公演の感想(コンサート) | Comments(0)
<< 2015.1.3夜 ボリショイ... 2014.12.30 ロイヤル... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧