人気ブログランキング |

ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ

1/4 ボリショイ劇場 『くるみ割り人形』

バレエの定番『くるみ割り人形』をロシアで見比べてみよう!③

 年末から新年にかけては、ロシアでも冬休みなので劇場の公演数は局地的に激増しますが、とりわけ多く上演されるのがこの『くるみ割り人形』。日本でもクリスマスの定番演目となっていますし、チャイコフスキーの音楽もあって、「バレエを観るなら『くるみ割り人形』か『白鳥の湖』かなあ」という方も多いのではないでしょうか。
 ですが、一口にロシアの『くるみ割り人形』といっても劇場によって演出等様々ですので、今回ちょっと『くるみ割り人形』めぐりをしてきました。


 最後、第3弾は首都モスクワのボリショイ劇場です。この劇場では現在グリゴロヴィッチ版が上演されています。海外公演ではあまり上演されない演目ですし、実は私もビデオで抜粋を観たことがある位で、このバージョンはほぼ初見です。

 まず、衣装・装置がワガノワ・バレエ・アカデミーと同じシモン・ヴィルサラーゼなので、やはりどこか似ていますし、全般にとてもオーソドックスで、子供でも気軽に楽しめる演出だと思います。ただ、意外に2幕は寂しい印象。というのも、各国のお菓子をイメージした踊り(キャラクター・ダンス)が、全て二人ずつだったり、音楽が非常に有名な「花のワルツ」の女性群舞が12人、ソリストが6人と、少人数編成だったというのが大きいと思います。
 とはいうものの、キャラクター・ダンスが二人ずつ、というのは演出として失敗だったとは言えません。ダンサーが粒ぞろいだったのもありますが、振り付けが通常のキャラクター・ダンスよりもバレエとしての見せ場が多く、見応えがあったからです。例えば、「インド」のオリガ・ステプレツォーワとルスラン・プローニンがムードがあって素敵でしたし、「フランス」の女の子がいいな、と思ったら別の日には金平糖の精(『くるみ割り人形』の主役)にキャスティングされているアナスタシア・スタシケヴィッチでした。また、「中国」の岩田守弘さんの超絶技巧には、会場もかなり沸いていました。

 以上、ボリショイ・バレエはやっぱり層が厚いね、とお伝えしたところで、主役の感想を。この日の金平糖の精はエカテリーナ・クルィサノワ、王子はアルチョム・アフチャレンコが踊りました。アフチャレンコは、日本でもお馴染みのニコライ・ツィスカリーゼの教え子で、最近ペルミの国際バレエコンクールで第一位になった、期待の新星です。確かに、ジュテのとき後方に伸ばした脚のニュアンスがツィスカリーゼを思い出させますし、好み云々に左右されず、素直にいいダンサーと認められる水準にある若手です。リフトでは一部危ないところもあったけれど、その他はソツなくこなしていました。
 クルィサノワはかれこれ一年ぶりに全幕主役をみましたが、可憐さはそのままに、主役らしい華も出て来た印象です。特に一幕、くるみ割り人形とジュテ(跳躍)を繰り返すところが、純粋な少女の風情があって素敵でした。ただ、2幕は…グリゴロヴィッチ版の振り付けはあまりに難しく、淑女の気品を醸し出せるほどの余裕を持ってこなせるバレリーナはほぼ皆無でしょうから、きっちり踊りきっただけでも充分なのではないでしょうか。

 ということで、『くるみ割人形』巡りはこれにて終了です。全部若手中心の公演に当たったので、はからずもロシア・バレエの将来をかいま見ることも出来たかな~と思います。あとは、やはりこの作品は音楽がとても美しいので、定番には定番の理由があるようです。実は、あまりに定番すぎて、あえて観ることが少なかった演目なので、こうして見比べてみると、色々な発見があって面白かったです。
by jicperformingarts | 2009-01-04 12:00 | 公演の感想(バレエ)
<< 【暫定版】マリインスキー劇場「... 1/3 ノヴォシビルスク国立オ... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧