ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ

2014.12.29 ロイヤル・バレエ「ドン・キホーテ」

アエロフロートでバレエ巡り~ロンドン編~

 今回は、アエロフロート利用で、成田→モスクワ→ロンドンで、ロンドンで3泊した後、ロンドン→モスクワでロシア国内に5泊滞在、その後モスクワ→成田のフライトで帰国というスケジュールです。ロシア在住の人へのお土産が多いので早く身軽になりたい、モスクワ→ヨーロッパ各都市へのフライトが遅延すると公共交通機関がなくなる、といった理由から、普段はロシアに行ってからヨーロッパという旅程が多いですが、今回はこのロイヤル・バレエの「ドン・キホーテ」が観たかったので、ヨーロッパが先になりました。


 ナタリア・オシポワ&マシュー・ゴールディングでキャスティングされていたこの公演ですが、オシポワが怪我のため、マリアネラ・ヌニェスに、そしておそらくゴールディングは怪我ではないのでしょうが、パートナーシップの都合かで、ティアゴ・ソアレスになりました。キャスト変更の紙を見ていなかったので、舞台上で「あれっ」となりましたが、いや~ヌニェス&ソアレスのドン・キホーテは萌えますね!(笑)セリフが聞こえてきそうなコミカルなやりとりはもちろん、特にヌニェスの演技でしょうか、非常に激しくどついておきながらもバジルへの愛溢れる目線は素敵です。
 
 ソアレスは全体におっとりした踊りで、ヌニェスのキトリを見守る感じでしょうか。演技はコミカルだったので、もう少し弾けてもよかった気がしますが。
 ヌニェスですが、第1幕のソロといい、酒場のシーンといい、何もそんな前のめりで全力疾走しなくても…と思うほどの張り切りぶりでしたが、足音も小さく、クラシックとして抑えるべきところは抑えているので、ガサツな感じはしません。第三幕のソロでもエシャッペやパッセの連続部分も、力強いとはまた違うのですが、本当に楽しそうで、こちらまでにこにこしてしまいます。夢の場のドゥルシネアのヴァリエーションのポップの部分もそういう感じだったので、これがヌニェスの個性なのかなと思いました。グランフェッテは、前半に一回、4,5回転を入れていましたが、その後は軸がブレがちの中、無理やり根性でダブルを織り交ぜるという感じで、そこは少し残念でした。

 エスパーダは平野亮一さん。こういう役を当てられる日本人って珍しいなと思いますが、納得の体格です。切れ味は抑えめですが、重量感があり、大物闘牛士の風格がありました。
 森の女王はクレール・カルバート。腕と脚の動きは調和していて、丁寧に踊っているのは伝わってくるのですが、脚がゴワッと上がって、可動域の限界でガグッと止まる感じで、なめらかさには欠ける印象です。
アムールのヤスミン・ナグディは、一回立ちそびれたような気がしましたが、テンポの速い音楽につられて動きが小さくなることもなく、良かったと思います。
 キトリの友人はヘレン・クロウフォードと金子扶生。並んで踊ると、やはり金子さんの華やかさが際立ちます。回転の軸も小気味よく、音の一瞬先に鮮やかにポーズが決まるので、こういうパキッとした踊りは合うなあと思いました。


 カルロス・アコスタが演出したこのプロダクション、男性演出だけあって、男性の見せ場が多いです。第1幕のバジルの二つのソロ、また野営の場の「バヤデルカ」の音楽を使ったキトリとバジルのパ・ド・ドゥなど、ヌレエフ版の影響が随所に見られます。第1幕は、男性4人組が出て、舞台を盛り上げるところも少し似ています(アコスタ版では漁師っぽい衣装ですが)。
 特徴としては、舞台上でダンサーが叫んだり掛け声をかけたりするところでしょうか。パンフレットを読む限り、アコスタも自信満々でこういう演出にしたわけではないようですが、個人的には、クラシック・バレエにおいては、基本的にダンサーは無言の方がいいかな…と思いました。



[PR]
# by jicperformingarts | 2014-12-31 03:08 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

HP更新記録(2014.12.31):10~12月サンクト・ぺテルブルク公演予定

2月モスクワの公演予定を作成しました。
1月サンクト・ペテルブルクの公演予定を更新しました。


 モスクワの2月の公演予定のページを作成したほか、サンクト・ペテルブルクの1月の公演予定を更新しました。ミハイロフスキ―劇場は、1月は来日公演がありますので、代わりにサンクト・ペテルブルク・バレエ・シアター(通称タッチキン・バレエ)が「眠れる森の美女」を集中して上演します。ました。マリインスキー劇場の方は、相変わらず公演数が多いので、ミハイロフスキー・バレエが不在でも、観る公演に困ることはなさそうです。




[PR]
# by jicperformingarts | 2014-12-31 02:09 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2014.11.23):1月モスクワ公演予定

1月モスクワ公演予定を更新しました。

 モスクワの1月の公演予定のページを作成しました。1月上旬はロシアも冬休みなので、公演が盛りだくさんです。また、バレエについては、中・下旬にボリショイ劇場で「オネーギン」、モスクワ音楽劇場で「マノン」など、濃い演目が続きます。
 私事ですが、年末年始のロシアの地方劇場巡りのため、現在各地のオペラハウスの公式サイトをチェックしていますが、どの劇場のHPも、とてもおしゃれになったなあと思います。このブログの右柱にリンク集を作っているので、ご興味のある方は是非ご活用ください。




[PR]
# by jicperformingarts | 2014-11-23 20:08 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2014.11.04):11~12月モスクワ公演予定

11月モスクワの公演予定を作成しました。
12月モスクワの公演予定を作成しました。


 モスクワの11~12月の公演予定のページを作成しました。最近。ミハイロフスキー劇場とともに、ボリショイ劇場も子ども向け公演に力を入れているところですが、11月末には「カイとゲルダの物語」初演が予定されています。「アナと雪の女王」にもこの名前のキャラクターが出てきますが、アンデルセンの童話「雪の女王」をオペラ化した作品です。今でもロシアの地方劇場では、時折レパートリーに入っている作品ですが、ボリショイ劇場の新制作というからには、非常にゴージャスな舞台になるのではないでしょうか。
[PR]
# by jicperformingarts | 2014-11-04 01:41 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2014.9.27):10~12月サンクト・ぺテルブルク公演予定

11月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。
12月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。
1月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。


 マリインスキー劇場は、ボリショイ劇場等の他の主要なオペラハウス中でも公演予定の公表が遅いのですが、シーズン頭にシーズン・チケットを売り出しており、これの対象公演数が多いので、シーズン閉幕までの公演が一部把握できます。ここ数年は、ブログでこのシーズン・チケットの公演をご紹介していたのですが、HP形式の方がやはりわかりやすいので、今年はHPに記載しました。まずは年末の年始のご参考ということで、1月までです。
 なお、10~12月のミハイロフスキー劇場では、怒涛のようにオペラの新制作が続きます。
[PR]
# by jicperformingarts | 2014-09-27 14:43 | HP更新記録 | Comments(0)

国立沿海オペラ・バレエ劇場 10月公演予定

HP更新の御報告以外では、すっかり久しぶりのブログ更新となってしまいました。昨秋、杮落しとなった国立沿海オペラ・バレエ劇場ですが、今までフォローしてこなかったので、10月の公演予定をチェックしてみました(HPには英語版もあるのですが、こちらには10月の公演予定が載っていません…)。新しい劇場だからか、ザ・定番の演目が並んでいます。これからレパートリーに独自色を出していくのでしょうか。

http://primopera.ru/afisha/ru/calendar/2014-10


10月1日(水)19:00~ バレエ
「国立沿海オペラ・バレエ劇場バレエ団ソリストによるガラ・コンサート」

10月11日(土)19:00~ オペラ
「皇帝サルタンの物語」

10月12日(日)19:00~ オペラ
「皇帝サルタンの物語」

10月17日(金)19:00~ バレエ
「白鳥の湖」

10月18日(土)19:00~ バレエ
「白鳥の湖」

10月19日(日)19:00~ バレエ
「白鳥の湖」

10月24日(金)19:00~ バレエ
「一幕バレエの夕べ」
“ムーヴメンツ” “ワルプルギスの夜” “幻想舞踏会”

10月25日(土)19:00~ オペラ
「カルメン」

10月26日(日)19:00~ オペラ
「カルメン」

10月31日(金)19:00~ オペラ
「エフゲニー・オネーギン」

ちなみに、団員名簿を見てみると、日本人の永瀬愛莉菜さん田中順子さんがソリストになっています。また、元マリインスキー・バレエのアンドレイ・イワノフがシニア・ソリストに、元ABTのジョセフ・フィリップスがプリンシパとして所属したりして、興味深いです。
[PR]
# by jicperformingarts | 2014-09-24 16:38 | その他劇場公式発表 | Comments(0)

HP更新記録(2014.9.23):9月サンクト・ぺテルブルク公演予定

10月モスクワの公演予定を作成しました。
10月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。


 10月の公演予定を更新しました。今年の体育の日は10月12日(月)です。せっかく祝日なのに公演がない…と思われる方もいるかもしれませんが、実は、公演が多い金・土・日に劇場通いを満喫して、月曜に帰国の途に就く、ということができるので、個人的に月曜祝日は狙い目です。
 一度、この日程でエール・フランスの早朝成田着の便を使って、火曜から出勤したことがありますが、終業時間には、私は燃え尽きて灰になっていたので、あまりこれはオススメしません(笑)
[PR]
# by jicperformingarts | 2014-09-24 00:00 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2014.8.31):9月サンクト・ぺテルブルク公演予定


9月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。

 9月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。ミハイロフスキー劇場のHPにアクセスできないため、まずはマリインスキー劇場の公演予定のみアップしています。昨シーズンは8月も公演を行っていたためか、今シーズンの開幕は9月26日と、例年より遅めで、シルバーウィークにかかる公演が少ないです。
[PR]
# by jicperformingarts | 2014-08-31 22:26 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2014.8.24):9月公演予定

9月モスクワの公演予定を作成しました。

 9月モスクワの公演予定を作成しました。ボリショイ劇場、モスクワ音楽劇場ともに、9月は招待公演を予定しており、バラエティ豊かな公演日程になっています。残念ながらシルバーウィーク中は公演が盛りだくさんというほどでもありませんが、それでも元々公演数が多いモスクワのオペラハウスですので、観るべきものがなくて退屈するということはありません。
[PR]
# by jicperformingarts | 2014-08-24 23:21 | HP更新記録 | Comments(0)

【ご案内】イリーナ・ペレン&マラト・シェミウノフ特別レッスンと懇親会

栃木県壬生町のバレエ・スタジオ「アーティスト・ホーム・ヴィレッジ」にて、8月23日(土)午後に、レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー・バレエ)の看板ソリスト、イリーナ・ペレンとマラト・シェミウノフが指導を行うとのことです。日にちが迫っておりますが、まだお申込みを受け付けているそうですので、ご関心のある方は、以下リンク先をご参照いただければ幸いです。

詳細・申込書はこちらです。
http://www12.plala.or.jp/ahv0025/chirashi/IrinaPerren&MaratShemiunovOPresson.pdf

 なお、18:00~19:00の懇親会のみの参加も可能とのことです。日本でも人気のダンサーと交流できるチャンスは貴重ではないかと思いますので、バレエをやっていないという方も要チェックです。
 スタジオの最寄駅は小金井駅で、上野駅または新宿駅から約70分というロケーションです。栃木県といっても南部なので、行ってみると東京からも結構近い印象です。以前、マヤ・ドゥムチェンコのレッスンでもこのスタジオにお邪魔したことがありますが、土地の使い方が贅沢で雰囲気のよいスタジオでした(その際のレポはこちら。)。
[PR]
# by jicperformingarts | 2014-08-18 01:42 | Comments(0)

HP更新記録(2014.7.27):8月公演予定

8月モスクワの公演予定を作成しました。
8月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。


 8月の公演予定を作成しました。例年、8月は主なオペラハウスは閉鎖されることが多いのですが、今年は、マリインスキー劇場は8月まで公演を行います。また、ミハイロフスキー劇場では、ミハイロフスキー・バレエ団はお休みですが、サンクト・ペテルブルク・バレエ・シアター(タッチキン・バレエ)が「白鳥の湖」を集中的に上演します。
 なお、ボリショイ劇場・モスクワ音楽劇場はともに8月の公演はありません。
[PR]
# by jicperformingarts | 2014-07-28 00:06 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2014.6.22):7月公演予定

7月モスクワの公演予定を作成しました。
7月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。


 7月の公演予定を作成しました。マリインスキー劇場の白夜祭は今年も盛りだくさんですし、ボリショイ劇場では「じゃじゃ馬馴らし」、モスクワ音楽劇場では「マノン」新制作が予定されていたりして、特にバレエ関係で華やかなシーズン閉幕となっています。
[PR]
# by jicperformingarts | 2014-07-27 23:58 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2014.5.17):6月モスクワ公演予定

6月モスクワの公演予定を作成しました。

 6月のモスクワの公演予定のページを作成しました。ボリショイ劇場では、英国ロイヤル・バレエの招待公演が予定されている他、ボリショイ・バレエのクランコ版「オネーギン」、ノイマイヤー版「椿姫」が予定されており、ヨーロッパ色の強いプレイビルになっています。
 また、モスクワ音楽劇場バレエは、7月に「マノン」新制作を予定しているため、バレエ公演の数が少な目になっています。
[PR]
# by jicperformingarts | 2014-06-22 20:30 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2014.5.11):6月サンクト・ペテルブルク公演予定

6月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。

 6月のサンクト・ペテルブルクの公演予定のページを作成しました。マリインスキー劇場では5月28日から白夜祭が始まります。オペラ関連ではワーグナー作品が充実しています(指揮はもちろんヴァレリー・ゲルギエフ)。また、ダンス関連では、ハンス・ファン・マーネンのトリプル・ビルの新制作や、スコティッシュ・バレエ「愛と幻想のシルフィード」の招待公演があったりと、現代作品が充実していますが、「白鳥の湖」「ドン・キホーテ」などの超定番のクラシック・バレエも頻繁に上演されます。
[PR]
# by jicperformingarts | 2014-05-17 22:03 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2014.4.20):5月公演予定

5月モスクワの公演予定を作成しました。
5月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。


 5月の公演予定のページを作成しました。どの劇場も、シーズン閉幕がそろそろ見えてくる中、公演も盛りだくさんになっていますので、GWに渡航を予定されている方は、是非のぞいてみていただければと思います。
[PR]
# by jicperformingarts | 2014-04-20 23:26 | HP更新記録 | Comments(0)


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧