人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

2012.04.12 モスクワ音楽劇場「ショピニアーナ/カルメン」(ノヴォシビルスク・バレエ)

最近、忙しいのにバレエを観すぎていて感想を書くのが全然追いつかないので一気に書けるものから書いていきます。ということで第一弾(?)はノヴォシビルスク・バレエのモスクワ公演からです。プティ版「カルメン」がゴールデン・マスク賞にノミネートされているので、その審査対象の公演になります。

4月1日にアロンソ版「カルメン組曲」をマリインスキーで観たので、自分の中で勝手にバージョン対決になってしまいました(「アンナ・カレーニナ」も続けて2バージョン観たのですが、感想が追い付いてません…)。えげつないほど押して押して押しまくるアロンソ版と比べて、こちらは出だしの音楽からしてプティらしい軽妙さが漂います。正直、比較のしようがないくらい全然違う演出ですが、特に大きな違いというと、ホセの扱いの大きさと、ショーレビュー的な群舞のための場面が多く用意されているところでょうか。
今回、元々、ホセとカルメンで対等な扱いの演出なのでしょうが、今回はゼレンスキーがホセを踊ったためが、ホセが主役のように見えてしまいました。でも舞台上の主役はどうあれ、物語世界の中心はカルメン以外ありえないのがこの「カルメン」というストーリーの魔力でしょうか。ホセがどれほど熱演しても、最終的に説得力の有無はカルメンの色気次第なんだな、と思いました。
カルメン役のアンナ・ジャロワは、足さばきも的確でよく見ると目力もあるのですが、シャンパンよりも日本酒が似合いそうな、なんというか女将のような雰囲気なのが残念です。
ホセは、財布すられたりするところ原作のホセ像に近いのですが、純朴な兵隊ではなくむしろ不良警官なような。ゼレンスキーは本人比であまり調子は良くないのか、ピルエットの時のアン・ドゥオールが甘い時もあり、ちょっと流している印象を受けました。

以上の「カルメン」は第二部で、第一部は「ショピニアーナ」でした。コールド(群舞)全員に至るまで、衣装のスカート部分がシフォン・ジョーゼットのような生地で、とても優雅な残像を描きます。また、胸元のベージュピンクのコサージュも上品。
新人の頃に何度かノヴォシビルスクで観ていたヴェラ・サヴァンツェワが優雅なお姉さんになっていて嬉しい驚きでした。ロマン・ポルコーヴニコフはつま先がきれいに伸びないのが時々気になりますが、バネのある跳躍はお見事です。実は彼のショピニアーナを観るのは3回目で、最後に跳躍しながらはけていくところが過去二回「うう~ん」だったのですが、今回後方に伸ばした脚がきれいになっていて「おお」と思いました。
という感じで主役二人の成長を実感できてよかったです。この二人以外のソリスト(タチヤナ・ゴロホワ、スヴェトラーナ・スヴィンコ)を含め、ノヴォシビルスクの女の人たちは奥ゆかしさ度の平均値ではロシア・トップだと思います。大変好みです(笑)
by jicperformingarts | 2012-04-15 04:12 | 公演の感想(バレエ) | Comments(2)
Commented by yukiballet at 2012-04-15 08:31 x
こんにちは。ツィートではいつもありがとうございます。ゼレのホセご覧になられて羨ましいっ。カルメンは、私は断然プティ版が好きなんです。郡舞のざわめきとか、やはりあの独特なプティワールドが。カルメン役は今なら誰が良いのかなあ…と考えてみましたが。??
ショピニアーナは日本ではなかなか上演されないのです。大好きなんですけど。
ノヴォシ、来日公演ないんでしょうか~
Commented by jicperformingarts at 2012-04-16 06:05
プティ版のカルメン役は難しいですよね。おしゃれでありつつドロドロしたカルメンらしさもないといけないですし…。舞台写真が素敵だったので、個人的にはヴィシニョーワで観てみたいです。
<< 第25回ヌレエフ記念国際クラシ... HP更新記録(2012.04.... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧