ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ

<   2017年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2017.6.22 マリインスキー劇場『海賊』

アナスタシア・コレゴワ
エフゲニー・イワンチェンコ
ウラジーミル・シクリャロフ
エレーナ・エフセーエワ

 久々に全幕の「海賊」を観ましたが、やっぱり面白いです。個人的には、イワンチェンコが脚の線含め若返っていてびっくりです。1992年ワガノワ卒ということは、現在42歳くらいのはずですが、多少跳躍の高さに衰えはあるもののとても40過ぎには見えません。そして、メドーラを高々と持ち上げるリフトも、全然腕がプルプルしていないのがすごいです。思わずオペラグラスで確認してしまいました。さすが、長年ロパートキナや他の長身のマリインスキーの女性ソリストを持ち上げ続けて何十年怪我なしなだけのことはあります。加えて、若手には出せない海賊の頭領としての貫禄もあります。

 メドーラはコレゴワでしたが、花園の場で、快活な音楽なのにテロ~ンとした踊りなのはいかがなものかと思いましたが、身体の線はきれいです。
 アリ役のシクリャーロフは客席からの歓声がとても大きかったです。ただ、特に空中での回転で軸がぶれがちだったり、そして着地音がとても大きいので、また怪我をするんじゃないかと不安になる踊りです。この役を演じる上では、野性味と従順かつ優秀な部下ぶりのバランスが重要ですが、かなり従順さに偏る印象でした。
 
 ギュリナーラ役はエフセーエワでしたが、動きの一つ一つにいい意味での型があり、日々の研鑽が窺えます。ただ、ミハイロフスキー・バレエ時代の天真爛漫さが失われてしまったようで少し寂しくもあります。これからベテランになる中で、いい意味で肩の力が抜けてくれますように。

 そして、ランケデム役のマクシム・ジュージンがとても良かったです。ディズニーのアニメに出てきそうな軽妙な足取りに、客席からも自然に笑いが出ます。プリエが綺麗なので、一幕のパ・ド・ドゥも軽快です。
 ビルバントはユーリ・スメカロフです。踊りそのもののキレは普通ですが、濃ゆい演技をテクニックの中に織り込むスキルはさすがです。

 オダリスクの三人娘は、ラウラ・フェルナンデス、ヤナ・セリナ、ヴァレリア・マルティニュクでした。フェルナンデスは、ローザンヌ・コンクールでのコンテンポラリーの印象が強かったのですが、要所要所のポーズはクラシックとしても美しく、はつらつとしたいい踊りです。しかし、次のヤナ・セリナの360度いつでも端正な踊りをみると、ベテランはさすがだなと思います。



[PR]
by jicperformingarts | 2017-06-29 18:34 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

2017.6.21 ボリショイ・バレエ『オネーギン』カプツォーワ&スクワルツォフ

ニーナ・カプツォーワ
ルスラン・スクワルツォフ
アルチョーミィ・ベリャコフ
ダリア・ホフロワ

 原作も音楽も舞台もロシアでありながら、ロシアのカンパニーでこの作品をレパートリーに持っているのはボリショイ劇場だけです。私はこんなブログをやっている位ですから、ロシアバレエに強い愛着がありますが、しかしやはりこの作品はロシアのカンパニーにはハードルが高いなと思いました。

 タチヤーナ役のニーナ・カプツォーワは、ボリショイ・バレエの中でもベストかそれに近いタチヤーナだと思います。手紙のパ・ド・ドゥでは、リフトの盛り上がりからの終盤にかけての表情・演技がとてもよかったです。ただ、細かいステップはまだまだ浅く、突如クライマックスになるので、その身体能力には純粋に感嘆はしますが、観客として自分はその起伏についていけなかったところがあったので、もっとそこに至るまでの一つ一つの振りに緊張感が出てくれればなあという気がしました。第2幕のソロでも、冒頭からオネーギンへの当てつけがましさ全開だったりと、全体にもう少しジワジワ感が欲しかったです。
 なんだか渋い感想になってしまいました。第2幕最後、レンスキーを殺したあとのオネーギンを見つめるところで、オネーギンを露骨に責めるような目線だったので(なまじカプツォーワに目力があるだけに…)、自分の気持ちが冷めてしまったせいもあります。この辺は完全に個人的好みなので、あのまなざしに感動した観客もいるはずですが、でもやはり、非難の視線であれば、オネーギンの心には突き刺さらなかっただろうと思ってしまいます。
 なお、タチヤーナは第2幕まではお下げ髪やストールでうなじが見えにくいのですが、第3幕は髪を結い上げています。カプツォーワは首から肩にかけてのラインがため息が出るほど美しく、このラインだけでもう貴婦人への変貌についての説得力は十分です。

 スクワルツォフは、第1幕から攻撃性ゼロというか弱々しいオネーギンで、でも舞台上でやってることは攻撃的という、ちぐはくなオネーギンでした。ですので、第3幕で登場したときと、第1~2幕までの違いがよくわかりませんでした。そういえば、第3幕も黒髪のままでした。原作設定ではまだオネーギンは26歳ですから…さすがにロシア人としては中年のようなオネーギンは受け入れられなかったのでしょうか…。

 あんまりオネーギンはいいところがなかったのでオリガとレンスキーにいきます。ホフロワの第2幕の小生意気さは素晴らしかったです。そしてレンスキーのアルチョーミィ・ベリャコフは容姿も動きもそれはそれは美しいです。ただパの一つ一つに詩人らしい叙情があったかというと微妙です。手袋を投げつけるまでの悶々とするところは良かったですが、決闘の前も、オリガには嫌悪を・タチヤーナには敬愛を、という対比が明らかではなかったので、最期の別れにも余韻がありませんでした。
 
 グレーミン公爵はエゴール・フロムーシン。これではオネーギンはとても太刀打ちできない…と思わせる、包容力溢れるダンディーな貴公子ぶりでした。そして、第一幕の民族舞踊の迫力は、さすがに他のカンパニーでは観られない水準です。



[PR]
by jicperformingarts | 2017-06-27 19:12 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

HP更新記録(2017.06.26) : 7月モスクワ、ペテルブルク公演予定

7月モスクワの公演予定を作成しました。
7月ペテルブルクの公演予定を作成しました。

 7月のモスクワ、サンクト・ペテルブルクの公演予定を更新しました。そろそろ有名どころのオペラハウスはシーズン閉幕ですが、夏期は観光客向けのバレエ公演も多々予定されていますので、ブログで個別に御紹介しています(モスクワ:クレムリン大会宮殿、ペテルブルク:エルミタージュ劇場アレクサンドリンスキー劇場)。
 また、先週ロシアにバレエ巡りの旅に出ていましたので、その感想も追々ブログにアップ出来ればと思います。



[PR]
by jicperformingarts | 2017-06-26 23:16 | HP更新記録 | Comments(0)

2017.6.18 ロストフ音楽劇場バレエ『雪娘』

ヴィタ・ミリュキナ
エリザベータ・ミスレル
アルベルト・ザグレトディノフ

 元ボリショイ・バレエのペレトーキンが昨年制作した全二幕のバレエです。音楽はチャイコフスキーの『雪娘』をベースに同じくチャイコフスキーの名曲をつぎはぎしていましたが、指揮がアンドレイ・アニハーノフだったので、音楽だけでも堪能できました。
 冬の凍った心をもつ雪娘が、人間の世界でミズギリという青年に恋をすると、その途端に融けて消えてしまう、というロシアの童話をもとにしたバレエです。なお、このミズギリにはクパーワという相思相愛の恋人がいたにも関わらず、雪娘に一目惚れしてクパーワを捨てたものの雪娘はあっさり死んでしまい(しかも森の中で)、クパーワはレーリという別の青年とまとまるという、ほんのりラ・シルフィード的な要素もあります。

 チャイコフスキーだけでなくリムスキー=コルサコフの有名な楽曲もあるためか、またはバレエ化しやすいモチーフであるためか、この作品をレパートリーに盛っているバレエ団も少なくないです。この版の演出上の特徴としては、クパーワをかなり大きく扱っていて、ほぼ雪娘とW主役です。雪娘はあっさり第2幕の前の方で融けてなくなってしまうのですが、その後、春の訪れを祝うクパーワとレーリ、民衆の華やかな踊りが続き、舞台の盛り上がりのピークがここに来ます。そして非常にロシア的なアポテオーズで締めくくりだったので、冬が去って春が来たという自然の理を感じるというか、悲劇ながら後味が良い演出でした。

 衣装は、雪娘の人間界での衣装だけ「ん??」でしたが、他は基本ロシアの民族衣装ですので、当然ロシア人ダンサーにお似合いです。また、装置はシンプルながら、第2幕冒頭の森の場面は素敵でした。

 雪娘はヴィタ・ムリュキナ、小柄でアジア系の容貌です。跳躍は高いですが、妙なタメがあり、流麗とは言いがたいでしょうか。妖精らしさはないので、クパーワとの対比が明らかでなく、ミズギリが一瞬で心を持っていかれたことに対する説得力は微妙です。
 クパーワはエリザベータ・ミスレル。功労芸術家なのでベテランの方なのでしょうか。登場してすぐのソロが『白鳥の湖』のルースカヤだったのですが、若干音楽の叙情性に負けている感があり、第2幕の祝祭的な音楽で華やかに踊る方が本人はやりやすそうでした。ただペアテでダブルを入れる度に軸がかなり傾くのが惜しいところです。
 ミズギリはアルベルト・ザグレトディノフ。長身で体格は良いのですが、それだけに踊りに力強さがないのが惜しいです。変形リフトが多い振り付けだったので、てこずってる感がちらほら見えました。

 演出が割と良かったので、ダンサーに対しては辛口になってしまいました。


[PR]
by jicperformingarts | 2017-06-24 14:24 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

ペテルブルク:アレクサンドリンスキー劇場夏期バレエ公演

エルミタージュ劇場のほかにも、アレクサンドリンスキー劇場でも夏期にバレエを集中して上演しています。上演団体は2012年に設立されたばかりのチャイコフスキー記念バレエ・シアターです。レベルはまだそう高くありませんが、マリインスキー・ミハイロフスキー・バレエのソリストを主役に招いてますので、トータルで見た公演のレベルは低くないと思います。
何より、アレクサンドリンスキー劇場は内装がとても美しいので、個人的には、エルミタージュ劇場よりこちらの方がおすすめです。


<会場>
アレクサンドリンスキー劇場

<上演団体>
チャイコフスキー記念バレエ・シアター
http://spbtt.com/?taxonomy=language&term=en

<演目>
「白鳥の湖」
(上演時間は2:30、休憩二回)

<日程>
7月1日(土)20:00~
7月2日(日)20:00~
7月4日(火)20:00~
7月7日(金)20:00~
7月10日(月)20:00~
7月12日(水)~8月29日(火)の間は毎日。開演時間はいずれも20:00。

<招待ソリスト>
○オデット/オディール

エカテリーナ・ボルチェンコ
タチヤナ・トカチェンコ
アレクサンドラ・イオシフィディ
オクサーナ・ボンダレワ
タチヤナ・ミリツェワ
ヴェロニカ・イグナチェワ

○ジークフリード
アントン・コルサコフ
マラト・シェミウノフ
エルネスト・ラティポフ
ミハイル・シヴァコフ
マクシム・トカチェンコ

○ロットバルド
マクシム・トカチェンコ
ウラジーミル・ツァル
アンドレイ・カスヤーネンコ
f0169061_23105135.jpg
Photo: JIC旅行センター



[PR]
by jicperformingarts | 2017-06-23 13:05 | 夏期バレエ公演情報 | Comments(0)

ウラジオストク:第2回マリインスキー極東国際フェスティバル(2017年)

 2017年7月15日~8月13日の約一ヶ月間、ウラジオストクのマリインスキー劇場沿海州劇場にて、第2回マリインスキー極東国際フェスティバルが開催されます。バレエ関係での有名ソリストというとシクリャロフ、コールプ位ですが、とはいえ、日本からマリインスキー劇場の本拠地のペテルブルクに行くとなると移動だけで3日つぶれますので、ウラジオストクで気軽にマリインスキーの公演が見れるのはいいなと思います(ペテルブルクのソリストも多く出演します。)。
 また、オペラ関係ではゲルギエフの他、シャギムラトワが数回登場するなど、どちらかというとオペラ、クラシックの方が豪華です。8月9日には辻井伸行も登場します。

7月15日(土)19:00~
バレエ『せむしの仔馬(イワンと仔馬)』

マクシム・ジュージン
アナスタシア・コレゴワ
ダヴィド・ザレーエフ
ユーリ・スメカロフ

7月16日(日)14:00~
バレエ『せむしの仔馬(イワンと仔馬)』

アレクサンドル・セルゲイエフ
ヴァレリア・マルティニュック
イリヤ・ジヴォイ
イーゴリ・コールプ

7月16日(日)19:00~
バレエ『せむしの仔馬(イワンと仔馬)』

ウラジーミル・シクリャロフ
レナータ・シャキロワ
イリヤ・ジヴォイ
イーゴリ・コールプ

7月18日(火)19:00~
バレエ『ウラジーミル・シクリャロフ・ガラ』

「バレエ101」「ゴパック」「Don’t Leave me」
ウラジーミル・シクリャロフ
アナスタシア・コレゴワ
マクシム・ジュージン

7月19日(水)19:00~
バレエ『ジゼル』

イ・スビン
セルゲイ・ウマニェツ

7月20日(木)19:00~
コンサート『四季』

マリインスキー沿海室内楽団

7月21日(金)19:00~
バレエ『眠れる森の美女』

アナスタシア・ルーキナ
マクシム・ジュージン
アナスタシア・コレゴワ

7月22日(土)14:00~
バレエ『眠れる森の美女』

アンナ・サモストレロワ
カナート・ナディルベク
マイ・ハセ(谷桃子バレエ団)

7月22日(土)19:00~
バレエ『眠れる森の美女』

イリーナ・サポジュニコワ
セルゲイ・ウマニェツ
アナスタシア・コレゴワ

7月23日(日)19:00~
コンサート『レスピーギ/メンデルスゾーン/ピアソラ』

マリインスキー沿海室内楽団

7月25日(火)20:00~
コンサート『ストラヴィンスキー・イン・ウラジオストク』

マリインスキー管弦楽団
指揮:ワレリー・ゲルギエフ
ヴァイオリン:Ziyu He

7月26日(水)19:00~
オペラ『さまよえるオランダ人』

ミハイル・ペトレンコ
エレーナ・スチーヒナ
セルゲイ・スコラホードフ
エフゲニー・ニキーチン

7月27日(木)19:00~
バレエ『白鳥の湖』

イリーナ・サポジュニコワ
セルゲイ・ウマニェツ

7月28日(金)19:00~
バレエ『白鳥の湖』

アンナ・サモストレロワ
カナート・ナディルベク

7月29日(土)17:00~
オペラ『リゴレット』

セルゲイ・スコロホードフ
キリル・ジャロヴィン
アイギュリ・ヒスマトゥリナ
ミハイル・ペトレンコ

7月30日(日)17:00~
コンサート『海軍の日に寄せて』

アルビナ・シャギムラトワ

7月31日(月)19:00~
コンサート『アルビナ・シャギムラトワ・リサイタル』

8月1日(火)19:00~
バレエ『中国国立バレエのスターたちによるガラ』

※大ホール

8月2日(水)19:00~
バレエ『中国国立バレエのスターたちによるガラ』

※大ホール

8月2日(水)19:00~
コンサ-ト『ツェン・ユーチェン(曾宇謙)』

※小ホール

8月3日(木)20:00~
オペラ『ドン・ジョバンニ』

指揮:ワレリー・ゲルギエフ
エフゲニー・ニキーチン
ミハイル・ペトレンコ
アルビナ・シャギムラトワ
ムラーダ・フドレイ

8月4日(金)20:00~
コンサ-ト『ラフマニノフ・サイクルⅠ』

デニス・マツーエフ

8月5日(土)14:00~
オペラ『さまよえるオランダ人』

指揮:ワレリー・ゲルギエフ
ミハイル・ペトレンコ
ムラーダ・フドレイ
セルゲイ・スコロホードフ
エフゲニー・ニキーチン

8月5日(土)20:00~
コンサ-ト『ラフマニノフ・サイクルⅡ』

ピアノ:デニス・マツーエフ
指揮:ヴァレリー・ゲルギエフ

8月6日(日)12:00~
コンサート『ストラヴィンスキー・イン・ウラジオストク』

ヴァイオリン:ダニエル・ロザコヴィッチ
指揮:ヴァレリー・ゲルギエフ

8月6日(日)19:00~
オペラ『フィガロの結婚』(セミステージ形式)
指揮:ニコライ・スナイダー
ウラジーミル・マロース
ドミトリー・グリゴリエフ
アナスタシア・カラギナ
ヴィオレッタ・ルキヤネンコ

8月7日(月)19:00~
オペラ『皇帝の花嫁』(演奏会形式)
アルビナ・シャギムラトワ
ユリヤ・マトーチュキナ
※グリャズノイ役は不明

8月8日(火)19:00~
オペラ『シモン・ボッカネグラ』
指揮:ヴァレリー・ゲルギエフ
ウラジスラフ・スリムスキー
タチヤナ・セルジャン
ロマン・ブルデンコ
ミハイル・ペトレンコ

8月9日(水)19:00~
『Enchanted Wonderer』(オペラ、演奏会形式)

『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番』
辻井伸行

8月10日(木)19:00~
オペラ『マクベス』
ウラジスラフ・スリムスキー
タチヤナ・セルジャン

8月11日(金)19:00~
オペラ『シモン・ボッカネグラ』

ロマン・ブルデンコ
ミハイル・ペトレンコ
イリーナ・チュリロワ

8月12日(土)19:00~
バレエ『ジゼル』

Yu Chuanya
Zhang Haidong

8月13日(日)17:00~
『フェスティバル閉幕:カルミナ・ブラーナ』
アナスタシア・カラギナ
スタニスラフ・レオンチエフ
ウラジーミル・マロース



[PR]
by jicperformingarts | 2017-06-22 18:00 | フェスティバル情報 | Comments(0)

モスクワ:クレムリン・バレエ7月公演予定

モスクワの3~4番手のバレエ団、クレムリン・バレエが7月前半に集中的にクレムリン大会宮殿で公演を行います。なお、8月には同バレエ団の公演は予定されていません。
ちょうど、モスクワの二大カンパニーであるボリショイ・バレエもモスクワ音楽劇場バレエでもクラシック・バレエの公演がない時期ですので、この時期渡航予定で、クラシック・バレエを観てみたいという方にはちょうど良いと思いかと思います。


7月1日(土)14:00~『くるみ割り人形』
7月5日(水)19:00~『バヤデルカ』
7月7日(金)19:00~『くるみ割り人形』
7月9日(日)19:00~『白鳥の湖』
7月11日(火)19:00~『くるみ割り人形』
7月13日(木)19:00~『白鳥の湖』 
7月15日(土)14:00~『バヤデルカ』

会場の雰囲気のご参考まで、写真はこちらです。ソ連時代は会議場だった施設なので、伝統的なオペラハウスではありませんが、その分(?)なんといっても客席数が多いので、チケットはボリショイ等と比べてお安めです。なお、クレムリン内にあるだけあって、セキュリティも厳しく、クレムリン入口から会場にたどり着くまでに15分以上かかることもありますので(開演直前はセキュリティも混んでます)、余裕をもって来場されることをお勧めします。

f0169061_22402262.jpg
Photo: JIC旅行センター
(右手に見える四角い建物がクレムリン大会宮殿です。)




[PR]
by jicperformingarts | 2017-06-21 19:31 | 夏期バレエ公演情報 | Comments(0)

エルミタージュ劇場2017年夏公演

 エルミタージュ劇場では、毎年夏に観光客向けにバレエを集中して上演されていますが、今年は、7月~9月は毎日20:00~『白鳥の湖』の公演があります。公演時間は2:30です(休憩2回)。
https://hermitagetheater.com/playbill

 この劇場では様々なバレエ団が公演を行っていますが、今年の夏はロシア・バレエ・シアターのみです。カンパニーのレベルはそう高くありませんが、公式HPから公演の写真が見れますので、これらの写真から楽しめそうかおおよそ判断がつくかと思います。個人的に、バレエオタクとしての印象を申し上げると、さすがにマリインスキーやミハイロフスキー・バレエのようにはいきませんが、思ったよりひどくないです。褒めてるのか微妙な書き方ですが、劇場の内装が美しいので、会場の雰囲気で公演の満足度は多少水増しされます。
 ご参考までに、上演団体が違いますが、以前エルミタージュ劇場でバレエを観た際の感想はこちらです。なお、システムが変わっていなければ、基本的にこの劇場は自由席なので、観る座席にこだわりたい方は、早めに来場されることをおすすめします。

Photo:JIC旅行センター
f0169061_18085630.jpg


[PR]
by jicperformingarts | 2017-06-20 09:01 | 夏期バレエ公演情報 | Comments(2)

ククラチョフ猫劇場(猫のサーカス)2017年7月公演予定

モスクワのククラチョフ猫劇場(猫のサーカス)の7月の公演予定です。特に7月中旬は月曜以外毎日公演がありますので、夏休みを使ってロシアに行く方にはちょうどいいかもしれません。

http://www.kuklachev.ru/afisha/
(HP英語版には公演予定が掲載されていません。)

7月1日(土)14:00~
7月2日(日)12:00~
7月9日(日)14:00~
7月11日(火)16:00~
7月12日(水)16:00~
7月13日(木)16:00~
7月14日(金)16:00~
7月15日(土)14:00~
7月16日(日)12:00~
7月18日(火)16:00~
7月19日(水)16:00~
7月20日(木)16:00~
7月21日(金)16:00~
7月22日(土)14:00~
7月23日(日)12:00~
7月25日(火)16:00~
7月26日(水)16:00~
7月27日(木)16:00~
7月28日(金)16:00~
7月29日(土)14:00~
7月30日(日)12:00~



[PR]
by jicperformingarts | 2017-06-19 19:22 | 猫のサーカス公演情報 | Comments(0)


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧