ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ

タグ:ボリショイ劇場 ( 88 ) タグの人気記事

2017.6.24(夜)ボリショイ・バレエ『椿姫』ザハロワ&ロチキン

スヴェトラーナ・ザハロワ
デニス・ロチキン

 個人的には黒のパ・ド・ドゥが不発だったので、終わりよければ…の逆になってしまいましたが、クラシックの申し子であるザハロワがこの役を踊るとこうなるのか~という新鮮さがあり、いい舞台だったなと思いました。
 さすがの美しさです。プライドも高そうですが、青のパ・ド・ドゥで、アルマンの髪に触れるところは、恋に対する期待というか憧れが上回った瞬間が見える表情で良かったです。パトロンからの贈り物の首飾りを投げ捨てるところは、パトロンへの嫌悪すら感じる位に床に叩きつけていて、乙女な面をちらほら感じました。続く白のパ・ド・ドゥでは、病気を含む未来に対する不安も、安らぎを得た喜びも特になく、心の声はまったく感じませんでしたが、クラシックとしての美しさにより醸し出された透き通るような静けさで、これがマルグリットの本質なのかと思わせる説得力があります。
 この白のパ・ド・ドゥの静寂と、アルマンとの父とのやりとりの激しさとの対比が際立っていました。まだ全幕通して躍り込んでいるわけではなさそうですが、ステップの一つ一つの鋭さに、この役にかける気合いを感じます。もちろん舞台上では、アルマンへの愛情の強える手段として機能しています。なお、公演のオブラスツォーワは両肩丸出しになるようにショールを羽織ってアルマン父を迎えていたのですが、ザハロワはちゃんと肩を隠していて立ち姿にも貞淑さがあります。アルマン父が、マルグリットに対する偏見を改めるのも納得です。
 しかしこの場面がザハロワ演じるマルグリットの演技の盛り上がりの頂点だったでしょうか…。第3幕では、葛藤のようなものはあまり見えませんでした。高級娼婦の仮面の下は自我を強く持てなかった女、という人物像も、マルグリットとしては十分アリだとは思うので、舞台の満足度がそれで大きく下がったということはありませんでしたが。

 ロチキンは、舞台脇に座るところでは、いつもお行儀良く体育座りなところがツボでした。そして、目の下のクマが第3幕の荒んだ場面にぴったりです。圧倒されるほどの情熱、とまではいきませんが、マルグリットへの愛情もしっかり見えます。かなり体格がいいので、ノイマイヤーのリフトはかなり難しいものの、その長身で迫力を補っていました。あまり着地時の地響きもなかったです。

 夜公演のマノン役はエカテリーナ・シプーリナ、デ・グリュー役はルスラン・スクワルツォフ。アルマン父が訪問する場面で、アルマンとの別れ話を承諾しようとするマルグリットにつきまとうマノンには、悪魔のささやきのようなエグさがあり良かったです。
 ガストンはミハイル・ロブヒン。君なら「美女と野獣」の方のガストンもいけるよ、というぐらいマッスルマッスルした外見と踊りでした。でも昼・夜公演とも、アルマン役とデ・グリュー役が割とみなさんきれい系だったので、この位男臭い方がバランス取れていいのかな~と思いました。



[PR]
by jicperformingarts | 2017-07-08 11:32 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

2017.6.24(昼)ボリショイ・バレエ『椿姫』オブラスツォーワ&アフチャレンコ

エフゲーニヤ・オブラスツォーワ
アルチョム・アフチャレンコ

 ノイマイヤーの『椿姫』です。第1幕までは結構いいかも…と思いながら観ていたのですが、第2幕以降はあまり盛り上がれませんでした。
 オブラスツォーワのマルグリットは、上流階級紳士の鼻毛を抜くのが上手そうというか、「彼女は僕の天使だ」と勘違いさせる手腕が比類なさそうなコケットリーです。ただ、第一幕の劇中劇の時点で「私にもデグリューのような人が現れないかしら」という感じだったりと、女一人で生きてきたプライドはあまり感じません。きめ細やかな演技を目指しているのは伝わってくるのですが、時折人物造形に一貫性がないような?と感じるところもちらほらありました。

 アフチャレンコは、純愛の勢いそのまま突っ走る第一幕までは良かったのですが、第3幕でマルグリットを辱める暴挙にでるまでの心理描写に説得力があったかというと…。テクニック的にはアフチャレンコなのでもちろん素晴らしいですが、この端正さが今回は仇になったような気もします。

「マノン・レスコー」の劇中劇として度々登場するマノン役はアンゲリーナ・カルポワ、デ・グリュー役がアルチョーミィ・ベリャコフ。二人とも美しいですが、マルグリットのモノローグを補完する存在としては機能していなくて残念です。
 アルマンの父親役はアンドレイ・メルクリエフ。歩き方からしておじいちゃんで芸が細かいです。オブラスツォーワの、アルマンへの愛を訴えかけるところに切迫感がなく、え、これでアルマン父は心を動かされるの??となってしまい、感動し損ねました。

 個人的には夜公演の方が気に入ったので、夜公演の方の感想を丁寧に書きます…。



[PR]
by jicperformingarts | 2017-07-05 19:35 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

2017.6.21 ボリショイ・バレエ『オネーギン』カプツォーワ&スクワルツォフ

ニーナ・カプツォーワ
ルスラン・スクワルツォフ
アルチョーミィ・ベリャコフ
ダリア・ホフロワ

 原作も音楽も舞台もロシアでありながら、ロシアのカンパニーでこの作品をレパートリーに持っているのはボリショイ劇場だけです。私はこんなブログをやっている位ですから、ロシアバレエに強い愛着がありますが、しかしやはりこの作品はロシアのカンパニーにはハードルが高いなと思いました。

 タチヤーナ役のニーナ・カプツォーワは、ボリショイ・バレエの中でもベストかそれに近いタチヤーナだと思います。手紙のパ・ド・ドゥでは、リフトの盛り上がりからの終盤にかけての表情・演技がとてもよかったです。ただ、細かいステップはまだまだ浅く、突如クライマックスになるので、その身体能力には純粋に感嘆はしますが、観客として自分はその起伏についていけなかったところがあったので、もっとそこに至るまでの一つ一つの振りに緊張感が出てくれればなあという気がしました。第2幕のソロでも、冒頭からオネーギンへの当てつけがましさ全開だったりと、全体にもう少しジワジワ感が欲しかったです。
 なんだか渋い感想になってしまいました。第2幕最後、レンスキーを殺したあとのオネーギンを見つめるところで、オネーギンを露骨に責めるような目線だったので(なまじカプツォーワに目力があるだけに…)、自分の気持ちが冷めてしまったせいもあります。この辺は完全に個人的好みなので、あのまなざしに感動した観客もいるはずですが、でもやはり、非難の視線であれば、オネーギンの心には突き刺さらなかっただろうと思ってしまいます。
 なお、タチヤーナは第2幕まではお下げ髪やストールでうなじが見えにくいのですが、第3幕は髪を結い上げています。カプツォーワは首から肩にかけてのラインがため息が出るほど美しく、このラインだけでもう貴婦人への変貌についての説得力は十分です。

 スクワルツォフは、第1幕から攻撃性ゼロというか弱々しいオネーギンで、でも舞台上でやってることは攻撃的という、ちぐはくなオネーギンでした。ですので、第3幕で登場したときと、第1~2幕までの違いがよくわかりませんでした。そういえば、第3幕も黒髪のままでした。原作設定ではまだオネーギンは26歳ですから…さすがにロシア人としては中年のようなオネーギンは受け入れられなかったのでしょうか…。

 あんまりオネーギンはいいところがなかったのでオリガとレンスキーにいきます。ホフロワの第2幕の小生意気さは素晴らしかったです。そしてレンスキーのアルチョーミィ・ベリャコフは容姿も動きもそれはそれは美しいです。ただパの一つ一つに詩人らしい叙情があったかというと微妙です。手袋を投げつけるまでの悶々とするところは良かったですが、決闘の前も、オリガには嫌悪を・タチヤーナには敬愛を、という対比が明らかではなかったので、最期の別れにも余韻がありませんでした。
 
 グレーミン公爵はエゴール・フロムーシン。これではオネーギンはとても太刀打ちできない…と思わせる、包容力溢れるダンディーな貴公子ぶりでした。そして、第一幕の民族舞踊の迫力は、さすがに他のカンパニーでは観られない水準です。



[PR]
by jicperformingarts | 2017-06-27 19:12 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

2017.02.25(昼) ボリショイ・バレエ『イワン雷帝』ラントラートフ&スミルノワ

ウラディスラフ・ラントラートフ
オリガ・スミルノワ
アルチョム・オフチャレンコ

 ソ連バレエを代表する振付家のグリゴローヴィチによるオリジナル・バレエです。16世紀ロシアで専制的な政治を打ち立てたイワン雷帝を主役にした作品です。歴史的事実をなぞってはいますが、時系列に彼の生涯を追うというより、雷帝の心が闇・狂気にとりつかれていく前半生に焦点が当てられています。
 かなりざっくり説明すると、第一幕が、即位→最初にして最愛の妻アナスタシアとの出会い(二人が結ばれるまでには何も波瀾万丈なく、気づいたら結婚しています)→戦争→病で死にかける→その隙に王座を奪おうとした貴族を粛清。第二幕は、幸せな二人の踊り→アナスタシアの毒殺→毒殺を企てた貴族達の処刑→味方のいない孤独な王座で苦しむ、という感じです。

 鬱バレエの呼び声高いこの作品を敬遠していたため、往年のスター達の名演も知らず、何の先入観もなく観ましたが、ラントラートフは熱演していました。アナスタシアと踊っているところのデレっぷりをしっかり見せてくれたので(役柄の性質上ツンしかないと思っていたので驚きました。)、彼女の死を嘆くところ、そして彼女という心のオアシスを失って、心が病んでいく過程に説得力がありました。もちろん、戦争の場面では、『スパルタクス』を彷彿とさせる力強い跳躍も見せ、君主としての風格も見せてくれました。
 第一幕・第二幕とも、身体全体を使った上での超顔芸で狂気を表現して終わりますが、第一幕の、臣下に裏切られ専制君主のプライドを傷つけられたことによる、ある意味純粋な苛烈さと、第二幕の他者を呪うような影のある表情と、違いが良く出ていました。
 なんとなくまだ若手のつもりで彼を観ていましたが、2006年バレエ学校卒ということで、既にプロ11年目。中堅への階段を順調に昇っているということでしょうか。

 というラントラートフの熱愛の相手としては、スミルノワはちょっと淡泊すぎるかなあと思いました。他の花嫁候補と並んで踊るところでは、神秘的というか他の花嫁とは一線を画す存在感があり、雷帝が一目惚れするのも納得なのですが、戦争に行った夫を心配する→無事雷帝が帰還して歓喜→病で瀕死の雷帝の身を案じて嘆く、という起伏に演技がついていっていないというか、雷帝への愛をあまり感じませんでした。
 印象的な大きい瞳をしたダンサーですが、顔のパーツの配置が微妙にアンバランスなので(すみません)、第二幕で、アナスタシアの幻とイワン雷帝のパ・ド・ドゥでは、スミルノワの顔がイコンのように見えてきてしまい、「そうかー、雷帝がいくら救いを求めても御利益はなかったかー」と思考が脱線してしまいました。そして、眼の存在感がありすぎて、意外にも精霊らしさがありませんでした。 

 ドラマ上、非常に重要な役なのがクルプスキー公です。大貴族にして雷帝の友人でしたが、密かに愛していたアナスタシアを雷帝に奪われたことから彼を憎み(実際は王位簒奪の野望もあったようですが)、彼を暗殺する陰謀に加わり、流れでアナスタシアを毒殺してしまいます。このあたりの設定は参照する資料により変わりますが、私には、陰謀仲間の貴族達がアナスタシアを毒殺するのを止められなかった、というように見えました。
 死にゆくアナスタシアとの長いパ・ド・ドゥなど、重要そうなパートも多く与えられています…が、オフチャレンコの演技からは、嫉妬・悔恨・慟哭といった感情のほとばしりが観られず残念です。彼の高いテクニックと貴族らしい品格は得がたい資質だと思うのですが、もうちょっとはっちゃけて欲しいです。


[PR]
by jicperformingarts | 2017-03-02 20:22 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

HP更新記録(2017.02.16):3月公演予定

3月モスクワの公演予定を作成しました。
3月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。


 3月の公演予定を作成しました。3月30日~4月9日にかけては第17回マリインスキー国際バレエ・フェスティバルが、4月13日~24日にかけてはダンス・オープンと、サンクト・ペテルブルクでは春はバレエ関係のイベントが続きます。一方、モスクワのボリショイ・バレエでも3月中旬はクランコの「オネーギン」とスヴェトラーナ・ザハロワの冠公演が続き豪華です。



[PR]
by jicperformingarts | 2017-02-16 09:17 | HP更新記録 | Comments(0)

2016.12.28 ボリショイ・バレエ『くるみ割り人形』

マルガリータ・シュライナー
クリム・エフィーモフ


毎年、この時期のボリショイ・バレエはくるみ割り人形を集中して上演していますが、毎回ほぼ満席なのかすごいところ。しかし毎年になると、だんだん前も観たな…というキャストが増えてくるのですが、今回は、今日がこの役デビューになる若手カップルでした。

シュライナーは、まだコール・ド・バレエ(群舞)ですが、芸術監督がワージエフになってから抜擢が続いている2011年モスクワ舞踊アカデミー卒の期待の若手です。さすがに金平糖の精の踊りは、爪先がぶれがちで手こずっている印象でしたが、破綻なく踊れるだけでもテクニックは確かです。表情が乏しいのと(演技すべき場面ではちゃんと演技しているのですが)、身体からあふれる叙情性はまだこれからという感じがしましたが、容姿も美しいので、今後に期待です。

クリム・エフィーモフは、2014年の日本公演で活躍していたのでご存じの方も多そうですが、ほっそりした容姿の、こちらも期待の若手です。体幹が弱いのか、ザンレールでのマネージュではよろよろしていましたが、ピルエットは軸も正確でした。
この演出は、第2幕の最後、まるで王子とマーシャの結婚式のように盛り上がったところで、マーシャが夢から覚めて現実に戻り、もう王子の声も届かない…というほろ苦いエンディングですが、そういう夢の王子様的な雰囲気は抜群でした。跳躍も軽やかで身のこなしも美しかったので、この美しさを維持したまま、体幹含めもうちょっと筋肉つけてくれたらな~と思いました。

ドロッセルマイヤーは、アンドレイ・メルクリエフ。グリゴロヴィッチ版のドロッセルマイヤーは細やかな跳躍も細やかでない跳躍も多く、かなりハードな振り付けですが、メルクリエフの脚裁きはキレがあり、飄々とした魔法使いのような雰囲気を醸し出していました。





[PR]
by jicperformingarts | 2016-12-28 22:55 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

HP更新記録(2016.12.20):1月公演予定

1月モスクワの公演予定を作成しました。
1月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。

 1月の公演予定を更新しました。今年もロシアの年末年始は「くるみ割り人形」祭りです(ロシアに限ったことではありませんが)。色々な演出があるので、見較べてみるのも面白いと思います。
 モスクワは、ボリショイ劇場・モスクワ音楽劇場ともにクラシックな演出ですが、どちらも衣装・装置はとてもシンプルで、ダンサーのレベルが高いからこそ満足度が保たれるのか…という演出です。マリインスキー劇場では、超王道のワイノーネン版、抜群に気合いが入ってキテレツなシェミャーキン版、付属に近いバレエ学校であるワガノワ・バレエ・アカデミーによる公演(ワイノーネン版)の3パターンがあります。ミハイロフスキー劇場のくるみ割り人形は、コンテンポラリーのドゥアト版ですが、シンプルエレガントな演出です。



[PR]
by jicperformingarts | 2016-12-20 08:30 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2016.3.27):3月モスクワ公演予定

4月モスクワの公演予定を作成しました。

 
4月のモスクワの公演予定を更新しました。4月末と言えばゴールデンウィークに突入していますが、この時期、ボリショイ劇場では、オペラ「エフゲニー・オネーギン」と、バレエ「オネーギン」を並行して上演するようです。どちらも、ロシアの国民的文豪プーシキンの戯曲が原作で、チャイコフスキーの音楽ですが、全然違う雰囲気の作品ですので、見比べてみるのも面白いのではないかなと思います。
 また、モスクワ音楽劇場でも4月に集中的に世界的なスターがゲスト出演します(サラファーノフ 4/7「ラプソディー」&4/11「コッペリア」、ムンタギロフ4/17「ジゼル」、ポルーニン4/21「白鳥の湖」、シクリャロフ4/22「白鳥の湖」、フォーゲル4/29「マノン」)。

 
[PR]
by jicperformingarts | 2016-03-27 23:47 | HP更新記録 | Comments(0)

2015.1.3夜 ボリショイ劇場「くるみ割り人形」

アンナ・ニクーリナ
セミョン・チュージン

 以前、ボリショイ劇場新館でこのグリゴロヴィッチ版のくるみ割り人形を観た時は、少し寂しい演出だなと思ったのですが、今回は、群舞など含め、この演出の素晴らしさを再認識しました。私は、昔のボリショイ劇場をよく知らないので、過去のボリショイ劇場と比べてどうかはわかりませんが、単純に、ダンサーに力を与えてくれる舞台なのかなと思います。そういうハコは、世界でも希少だと思います。

 実は、アンナ・ニクーリナは数年前にソロで一度観ただけなので、その時「たおやかで美しいけれど、ふらふらしてるなあ」という印象をずっと引きずっていたのですが、ポワントが強くなっていて驚きました。回転の際も軸が安定しているので、一回転ごとに、美しい肩から腕のラインをしっかり見せてくれます。
 グリゴロヴィッチ版の金平糖の精の踊りは、ダンサーいじめかと思うほど難しく、必死の形相で踊るダンサーも目にするほどです。ニクーリナも、さすがに中盤のイタリアン・フェッテ~ピルエットを繰り返すところは、余裕がなさそうでしたが、この山場を終えてホッとした様子を見せず(つまり集中が切れることなく)、持ち前の抒情性醸し出してフィニッシュしていました。


 チュージンも、高いテクニックを上品に見せることができる、とてもいいダンサーだと思います。マネージュの時は、ボリショイのこの大きい舞台を回りきる!という気合いを感じました(笑)


 この大きな舞台を使い切る!という気合いは、群舞にもあった気がします。雪の場にしろ、花のワルツにしろ、群舞の数はそれほど多くありません。花のワルツは男性もいるので寂しいとは思いませんが、以前新館で観た際は、この場面を広い本館でみたら、空間がスカスカになるのでは…と思ったのですが、本館の方が、群舞一人一人の動きの大きさが迫力で、むしろ今回の方が舞台が狭く感じたほどです。

 第2幕の民族舞踊は、全員2人ずつのデュエットです。数が少ないということで、正直舞台負けしている踊りもありましたが…。とりあえず、スペインのマリヤ・ミーシナの回転は小気味よかったです。花のワルツの方が、セメニャチェンコ、アブドゥーリンなどなど全般にキャストが豪華で、どちらかというと、彼らをソロで観たかった、と思いました。



[PR]
by jicperformingarts | 2015-01-15 01:25 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

HP更新記録(2014.11.04):11~12月モスクワ公演予定

11月モスクワの公演予定を作成しました。
12月モスクワの公演予定を作成しました。


 モスクワの11~12月の公演予定のページを作成しました。最近。ミハイロフスキー劇場とともに、ボリショイ劇場も子ども向け公演に力を入れているところですが、11月末には「カイとゲルダの物語」初演が予定されています。「アナと雪の女王」にもこの名前のキャラクターが出てきますが、アンデルセンの童話「雪の女王」をオペラ化した作品です。今でもロシアの地方劇場では、時折レパートリーに入っている作品ですが、ボリショイ劇場の新制作というからには、非常にゴージャスな舞台になるのではないでしょうか。
[PR]
by jicperformingarts | 2014-11-04 01:41 | HP更新記録 | Comments(0)


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧