ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ

カテゴリ:イベント・ゲスト情報( 32 )

2017/18シーズンまでのフィギュアスケート関係の主なイベント

来シーズンは、欧州選手権がモスクワ開催だったり、日本からは行きにくい都市で開催されることが多いロシア選手権がサンクト・ペテルブルク開催だったりと、なかなかの当たり年なので、今わかっている範囲で、目立つ試合・ショーをまとめてみました。

2017年6月7日(水)〜21日 (水)
ミュージカル・オン・アイス『カルメン』@サンクト・ペテルブルク
アベルブフ主催。今回の出演者は明記されていませんが、これまでの出演者は、ナフカ&コストマロフ、ヤグディン、トトミアニナ&マリニン、ドムニナ&シャバリン、ペトロワ&チホノフ、デンコワ&スタビスキー、ドロビアツコ&ヴァナガス、レオノワ&コワルコなどなど。
http://ice-show.ru/news/240.html

2017年10月20日(金)〜22日(日)
GPSロステレコム杯@未定(ですがここ数年ずっとモスクワ)

2017年11月
プルシェンコの35歳誕生日記念ショー@モスクワ、サンクト・ペテルブルク
http://evgeni-plushenko.com/calend/

2017年12月19日(火)〜24日 (日)
ロシア選手権@サンクト・ペテルブルク
www.fskate.ru/results/tour/1461.html

2018年1月15日(月)〜21日 (日)
欧州選手権@モスクワ
[PR]
by jicperformingarts | 2017-04-18 19:35 | イベント・ゲスト情報 | Comments(0)

ペテルブルク:イーゴリ・コルプの『カルメン』

4月20日にサンクト・ペテルブルクにてイーゴリ・コールプの『カルメン』を目玉にしたガラ公演がありますので、概要をご紹介します。ちょうどダンス・オープンの時期と重なるので、この時期のペテルブルクは盛りだくさんです。

https://spb.kassir.ru/teatr/dk-im-gorkogo/balet-karmen_2017-04-20_1900

日時:
2017年4月20日(木) 19:00~
 
会場:
ゴーリキイ記念文化宮殿
(地下鉄<ナルフスカヤ>駅近く。市中心部から少し離れていますが、地下鉄駅のすぐ近くなので移動しやすいかと思います。)

チケット価格:
600~2500ルーブル(1200~5000円位)

演目:
『カルメン』
(アロンソ版を下敷きにしたウラジーミル・ロマノフスキー版)

『小品集』
(「雪娘」、「マジュヌーンの涙」(ニザーミーの詩「ライラーとマジュヌーン」を基にした創作バレエ)等より)

出演者:
イーゴリ・コールプ
アリーナ・ヴァーレンツェワ
アナスタシア・ロマチェンコワ
オレーシア・ガピエンコ
エカテリーナ・オダレンコ
エフゲーニヤ・シュターネワ
アンドレイ・カスヤーネンコ
デニス・モロゾフ
アレクサンドル・オマール
デニス・アリエフ

[PR]
by jicperformingarts | 2017-03-31 21:34 | イベント・ゲスト情報 | Comments(0)

モスクワ音楽堂:ロシア・バレエのスター達

4月9日(日)19:00~、モスクワ音楽堂のスヴェトラーノフ・ホールにて『ロシア・バレエのスター達』というガラ公演が開催されますので、概要を御紹介します。モスクワ音楽堂はパヴェレツ駅の近くにあるとても近代的なホールです(古くて恐縮ですが訪問記はこちら)。

演目:
『カルメン組曲』『ボレロ』他、小品集

チケット価格:
1500~5000ルーブル(3000~10000円程度)

出演者:
オクサーナ・スコーリク(マリインスキー・バレエ)
エフゲニー・イワンチェンコ(マリインスキー・バレエ)
アンドレイ・イェルマコフ(マリインスキー・バレエ)
アレクサンドラ・イオシフィディ(マリインスキー・バレエ)
アナスタシア・ニキーチナ(マリインスキー・バレエ)
アナスタシア・ロマチェンコワ(ミハイロフスキー・バレエ)
アントン・プローム(ミハイロフスキー・バレエ)
エリカ・ミキルチチェワ(モスクワ音楽劇場バレエ)



[PR]
by jicperformingarts | 2017-03-28 06:27 | イベント・ゲスト情報 | Comments(0)

サンクト・ペテルブルク:第16回ダンス・オープン

 毎春ペテルブルクで開催されているダンス・フェスティバル「ダンス・オープン」ですが、第16回目となる今年は4月13日(木)~24日(月)まで開催されます(マスタークラスは4月19~25日)。公演予定が発表されていますので、御紹介します。最終日のガラは、毎回なかなか豪華です。


4月13日(木)19:00~ エカテリンブルク国立バレエ「雪の女王」
4月15日(土)19:00~ バットシェヴァ舞踊団「NAHARIN'S VIRUS」
4月17日(月)19:00~ ペルミ国立バレエ「シンデレラ」
4月19日(水)19:00~ ポーランド国立バレエ「テンペスト」
4月21日(金)・22日(土)19:00~NDT1「SHOOT THE MOON」「SILENT SCREEN」「THIN SKIN」
4月24日(月)19:00~ 「ガラ・ダンス・オープン」

 会場はいずれもアレクサンドリンスキー劇場です。ワガノワ・バレエ学校のすぐ近くにあるドラマ劇場ですが、時折バレエの貸館公演も行っています。内装がとても美しいです。

f0169061_05585990.jpg
                Photo:JIC旅行センター

[PR]
by jicperformingarts | 2017-01-24 20:49 | イベント・ゲスト情報 | Comments(0)

ペテルブルク:バレエ・ガラ「おとぎ話の舞踏会」

現在、サンクト・ペテルブルク旅行中ですが、街中のポスターを見つけたので御紹介します。

『おとぎ話の舞踏会』
http://www.bkz.ru/afisha/1434/

日時:2017年2月18日(土)~19日(日)19:00~
場所:ボリショイ・コンツェルトヌィ・ザール
   (地図はこちら。アクセスはいいです。)
チケット価格:1000~5000ルーブル
   (大体1ルーブル2円前後です。)

出演者(予定):
ニコライ・ツィスカリーゼ
ファルフ・ルジマトフ
イワン・ワシーリエフ
イーゴリ・コールプ
イリーナ・ペレン
マラト・シェミウノフ
ヴィクトリア・クテポワ
ワガノワ・バレエ・アカデミー生徒

※ツィスカリーゼ、ルジマトフはポスターにでかでか載っているので降板の可能性は低いですが、それ以外のダンサーについては、経験上、当日しれっと変更になっていることもあります。

演目(予定):
『白鳥の湖』
『眠れる森の美女』
『くるみ割り人形』
『火の鳥』
『ペトルーシュカ』
『シェヘラザード』
『せむしの仔馬(イワンと仔馬)』
『石の花』
『氷姫(妖精の口づけ)』
『人形の精』



[PR]
by jicperformingarts | 2017-01-01 13:48 | イベント・ゲスト情報 | Comments(0)

ペテルブルク:「血の上の教会」白夜特別公演

f0169061_0291379.jpg 
血の上の教会は、言わずとしれたサンクト・ペテルブルクの観光名所ですが、昨年6月に、ここで催された白夜特別公演のコンサートがあったので行ってみました。てっきり公演の感想をブログに書いたと思っていたら書き忘れていたようですが、ロシア正教の賛美歌は、また違った趣で荘厳ですし、一面のイコンに囲まれながら聞くと、一層神秘的でした。ということで素敵な公演だったので、今年の公演についてご紹介します。


http://www.cathedral.ru/koncerti1/4

7月18日(木)22:00~
7月30日(火)22:00~
「合唱音楽の夕べ」




 オフィシャルサイトにはあまり情報がありませんが、ペテルブルクのチケットサイトに詳細が書かれており、ラフマニノフの「徹夜祷(All-Night Vigil)」を予定しているとのことです。
 チケット代はこのチケットサイトを確認すると800ルーブルのようです。ロシアのチケットサイトはクレジット決済が出来ないので、現地人以外はこの値段で入手することは難しいですが…。他のコンサートと比べると少し高めという気がしますが、この教会は入場料自体がいい値段しますので、入場料込みと考えればお手頃かなと思います。

教会内の写真を持っていないので、お客様撮影の写真をお借りしています(どうもありがとうございます!)
f0169061_026371.jpg

本当にこの空間のままです。教会中央に高級感はあまりない(まあ、公演中は視界に入らないものなので…)椅子をならべて即席小ホールにしていました。私が去年鑑賞した時は、公演後もぶらぶら教会内のイコンを鑑賞できました。
[PR]
by jicperformingarts | 2013-07-03 00:15 | イベント・ゲスト情報 | Comments(0)

エカテリンブルク:ワークショップ<ダンス・プラットフォーム>

 昨年、エカテリンブルク国立オペラ劇場とバレエ団芸術監督のヴャチェスラフ・サモドゥーロフが、若手振付家をサポートするためのプロジェクト<ダンス・プラットフォーム>を立ち上げましたが、今年は、第二回目を開催することとなったそうです。
 これは、駆け出しの振付家にとって、自分の存在を知ってもらい、プロのバレエ団と仕事をする経験を得、自分の作品をロシア有数のオペラハウスにて披露する機会となるように企画されたワークショップとのことです。今回、ワークショップの参加者を募集していますので、概要をご紹介します。あくまで概要ですので、応募をご検討の方は、リンク先の英文をご確認いただければと思います。

http://www.uralopera.ru/actuals/showactuals.php?id=167

 なお、エカテリンブルク国立オペラ劇場は、日本では無名ですが、元々、国家直轄のオペラハウス(地方都市ではノヴォシビルスクとここだけ)なので、レベルは決して低くないです。もともとはオペラの方が強い印象でしたが、最近は、英国ロイヤル・バレエのプリンシパル(古巣はマリインスキー・バレエですが)を芸術監督に迎え、バレエ団も本気を出してるなあと思います。
 この企画も、駆け出しの振付家対象と言いながら、前回審査に通ったのは、それなりに受賞歴のある方々がほとんどでしたので、レベルは高いと思います。ご参考まで、前回の公演写真はこちらです。

Photo: JIC旅行センター
f0169061_23213654.jpg


【応募方法】
・申込用紙はリンク先のAPPLICATION FORMをクリックしてダウンロードしてください。
・参加希望者は制作した作品を閲覧可能な形でインターネット上にアップロードし、そのリンクとCVを一緒に2013年7月10日までに以下のアドレスまで送ること: danceplatforma@mail.ru (英語・ロシア語どちらでも可)。
・応募作品に基づき、8人の参加者を決定し、7月14日までに発表する。

■条件
・参加希望者オリジナルの作品であること
・representing an ongoing action(一見簡単な単語のようで、意味がよくわかりませんでした。ノンダンスはだめということでしょうか…)で4~10分間の公演またはリハーサルの映像
・画質が悪く、または振付家のスキルが判別しがたいビデオについては選考対象外

■予定審査員
イングリット・ローレンス(ノルウェー国立バレエ芸術監督)
エカテリーナ・クリサノワ(ボリショイ・バレエ プリンシパル)
アレクセイ・ミロシュニチェンコ(ペルミ国立バレエ芸術監督)
ヴャチェスラフ・サモドゥーロフ(エカテリンブルク国立バレエ芸術監督)
ルビナルド・プロンク(NDT)

【ワークショップ概要】
■日程
 ワークショップは8月14日~31日に開催される予定。参加者は8月15日から制作活動を開始し、12営業日(一日あたりのリハーサル時間は2.5~3時間)で作品を制作、完成版を8月30日、9月6日のガラ・コンサートで披露する。

■制作する作品について
・4~8分程度、最大5人のダンサーで構成。
・著作権フリーの音楽を使用すること。
・非営利のプロジェクトなので、簡素な衣装・装置を歓迎。
・劇場で保有している衣装を使用できる。また、自作もしくは著作権フリーのスケッチがあれば、それをもとに劇場のアトリエが衣装を制作することもあり得る。

■待遇等
・劇場側は、旅費(※ここで言う旅費に、食費相当が含まれるかは不明です。)を負担し滞在先も用意する。その他、500ユーロを支給。
・参加者の創作活動を促進するため、第二回ダンス・プラットフォームの結果をもとに専門家がビデオを作成、劇場のパートナーに配布予定。
[PR]
by jicperformingarts | 2013-06-15 23:25 | イベント・ゲスト情報 | Comments(0)

ブノワ賞2013年:過去の受賞者たちによるコンサート

 すぐ下の投稿で5月21日のチャリティ・ガラの演目・キャストをご紹介しましたが、5月22日の過去の受賞者たちによるガラ・コンサートの詳細も公表されました。概要は、以下のとおりです。

http://benois.theatre.ru/massmedia/news/


第一部
「'A Million Kisses to My Skin’よりデュエット」

振付:デーヴィット・ドーソン
Anu Viheriäranta(オランダ国立バレエ)
James Stout(オランダ国立バレエ)

「ノット・ウィズアウト・マイ・ヘッド」
振付:ナタリア・ホレツナ
シルヴィア・アッツォーニ(ハンブルク・バレエ)
アレクサンドル・リアブコ(ハンブルク・バレエ)


「’BORDERLANDS’よりデュエット」
振付:ウェイン・マクレガー
マリア・コチェトコワ(サンフランシスコ・バレエ)
タラス・ドミトロ(サンフランシスコ・バレエ)

「В ПОСЛЕДНИЙ РАЗ Я ПЛАЧУ」
※「最後に泣く」という意味ですが、原題がわかりませんでした。
振付:アン・マリー・デアンジェロ
フランソワーズ・ヴォランジェ
ヴィクトル・フラーニョ

「'ロミオとジュリエット' 第一幕よりパ・ド・ドゥ」
振付:ルディ・ヴァン・ダンツィヒ
アンナ・ツィガンコワ
マシュー・ゴールディング

「Dark Matters」
振付:クリスタル・パイト
ジェルマン・スパイヴィ('キッド・ピヴォット')

「祝典」
振付:ピエール・ラコット
リュドミラ・パリエロ(パリ・オペラ座バレエ)
ピエール・アルチュール・ラヴォー(パリ・オペラ座バレエ)

第2部
「ブロークン・フォール」

振付:ラッセル・マリファント
エカテリーナ・ペティナ(ミュンヘン・バレエ)
エリック・ムルザガリエフ(ミュンヘン・バレエ)
マテイ・ウルバン(ミュンヘン・バレエ)

「海賊」
アンナ・ニクーリナ
ウラディスラフ・ラントラートフ

「ノクターン」
振付:ジョン・ノイマイヤー
シルヴィア・アッツォーニ
アレクサンドル・リアブコ

「ラ・シルフィード」
グドルン・ボイエセン(デンマーク・ロイヤル・バレエ)
アルバン・ランドルフ(デンマーク・ロイヤル・バレエ)

「SHUTTERS SHUTT」
振付:ポール・ライトフット&ソル・レオン
パルヴァネ・シャラファリ(ネザーランド・ダンスシアター)
フェルナンド・マガダン(ネザーランド・ダンスシアター)

「マルグリットとアルマン」
振付:フレデリック・アシュトン
タマラ・ロホ(イングリッシュ・ナショナル・バレエ)
セルゲイ・ポルーニン(モスクワ音楽劇場バレエ)
ヴィクトル・ディク(モスクワ音楽劇場バレエ)
[PR]
by jicperformingarts | 2013-05-19 22:20 | イベント・ゲスト情報 | Comments(0)

ブノワ賞2013年候補者たちによるチャリティ・ガラ

 既に直前ですが、5月21日に、ボリショイ劇場本館にて、ブノワ賞2013年候補者たちによるチャリティ・ガラが開催されます。公演名では2013年の賞にノミネートされた人による公演のように見えますが、実際には、マチアス・エイマンなど過去の受賞者も出演するようです。ブノワ賞の公式サイトのロシア語版に当日の演目・出演者が発表されているのでご紹介します。

http://benois.theatre.ru/massmedia/news/

第一部
「'Year of the Rabbit'よりデュエット」

振付:ジャスティン・ペック
パトリシア・デルガド(マイアミ・シティ・バレエ)
レナン・セルデイロ(マイアミ・シティ・バレエ)

「マンフレッド」
振付:ルドルフ・ヌレエフ
マティアス・エイマン(パリ・オペラ座バレエ)

「'火の鳥'よりパ・ド・ドゥ」
振付:ジョージ・ウィリアムソン
クセニヤ・オフシャニク(イングリッシュ・ナショナル・バレエ)
Junor Souza(イングリッシュ・ナショナル・バレエ)

「'くるみ割り人形'よりルイーザのソロ」
振付:ジョン・ノイマイヤー
エカテリーナ・ペティナ(ミュンヘン・バレエ)

「ジゼル」
マリア・コチェトコワ(サンフランシスコ・バレエ)
タラス・ドミトロ(サンフランシスコ・バレエ)

「Variations for Two Couples」
振付:ハンス・ファン・マーネン
Igone de Jongh(オランダ国立バレエ
ジョセフ・ヴァルガ(オランダ国立バレエ
アンナ・ツィガンコワ(オランダ国立バレエ)
マシュー・ゴールディング(オランダ国立バレエ)

第二部
「'バヤデルカ'第3幕よりパ・ド・ドゥ」

エカテリーナ・クルィサノワ(ボリショイ・バレエ)
ウラディスラフ・ラントラートフ(ボリショイ・バレエ)

「椿姫」
振付:ジョン・ノイマイヤー
グドルン・ボイエセン(デンマーク・ロイヤル・バレエ)
アルバン・ランドルフ(デンマーク・ロイヤル・バレエ)

「'眠れる森の美女’第3幕よりグラン・パ・ド・ドゥ」
振付:ケネス・マクミラン
ダリア・クリメントヴァ(イングリッシュ・ナショナル・バレエ)
ワディム・ムンタギロフ(イングリッシュ・ナショナル・バレエ)

「シンデレラ」
振付:クリストファー・ウィールドン
アンナ・ツィガンコワ(オランダ国立バレエ)
マシュー・ゴールディング(オランダ国立バレエ)

「ファラオの娘」
振付:ピエール・ラコット
エフゲーニヤ・オブラスツォーワ(ボリショイ・バレエ)
アルチョム・オフチャレンコ(ボリショイ・バレエ)
ニーナ・カプツォーワ(ボリショイ・バレエ)
イーゴリ・ツヴィルコ(ボリショイ・バレエ)
※モスクワ舞踊アカデミーの生徒も出演予定

なお、5月22日には過去の受賞者たちによるガラコンサートが予定されていますが(ガラとしてはこちらの方が有名)、同サイトにはまだ詳細なプログラムは発表されていません。(5月19日追記:後程確認したところ、5月22日の詳細も公表されていたので、こちらの記事でご紹介しています。)
[PR]
by jicperformingarts | 2013-05-18 23:51 | イベント・ゲスト情報 | Comments(0)

サンクト・ペテルブルク:アンドリス・リエパのアニバーサリー企画

ペテルブルクにて、アンドリス・リエパの50歳の誕生日を記念した、二つの企画が予定されています。チラシでは、イルゼ・リエパ、マニュエル・ルグリ、ニコライ・ツィスカリーゼ、パトリック・ド・バナが出演とありますが、うちルグリ、バナが何の演目に出演するのかは不明です。

4月4日(木)19:00~
於:コンサート・ホール<オクチャブリスキー>

『アンドリス・リエパ アニバーサリー公演』
http://www.bkz.ru/about_action.html?id=886

第一部「シェヘラザード」
ゾベイダ:イルゼ・リエパ
金の奴隷:ニコライ・ツィスカリーゼ
シャリアール:アンドリス・リエパ
クレムリン・バレエ

第二部「小品集」
詳細不明

4月5日(金)~7日(日)19:00~
※4月6日(土)は15:00~/19:00~の二回公演
於:ミハイロフスキー劇場
『21世紀のバレエ・リュッス』

http://mikhailovsky.ru/en/afisha/detail/309598/

第一部「クレオパトラ~イダ・ルビンシュテイン~」(世界初演)
音楽:ストラヴィンスキー、リムスキー=コルサコフ、マスネ、グラズノフ、フォーレ、テクビレク
振付:パトリック・ド・バナ

第二部「火の鳥」
音楽:ストラヴィンスキー
振付:アンドリス・リエパ(復刻)
[PR]
by jicperformingarts | 2013-03-13 23:44 | イベント・ゲスト情報 | Comments(0)


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧