ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ

<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2016.12.29 ワガノワ・バレエ・アカデミー『くるみ割り人形』

ウラーダ・ボロドゥリナ
ルスラン・ステニューシキン

昨年日本公演がありましたが、ワガノワ・バレエ・アカデミーによる『くるみ割り人形』です。主役二人については未来のスター誕生!というほどでもなかったのですが、全体の雰囲気としてはとても良い公演でした。

主役のマーシャはウラーダ・ボロドゥリナ。すらりとしたクール・ビューティーですが、踊りに勢いがありすぎて、ピルエットも、決まるときは鮮やかなものの軸が乱れることも多かったり、また、王子・カヴァリエールの皆さんがサポートしにくそうな印象でした。
王子役のルスラン・ステニューシキンは、今年からボロネジからワガノワに編入してきたばかりだそうです。背も高くて容姿にも恵まれ、立ち姿はとても美しいです。リフトは危なっかしいけど、学生にはよくあることだしこの位ならば…と途中までウキウキしていたのですが、しかし、見せ場の第2幕のパ・ド・ドゥにて、テクニックの致命的な弱さが露呈しました…。跳躍に距離がないのでマネージュ(舞台一周)がなかなか前に進めず、そして普段はきれいに伸びている爪先まで、なぜか跳躍の時は緩んでしまっており、観ていて痛々しくなってしまいました…。しかし、飛距離のある跳躍は現校長のツィスカリーゼの得意とするところなので、これからスパルタで鍛えてくれれば、ロシア・バレエの未来も明るそうです。
マーシャの子役はアンゲリーナ・カラムィシェワ。既に美人さんですが、アイメイクがきつかったので、かわいらしい演技と若干違和感でした。ワガノワ比で、ポワントは弱めで、アラベスクやソテにしても、そこまで脚を高々上げることはありません。個人的には、2~3年生のうちはそこまで脚を上げなくても…と思うので、今後の成長に期待です。

その他、個人的に一番気に入ったのは、トレパックを踊った男の子です。女性2人・男性2人の踊りなので、キャスト表からはレフ・ペトロフかアンドレイ・ラグネンコのうちどちらかわからなかったのですが、公演後知り合いに聞いたところ、ペトロフの方ではないかとのことです。
ハレーキンはイタリアからの留学生のダヴィデ・ロリッキオでしたが、ハレーキンには珍しい力強さがありました。コロンビーヌはアナスタシア・スミルノワ。個々のパを人形っぽくこなしていましたが、もっと演技が大げさでもいいのになーと思いました。雪の精はマリア・ペトゥホワとスズキ・カノンさんでした。二人の踊りの系統はちょっと似ているのですが、スズキ(鈴木?)さんの回転には素敵な余韻があり、ペトゥポワは腰の強そうなダイナミックな跳躍でした。パ・ド・トロワは、マリヤ・コシュカリョーワ、ポリーナ・ザイツェワ、ムーサ・スルターノフ。女の子の片割れは、前述の「そこまで脚を上げなくても…」でしたが、この年齢にして観客席へ笑顔を振りまくことを忘れない舞台度胸は見事でした。

この冬、ボリショイ、モスクワ音楽劇場とで『くるみ割り人形』を観てきましたが、ワガノワ・バレエ・アカデミーの『くるみ割り人形』は物量作戦の勝利というか、第2幕(第1幕2場)ではネズミ約18匹(すみませんとうろ覚えです)に歩兵14人・騎兵8人、そして雪の精32人と、プロのカンパニーにはなかなか難しい、贅沢な出演人数です。これだけの数の少年少女の努力が舞台上に満ちているとなると、そのマイナスイオンたるやという感じです。



[PR]
by jicperformingarts | 2016-12-31 22:20 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

2016.12.28 ボリショイ・バレエ『くるみ割り人形』

マルガリータ・シュライナー
クリム・エフィーモフ


毎年、この時期のボリショイ・バレエはくるみ割り人形を集中して上演していますが、毎回ほぼ満席なのかすごいところ。しかし毎年になると、だんだん前も観たな…というキャストが増えてくるのですが、今回は、今日がこの役デビューになる若手カップルでした。

シュライナーは、まだコール・ド・バレエ(群舞)ですが、芸術監督がワージエフになってから抜擢が続いている2011年モスクワ舞踊アカデミー卒の期待の若手です。さすがに金平糖の精の踊りは、爪先がぶれがちで手こずっている印象でしたが、破綻なく踊れるだけでもテクニックは確かです。表情が乏しいのと(演技すべき場面ではちゃんと演技しているのですが)、身体からあふれる叙情性はまだこれからという感じがしましたが、容姿も美しいので、今後に期待です。

クリム・エフィーモフは、2014年の日本公演で活躍していたのでご存じの方も多そうですが、ほっそりした容姿の、こちらも期待の若手です。体幹が弱いのか、ザンレールでのマネージュではよろよろしていましたが、ピルエットは軸も正確でした。
この演出は、第2幕の最後、まるで王子とマーシャの結婚式のように盛り上がったところで、マーシャが夢から覚めて現実に戻り、もう王子の声も届かない…というほろ苦いエンディングですが、そういう夢の王子様的な雰囲気は抜群でした。跳躍も軽やかで身のこなしも美しかったので、この美しさを維持したまま、体幹含めもうちょっと筋肉つけてくれたらな~と思いました。

ドロッセルマイヤーは、アンドレイ・メルクリエフ。グリゴロヴィッチ版のドロッセルマイヤーは細やかな跳躍も細やかでない跳躍も多く、かなりハードな振り付けですが、メルクリエフの脚裁きはキレがあり、飄々とした魔法使いのような雰囲気を醸し出していました。





[PR]
by jicperformingarts | 2016-12-28 22:55 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)

ククラチョフ猫劇場(猫のサーカス)1月公演予定

モスクワのククラチョフ猫劇場(猫のサーカス)の1月の公演予定です。

(HP英語版には公演予定が掲載されていません。)

1月1日(日)18:00~
1月2日(月)15:00~/18:00~
1月3日(火)12:00~/15:00~/18:00~
1月4日(水)12:00~/15:00~/18:00~
1月5日(木)12:00~/15:00~/18:00~
1月6日(金)12:00~/15:00~/18:00~
1月7日(土)12:00~/15:00~/18:00~
1月8日(日)12:00~/15:00~/18:00~
1月14日(土)17:00~
1月15日(日)12:00~
1月20日(金)16:00~
1月21日(土)14:00~
1月22日(日)12:00~
1月27日(金)16:00~
1月28日(土)14:00~
1月29日(日)12:00~

少し古いですが、2008年にこのサーカスに行った時の感想はこちらです。猫好きの方や、アクロバットは観てて怖いわ~という方にはお勧めです。



[PR]
by jicperformingarts | 2016-12-27 18:53 | 猫のサーカス公演情報 | Comments(0)

HP更新記録(2016.12.20):1月公演予定

1月モスクワの公演予定を作成しました。
1月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。

 1月の公演予定を更新しました。今年もロシアの年末年始は「くるみ割り人形」祭りです(ロシアに限ったことではありませんが)。色々な演出があるので、見較べてみるのも面白いと思います。
 モスクワは、ボリショイ劇場・モスクワ音楽劇場ともにクラシックな演出ですが、どちらも衣装・装置はとてもシンプルで、ダンサーのレベルが高いからこそ満足度が保たれるのか…という演出です。マリインスキー劇場では、超王道のワイノーネン版、抜群に気合いが入ってキテレツなシェミャーキン版、付属に近いバレエ学校であるワガノワ・バレエ・アカデミーによる公演(ワイノーネン版)の3パターンがあります。ミハイロフスキー劇場のくるみ割り人形は、コンテンポラリーのドゥアト版ですが、シンプルエレガントな演出です。



[PR]
by jicperformingarts | 2016-12-20 08:30 | HP更新記録 | Comments(0)

HP更新記録(2016.12.20):1月公演予定


1月モスクワの公演予定を作成しました。
1月サンクト・ペテルブルクの公演予定を作成しました。

 1月の公演予定を更新しました。今年もロシアの年末年始は「くるみ割り人形」祭りです(ロシアに限ったことではありませんが)。色々な演出があるので、見較べてみるのも面白いと思います。
 モスクワは、ボリショイ劇場・モスクワ音楽劇場ともにクラシックな演出ですが、どちらも衣装・装置はとてもシンプルで、ダンサーのレベルが高いからこそ満足度が保たれるのか…という演出です。マリインスキー劇場では、超王道のワイノーネン版、抜群に気合いが入ってキテレツなシェミャーキン版、付属に近いバレエ学校であるワガノワ・バレエ・アカデミーによるワイノーネン版、の3パターンがあります。ミハイロフスキー劇場のくるみ割り人形は、コンテンポラリーのドゥアト版ですが、シンプルエレガントな演出です。



[PR]
by jicperformingarts | 2016-12-20 08:28 | HP更新記録 | Comments(0)


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧