ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ

タグ:ワガノワ・バレエ学校 ( 12 ) タグの人気記事

2016.12.29 ワガノワ・バレエ・アカデミー『くるみ割り人形』

ウラーダ・ボロドゥリナ
ルスラン・ステニューシキン

昨年日本公演がありましたが、ワガノワ・バレエ・アカデミーによる『くるみ割り人形』です。主役二人については未来のスター誕生!というほどでもなかったのですが、全体の雰囲気としてはとても良い公演でした。

主役のマーシャはウラーダ・ボロドゥリナ。すらりとしたクール・ビューティーですが、踊りに勢いがありすぎて、ピルエットも、決まるときは鮮やかなものの軸が乱れることも多かったり、また、王子・カヴァリエールの皆さんがサポートしにくそうな印象でした。
王子役のルスラン・ステニューシキンは、今年からボロネジからワガノワに編入してきたばかりだそうです。背も高くて容姿にも恵まれ、立ち姿はとても美しいです。リフトは危なっかしいけど、学生にはよくあることだしこの位ならば…と途中までウキウキしていたのですが、しかし、見せ場の第2幕のパ・ド・ドゥにて、テクニックの致命的な弱さが露呈しました…。跳躍に距離がないのでマネージュ(舞台一周)がなかなか前に進めず、そして普段はきれいに伸びている爪先まで、なぜか跳躍の時は緩んでしまっており、観ていて痛々しくなってしまいました…。しかし、飛距離のある跳躍は現校長のツィスカリーゼの得意とするところなので、これからスパルタで鍛えてくれれば、ロシア・バレエの未来も明るそうです。
マーシャの子役はアンゲリーナ・カラムィシェワ。既に美人さんですが、アイメイクがきつかったので、かわいらしい演技と若干違和感でした。ワガノワ比で、ポワントは弱めで、アラベスクやソテにしても、そこまで脚を高々上げることはありません。個人的には、2~3年生のうちはそこまで脚を上げなくても…と思うので、今後の成長に期待です。

その他、個人的に一番気に入ったのは、トレパックを踊った男の子です。女性2人・男性2人の踊りなので、キャスト表からはレフ・ペトロフかアンドレイ・ラグネンコのうちどちらかわからなかったのですが、公演後知り合いに聞いたところ、ペトロフの方ではないかとのことです。
ハレーキンはイタリアからの留学生のダヴィデ・ロリッキオでしたが、ハレーキンには珍しい力強さがありました。コロンビーヌはアナスタシア・スミルノワ。個々のパを人形っぽくこなしていましたが、もっと演技が大げさでもいいのになーと思いました。雪の精はマリア・ペトゥホワとスズキ・カノンさんでした。二人の踊りの系統はちょっと似ているのですが、スズキ(鈴木?)さんの回転には素敵な余韻があり、ペトゥポワは腰の強そうなダイナミックな跳躍でした。パ・ド・トロワは、マリヤ・コシュカリョーワ、ポリーナ・ザイツェワ、ムーサ・スルターノフ。女の子の片割れは、前述の「そこまで脚を上げなくても…」でしたが、この年齢にして観客席へ笑顔を振りまくことを忘れない舞台度胸は見事でした。

この冬、ボリショイ、モスクワ音楽劇場とで『くるみ割り人形』を観てきましたが、ワガノワ・バレエ・アカデミーの『くるみ割り人形』は物量作戦の勝利というか、第2幕(第1幕2場)ではネズミ約18匹(すみませんとうろ覚えです)に歩兵14人・騎兵8人、そして雪の精32人と、プロのカンパニーにはなかなか難しい、贅沢な出演人数です。これだけの数の少年少女の努力が舞台上に満ちているとなると、そのマイナスイオンたるやという感じです。



[PR]
by jicperformingarts | 2016-12-31 22:20 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

HP更新記録(2016.9.19):10月公演予定

10月モスクワの公演予定を作成しました。
10月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。

 10月の公演予定を更新しました。モスクワ、ペテルブルクともに、本格的にシーズンが始まり、公演が盛りだくさんです。
 10月下旬に、2006年以降、10年振りにワガノワ・プリが開催されますが、マリインスキー劇場では、10月29日にこの閉幕ガラ・コンサートが開催されます。国内からの出場者が多いものの、バレエダンサーの一大産地のロシアでのコンクールですから、前回2006年の一位はワジム・ムンタギロフ、その前の回の1位はポリーナ・セミオノワ(なお二位はエフゲーニヤ・オブラスツォーワ、三位はアリーナ・ソーモワ)なので、今回は誰が一位となるのか、バレエファンには要注目のコンクールです。
[PR]
by jicperformingarts | 2016-09-19 06:24 | HP更新記録 | Comments(0)

2014.01.02 マリインスキー劇場「くるみ割り人形」(ワガノワ・バレエ・アカデミー)

 幹部交代でごたごたがあったワガノワ・バレエ・アカデミーですが、毎年恒例の「くるみ割り人形」は、穏やかな雰囲気でした(もちろん裏では色々あるのでしょうが)。

 マーシャ(金平糖の精)を踊ったのはアナスタシア・ルキナ。ポーズの美しさなど造形美で押すダンサーではありませんが、美人で華がありますし、テクニックもしっかりしています。タイミングが狂ってしまったのか、金平糖の精のヴァリエーションの後半はふらつくことが多かったですが、コーダでは腕を上げた(アン・オー)のピルエットをバンバン決めて名誉挽回しており、負けん気の強さを感じました。
 王子はロマン・ベイシェナリエフ。中央アジア出身か?と思わせる顔立ちです。股関節が柔らかいのか、跳躍時はふわっと開脚してキレイですが、全般にテクニックが弱くて残念です。サポートは不安定なところもありますが、学生であれば及第点でないかと思います。

 子役のマーシャはアナスタシア・ヤンチャルック。ノヴォシビルスク国立バレエとモスクワ音楽劇場バレエの「くるみ割り人形」でそれぞれ子役のマーシャを観た後でワガノワ・バレエ・アカデミーの子役を観ると、みんなやたら脚をあげるな~と思います。
 ハレーキンはエリヌール・ジヤギロフ。コロンビーヌはアンナ・スミルノワ。黒人はニキータ・クセノフォントフ。
 民族舞踊では、スペインがアレクサンドラ・デメンチエワとイーゴリ・ヤチメニョーフ。デメンチェワは雪の場のソリストも踊ってました。ヤチメニョーフはパワー不足ではありますが、ポーズの一つ一つは美しいです。東洋の踊りのソロはグザリ・ムーシナ。中国はシマダ・リホさんとニシカワ・ケイスケさん。ロシアを踊った男の子の内一人がとてもよかったです。3日のキャストから判断すると、ニキータ・クセノフォントフでしょうか。
 フランスはダリヤ・ウスチュジャニナ、アナスタシア・ゴロバチョーワ、イワン・ポッドゥブニャク。どうも近年のワガノワは上級生になるとムキムキした人が増えてしまうのですが、このくらいの年齢であれば昔の古き良きワガノワそのままで美しいです。
 
[PR]
by jicperformingarts | 2014-01-04 03:20 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

2012.06.23 マリインスキー・劇場「ワガノワ・バレエ・アカデミー卒業公演」

ワガノワ・バレエ・アカデミーはマリインスキー付属のバレエ学校ではないのですが、現在も劇場と強いつながりがあり、毎年卒業公演をマリインスキー劇場で行っています。

第一部「マドリガル」
ナチョ・ドゥアトがワガノワ・バレエ・アカデミーのために制作した作品で、16人の生徒によって踊られます。メランコリックな音楽を題材にクラシックの技巧を使って構成されていて、「ほんのちょっと背伸びしてみました」という生徒の初々しさが上手く引き出されてるなあと思いました。
学生のうちはまだサポートが不安定なことが多いせいか、パ・ド・ドゥを踊った生徒よりも、一人で踊ってる男の子(男3人のパ・ド・トロワ含む)の方が軒並みイキイキしていたような(笑)

第二部「小品集」
「クラコヴィヤク」
オペラ「皇帝に捧げし命(イワン・スサーニン)」から民族舞踊の場面です。白系統の衣装がきれいでした。センターの2人に8人の上級生、そしてそれより年少の生徒たちという構成です。

「エチュード」
スクリャービンの音楽に合わせてイーゴリ・ラリオノフが振付けた現代バレエですが、アンゲリーナ・グリゴリエワは音楽の激しさに表現力がまだ追いつかないようでした。

「人形の精」
ソフィヤ・イワノワはむちむちしていますが、アティチュード・ターンもポワントから降りるまでなめらかだし、アティュード・ドゥヴァンのフェッテも安定してたので、あの筋肉は伊達じゃないのね、と思いました。ハレーキン二人(イリヤ・ボイコフとスタニスラフ・アルセニエフ)はどちらがどちらかわかりませんでしたが、泣き顔メイクの男の子の方が雑ながらも華がありました。一方、もう一人のおてもやんメイクの男の子は、将来小ネタキングになりそうな素質を感じました(笑)

「お嬢さんとならず者」よりならず者のヴァリエーション
個人的にはこれを踊ったアントン・チェイダが一番気に入りました。ガンガンなショスタコーヴィッチの音楽、やさぐれモードな振付をよくここまで味方につけたと思います。ザンレールの着地がなかなかポジションに収まらないなど、気になる個所もありましたが、高いジュテなど、見栄えのするテクニックも持っています。

「カルテット」
ドミトリー・ピモノフ振付の現代作品ですが、非常に力技なエンディングにちょっと失笑…(すみません)。ヴィオレッタ・ジロワの高速ピルエットがすごかった。

「アレルキナーダ」よりパ・ド・ドゥ
アリーナ・ヤセンコは、跳躍は大きかったですが、全体的に印象うすでした。セリック・ナクィスペコフはやや小柄でキレのいい回転や、ものすごくしなるつま先など武器が多そうな少年で、自信あふれる踊りを披露してくれましたが、まだまだコンクールっぽい踊りでした。

「幻想舞踏会」
ショパンの音楽にブリャンツェフが振付けた作品です。ロマン・ベリャコフはとても地味だったのですが、すらりとした体型やパートナーに対する注意力など、今回観た卒業生の中では、一番プリンスとしての素質がありそうでした。

「タリスマン」
女の子の中では、これを踊ったアリーナ・ヴァレンツェワが一番華やかだったかなと思います。腕の動きや目線など、一番プロっぽかったのも多分彼女です。容姿にも恵まれ、脚もそれはそれは高くあがるのですが、ただそのおみ脚が映えるアラベスクなどのポーズはまだまだ研究途中なのか、そこは今後に期待です。
エルネスト・ラティポフも、高い跳躍などテクニックに恵まれた生徒ですが、その割にアクが強くなくさわやかなので、今後が楽しみだと思いました。

第三部「“海賊”より花園の場」
紫のチュチュで、いわゆるメドーラのヴァリエーションを踊った少女がアナスタシア・ソルギナ、だと思ったのですが、キャスト表ではギュリナーラとなっているので混乱しています(笑)そしてキャスト表でメドーラとなっているのがイギリスからの留学生のイザベラ・マグワイヤ=メイス。
ともかく、紫のチュチュの女の子がセンターだったのですが、とてもきゃしゃな子で、その分パワー不足かなと思いました。肩の力はいい具合に抜けていて優雅(?)だったのですが…。プレパラシオン(助走)で加速したまま踏切ればもっと華やかなジュテになるのに、と思いました。
[PR]
by jicperformingarts | 2012-06-24 02:39 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

ミハイロフスキー劇場:2011年<グラン・プリ>

 ミハイロフスキー劇場では、ここ数年、毎年<グラン・プリ>という企画を催しています。学生のためのコンクールと、プロによるコンサートというのが大体の構成です。今年は11月30日(水)~12月1日(木)開催で、プログラムは以下のとおりですが、詳細は不明です。

http://www.mikhailovsky.ru/en/afisha/shows.html?date=2011-11-30&sh=947

■11月30日
学生のためのコンクール(本選)
ミハイロフスキー・バレエによる<プレリュード>上演

■12月1日
コンクール授賞式およびガラ・コンサート
 過去の受賞者も参加し、またワガノワ・バレエ・アカデミーの生徒がナチョ・ドゥアト作品を踊るそうです。プロ・ダンサーも出演予定で、ボリショイ劇場からは、ナタリア・オシポワとイワン・ワシーリエフが出演するそうです。

ご参考まで、過去のイベントのページはこちらです。
http://www.mikhailovsky.ru/en/grand-prix/2010/about/
[PR]
by jicperformingarts | 2011-10-04 01:12 | フェスティバル情報 | Comments(0)

1/2 マリインスキー劇場『くるみ割り人形』(ワガノワ・バレエ学校)

アリサ・ソーダレワ
セルゲイ・ストレルコフ


 マリインスキー劇場の、ほぼ付属学校といってもいいワガノワ・バレエ学校の公演ですが、特にこれ!という子はいませんでした。目立つといえば、花のワルツのソリストにオリガ・スミルノワがいましたが、主役を踊るために生まれてきたような生徒と言えばそうなんですが、もはや4人で踊っている自覚はゼロでした(笑)
 主役のアリサ・ソーダレワは笑顔が魅力と聞いていたのですが、今回はサポートがメタメタで気の毒でした。あれでは伸び伸び踊れないだろうと思いますが、柔軟性は抜群でした。
 王子役はセルゲイ・ストレルコフでした。ダンサーとしてはちょっといかついでしょうか…。サポートがメタメタなどと彼の将来性にケチをつけることを書いてしまいましたが、彼だけではなくカヴァリエール全体にサポートは危なっかしかったですし、基本的に、学生は筋力もサポート技術も発展途上なので、よくあることでもあります。
 ハレーキンのヤロスラフ・ルィジョフは、何年も前から観ている気がしますが、あまり進歩がみられません。スペインを踊ったデニス・ザイネットディノフは、スペインらしい切れは今一つですが、華やかでした。

 と、なんだか酷評になってしまいましたが、イタリア・ツアーでみっちり十数公演こなしてきた後で、みなさんヘロヘロだったんだそうです。
[PR]
by jicperformingarts | 2010-01-02 11:30 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

ミハイロフスキー劇場 “グラン・プリ”

10月21日、24日にサンクト・ペテルブルクのミハイロフスキー劇場にて“グラン・プリ“というイベントが催されますが、この概要が劇場公式サイトのトップページにて紹介されていますので、大まかにですが転記します。
Photo:JIC旅行センターf0169061_19293736.jpg
 “グラン・プリ”は、バレエ学校に通う生徒を対象にしたコンクールという側面と、ロシア国内の主要なバレエ学校(ワガノワ・バレエ学校、モスクワ・バレエ・アカデミー、ノボシビルスク・バレエ学校)をサポートすることを目的とした企画という二つの側面を持ちます。
 10月21日はバレエ学校生徒のためのコンクールの決戦が行われ、24日には世界のバレエ・スターを招いて受賞者を祝うガラ・コンサートが企画されています。この催しの一環として、ボリショイ劇場のダンサーが“クラス・コンサート”(アサフ・メッセルレル振付)を披露する予定です。
[PR]
by jicperformingarts | 2009-09-21 19:41 | フェスティバル情報 | Comments(0)

1/2 マリインスキー『くるみ割り人形』

バレエの定番『くるみ割り人形』をロシアで見比べてみよう!①

 年末から新年にかけては、ロシアでも冬休みなので劇場の公演数は局地的に激増しますが、とりわけ多く上演されるのがこの『くるみ割り人形』。日本でもクリスマスの定番演目となっていますし、チャイコフスキーの音楽もあって、「バレエを観るなら『くるみ割り人形』か『白鳥の湖』かなあ」という方も多いのではないでしょうか。
 といっても一口にロシアの『くるみ割り人形』といっても劇場によって演出等様々ですので、今回ちょっと『くるみ割り人形』めぐりをしてきました。
 
 
 第一弾はマリインスキー劇場です。この劇場では二つの演出が上演されています。まずバレエ団によって通年上演されているバージョンがあり、こちらはシェミャーキンによる前衛的な美術がウリになっている現代バレエです。一方、年末年始限定でワガノワ・バレエ・アカデミーによって上演されているのがザ・スタンダードのワイノーネン版。衣装はシモン・ヴィルサラーゼです。
 今回観たのは、ワガノワ・バレエ・アカデミーによる公演です。勿論プロの公演ではないのですが、そこはスターを含む優秀なソリストを輩出し続ける名門ですから、充分楽しめます。
 
 この日の主役はエカテリーナ・クラシュークとヴィクトル・レベジェフ。一言で言うと、男の子はアタリだけど、他はなあ…、です。まずよかったレベジェフですが、ほっそりしていて立ち居振る舞いも優雅です。2008年3月に観た時より大分たくましくなったし、このまま順調に成長して欲しいなと思います。カリフラワーのような髪型はいかがなものかと思いましたが、そこはおいおい(笑) 跳躍がキレイでした。
 そしてマーシャのクラシュークは、近年マリインスキーでよくみる「そこまで脚あげなくてもいいのに」型です。確かに誰にでも出来ることではないですが、「ひえー」と思うところで感想が終わってしまい、他のところにまで目がいきませんでした。

 子役のマーシャは去年も既に何回か見たレナータ・シャキロワ。個人的にあまり好きなタイプではないので、他の子で見たかったですが、これから大化けすることに期待します。
 その他、雪の精の二人のソリストでは、アメリカからの留学生キナン・カンパの跳躍がダイナミックでしたし、黒人の人形のダニール・ロパーチンが回転を非常に頑張っていました。
 大変失礼ながら、粒ぞろいだけど皆小粒??という印象がぬぐえなかったのですが、多分これは私が一番大事な3幕を観なかったせいもあると思います。あとから友人に聞いたところでは、他にも目立つ子がいたようですし。

 3幕を観ずに何をしてたのかといいますと、空港に向かっていました。翌日はノヴォシビルスクです(笑)
  
  
   
[PR]
by jicperformingarts | 2009-01-02 19:00 | 公演の感想(バレエ)

3/17 ミュージカル・コメディ劇場 「コンサート」(ワガノワ・バレエ・アカデミー)

 前半25演目+後半23演目=48、一回休憩で3時間超という恐ろしい長丁場でした。しかもいい子が不定期に出現するので気が抜けない…ということで正直疲れました。多分ここで目立つ役を踊った子が今年夏に来日することになると思うので、この子に注目!というのを挙げてみます。なお、「自分のこの目で未来のスターを探したい」という人にとってはネタバレもいいところなので、読まないで下さい(笑)
 個人的には、特に印象に残ったのはオリガ・スミルノワとクリスチーナ・シャプラン。美しく成長しましたねー!以下、羅列します。まず第一部では、ネッリ・スミルノワがまだ小さいのに自作を披露してくれました。振付自体は平凡だったけれど、可愛かったです。タチヤナ・チリグーゾワは「チャイコフスキー・パ・ト・ドゥ」を踊りました。可動域マックスの派手やかな踊り。演目のせいもあってヴィシニョーワをちょっと思い出しました。アスィルムラートワの娘、アナスタシア・ザクリンスカヤはそこそこ上手かったです。「グラン・パ・クラシック」を踊ったヴィクトル・レベジェフは垂直に飛べないのが気になるけれど、その他の跳躍・回転は鮮やかでした。
 そして第二部ですが、イリヤ・ペトロフが華やかでした。以前に「くるみ割り人形」で観た時は正直イマイチだったのですが、今日の「ゼンツァーノの花祭り」は若さがはじけてて魅力的でした。「7人の美女」よりマグリブの踊りを踊ったオリガ・ベーリクは背中が驚異的に柔らかかったです。以前から一度観てみたかったアナスタシア・ニキーチナは「サタネラ」を踊りました。最上級生の中では、技術的に間違いなくピカイチだと思います。ただ既にちょっとすれてそうな雰囲気があるのがひっかかります。アメリカからの留学生、キナン・カンパは腰がえらく強そうな踊りでした。で、オリガ・スミルノワはオーロラ姫を踊ったのですが、踊りにケチをつけがたいクール・ビューティーでした。実際コントロールの行き届いた踊りです。日本からの留学生ナカヤ・マサヒロさんは、「オレはやるぜ!」オーラはダントツでしたし、会場もかなり沸いてました。そしてヴェルディの音楽を使った創作バレエを踊ったクリスチーナ・シャプランが、それはそれは美しいおみ足でした。踊りもとても繊細でよかったです。少しか弱すぎるかな?というところもあるけれど、その分今日の守ってあげたくなるオーラNo.1でした。大トリ、「リーズの結婚」を踊ったワシリー・トカチェンコは、ムラがあるけどいいところはとても良かったです。
 なお、3/14~/17までカザンのタタール国立劇場で開催されたバレエ学校の国際フェスティバルに参加したため踊らなかった期待の星も何人かいます。
[PR]
by jicperformingarts | 2008-03-17 19:00 | 公演の感想(バレエ)

1/8  マリインスキー劇場 「くるみ割り人形」 (ワガノワ・バレエ学校)

      マーシャ/ユリアナ・チェレシケヴィッチ 
      王子/アンドレイ・ソロヴィヨフ  


 今シーズン最後のワガノワ・バレエ・アカデミー「くるみ割り人形」ということで行ってきました。が、シメとしてはそれほどいい公演でなくて、残念です。結局、一番のホープと言われるアナスタシア・ニキーチナは踊らなかったそうです。
 ユリアナ・チェレシケヴィッチは、ほっそりした美人ですが、“おっとりふわふわ”した身振りがどうも浮いてしまいます。逆に、ピケ・ターン(回転の一種です)の前にキッと進行方向を見据えるところで、あ、こっちが素なんだろうなあと思いました。アンドレイ・ソロヴィヨフは、もうマリインスキーで踊っているプロとしてはちょっと頼りない気がします。
 この日の「スペインの踊り」を踊った男の子は、チェカ・ロメロ・ホセ・アントニオというスペインからの留学生です。どこが苗字なんでしょうか。パートナーのニーナ・オスマノワがおっとりした子なので、彼の濃さがこれまたちょっと浮いてました。
 少しややこしいですが、今年度からこのアカデミーが8年制から9年制に移行した関係で、今年の最上級生は去年も最上級生です。なので、ソリストのメンツは去年からあまり変わっていないのですが、去年からどのくらいレべルアップしたのかな~と聞かれると、答えに困ってしまいます。とはいえ今回のこの改革の評価を下すにはまだまだ時期尚早なので、もう数年し待ちたいと思います。
[PR]
by jicperformingarts | 2008-01-08 11:30 | 公演の感想(バレエ)


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧