人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

2011.12.24(昼) パリ・オペラ座「オネーギン」(オスタ&ペッシュ)

アエロフロートでバレエ巡り~パリ編~

定期的にロシアにバレエ巡りの旅に出ていますが、その際アエロフロート利用でモスクワ+ヨーロッパ1~2都市のことが多いです。モスクワ止まりよりもヨーロッパまで出た方が航空券が安いとか、マイレージがたまりやすいとか、折角モスクワまで来たらちょっと足を延ばしで色々なバレエが観たい、とか理由は色々です。アエロフロートといえば、よからぬ評判が定着していますが(笑)、最近の国際線は機体もキレイですし、客室乗務員の方々も英語が堪能です(むしろ、私はヨーロッパ系キャリア利用の時に遅延等の被害にあいます…)。
第一弾はパリです。実は今回はアエロフロート利用ではありませんが、まあ、一番よく行く都市だからということで…ご容赦ください。


最後になってしまったのが、クレールマリ・オスタ&バンジャマン・ペッシュの回です。ペッシュは演技派だし、オスタもあまり観たことはないものの知的なアプローチをするダンサーというイメージを持って観ていたのですが、実は、重要な場面で2回ありえない連想をしてしまい、感動し損ねた回でした。自分の目が節穴というのもあるのですが、舞台そのものの求心力が、他のペアに比べてイマイチだった気もします。

オスタのタチヤーナは、なんというかキャピキャピしていました(笑) 冒頭、オネーギンが現れた時も、ドラマチックな出会いに乳母に笑顔で飛びついてみたりとか、その後第1幕でも、一緒に散歩中だったオネーギンがふっとウツになるところでも、キョトンとした表情をしたあとにポワ~ンと笑顔になっていて、「ミステリアスで素敵~♪」と言わんばかりです。
もちろん、そういう乙女心理はありだと思いますが、タチヤーナの思考回路ではないなと。第2幕2場の決闘の場面で、レンスキーがオリガを半ば嫌悪感を持って突き放したのに対して、タチヤーナとは最後に別れを惜しんでいた、という演出からしても、オリガとタチヤーナは対照的な人物像であって欲しいところです。
そして終盤のパ・ド・ドゥでは、まだまだこれから盛り上がるんだろうと思って観ていたら突然手紙をつっかえし、あれ?もう終わり?となってしまいました。その後も無駄な動きが多く、部屋の中歩き回るところでは、ありえないことに(自分の想像力がですよ)動物園のクマを連想してしまいました。アクションが多いこと自体は問題ないと思うのですが、そうでもせずにはいられなかった、という感情の裏打ちが不足していた感はあります。

ペッシュは、パケット同様、踊りに貴族らしさがあったかといえばやや疑問符ですが、決闘の場面でのピルエッとのキレは素晴らしく、既に勝負は明らかだ…と思いました。
演技全般を通して、大人なオネーギンだったと思います。タチヤーナの詩集のタイトルを見た時も、彼女を小馬鹿にするわけではく、ただ子供だなと認識した感じです。その後、年端もいかないタチヤーナから告白されても、手紙を破った後、茫然とするタチヤーナを心配そうにちらっとみていましたし、「こういう手紙はもう少し大人になってから然るべき殿方に送るのがあなたのためですよ」、と彼なりに教え諭すような振り方に見えなくもありませんでした。
ただ、この比較的大人の余裕がある演技のためか、突然オリガにちょっかいだすという展開が唐突に見えなくもありませんでした。というわけで、私も舞台に入り込めていなかったので、決闘後、タチヤーナに見据えられて両手で顔を覆うところは、洗面器に張った水で洗顔する人に見えてしまい、自分でもびっくりしたところで幕になってしまいました。

この日のオリガはマチルダ・フルステーでした。清楚な容姿ですが、小悪魔的な演技もなかなかです。ですが、なまじ清楚な雰囲気があるだけに罪作りですね…。23日のエヴァ・グリンツスタインはいい意味で派手やかな容姿で、むしろ小悪魔的な魅力にレンスキーが首ったけになっていたようなところもあったので、グリンツスタインのオリガと比べると、オネーギンと一緒に踊るフルステー演じるオリガは、レンスキーにとってさぞ衝撃的な裏切りではなかったかと思います。
by jicperformingarts | 2011-12-28 04:43 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)
<< 2012.01.05  氷上ミ... 2011.12.24(夜) パ... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧