ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ

2012.09.23 マリインスキー劇場「シュラレー」

 タタールの民話をもとにしたバレエです。以前タタール国立バレエで観たことがあり、もう一度観たいと思っていたので、念願かなって満足です。全体に、マリインスキー劇場の方が衣装の色彩が鮮やかで、群舞の人数も多いので華やかですが、村の装置などはタタール国立バレエとよく似ており、当時の記憶がよみがえってきました。でも、マリインスキー劇場版の、「だったん人の踊り」風の、男性の帽子はいただけない(笑)
 
 シュユンビケを踊ったのはエレーナ・エフセーエワ。以前ミハイロフスキー・バレエ(レニングラード国立バレエ)に在籍していたので、ご存じの方も多いと思いますが、見れば見るほど別人のようです。本人としては、しっとり悩める系を目指しているのでしょうか。でも、踊りそのものにはあまりたおやかさはなく、跳躍も、いきおいよく前方に脚を振り上げていました。終盤の、幸せいっぱいに村人に祝福されて踊る場面のイキイキした表情をみると、この人には、楽しそうに華やかに踊っていてほしいとおもいます。
  
 ブィルティールは、アンドレイ・イェルマコフ。ちょこっとしたソロではよく見ていましたが、こうして主役でみると悪くないじゃーないですか!と一人客席で盛り上がっていました。「タタール人=なんとなく強そう」のロシア人のステレオタイプにのっとり、見せ場が多い役だったからというのもあるかもしれません。

 森にすむ魔物・シュラレーはアレクサンドル・セルゲイエフが踊りました。悪魔と言ってもひょうきんなところもある役なので、彼独特の軽快な踊りがぴったりです。床にスライディングするようにはけていく(舞台から退場する)動きが多いのですが、それが人外の存在であることの表現なのでしょうか。


 
[PR]
by jicperformingarts | 2012-09-30 00:46 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)
<< 2012.09.27 マリイン... 2012.09.22(ソワレ)... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧