ロシア:劇場のしおり


旧ブログ名:『サンクト・ペテルブルクからのひとこと日記』■サンクト・ペテルブルクやモスクワを中心に、ロシア各都市の劇場トピックスなどをご紹介しているJIC旅行センターのブログです。
by jicperformingarts
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ

2017.02.25(夜) ボリショイ・バレエ『イワン雷帝』ワシーリエフ&ヴィノグラードワ

イワン・ワシーリエフ
マリア・ヴィノグラードワ
アルチョム・アフチャレンコ

 『イワン雷帝』鑑賞2回目です。作品に関する補足は前の投稿をご覧ください。この夜公演では、イワン雷帝を当たり役にしていたユーリー・ウラジーミロフ75歳の誕生日を記念して彼が招待されており、芸術監督のワージエフからの祝辞・花束贈呈があり、その後彼の現役時代の映像をスクリーンに流してからの公演開始となりました。

 夜公演の主役はイワン・ワシーリエフ。彼なので、跳んで魅せるところでは当然観客は沸きます。演技も迫力がないわけではないのですが、全球全力フルスイングで同じ打線というか、雷帝の狂気の変遷という点では物足りないところもありました。彼の細君のヴィノグラードワがアナスタシア役ということで、きっと昼公演では観られなかった相思相愛ぶりが観られるはず!と手ぐすねを引いて待っていたのですが、今度は、観客から観た愛情表現の度合いが、アナスタシア>>>雷帝で不均衡でした。難しいですねー・・・。
 といっても完全に演技が単調だったわけではなく、二幕冒頭のパ・ド・ドゥでは、アナスタシア懐妊中なのかな?と思わせる(史実でも子供がいます)演技、そしてアナスタシアの仇を討った後、彼は本当はもう死んでもいいんだろうなー、と思わせる狂気の笑みなど、良い所もありました。
 また、体格に恵まれたダンサーというわけではないので、階段2段飛ばしの振りや、ラストの縄を絡ませる所、そしてリフトに余裕がなく、この作品の世界観の完成度に影響を与えている部分はありました。

 ヴィノグラードワは長身で現代的なモデル風というか、美人なのですが中世ロシアの姫君としては違和感がある容姿なので、雷帝が見初めるところでは、一瞬「え?意外な好み…」となったのですが、戦争からの夫の無事の帰還を祈るソロでは、伸ばした腕の先・目線の先には、ちゃんと雷帝がイメージされていたような気がします。そして重病の雷帝を看病するところでは悲痛さも伝わってきます。また、彼女は股関節がきれいに開くので跳躍に鮮やかさがあり、その後、雷帝の帰還がした後の踊りには、演技・技術と相まって素敵な晴れやかさがありました。
 ただ、やはり清純さという点では今ひとつなので、第2幕の、霊となって雷帝と踊るところでは浮遊感はありませんでした。

 クルプスキー公は夜公演もアルチョム・オフチャレンコ。昼公演は第4ヤールス(実質6階)、夜公演は第1ヤールス(実質3階)で観ていたためか、夜公演ではアフチャレンコの跳躍を観て、エレガントに高く跳ぶなあと実感しました。ただ、より近い目線で観ても演技の淡泊さは変わりませんでした。

 その他、鐘つき男達・勝利の使い達・オプリーチニキ(いわゆる雷帝の秘密警察)などのキャストもほぼ昼公演と同じでした。この作品、筋金入りのボリショイ・ファンでない限り、主要3人以外はほぼ個体識別できません。3人の心理を丹念に描くドラマと捉えればいいのでしょうが、キーマンであるクルプスキー公が薄味だったので、ドラマとしての濃密さが足りず、舞踊的なバランスの方が気になり、主要3人とそれ以外を埋める役が欲しいなあと思ってしまいました。
 あとは、映画『イワン雷帝』のためにプロコフィエフが作曲した音楽が基になっており、オリジナル音楽ではないので仕方ないことではあるのですが、甘ったるい場面では、もっと『ロミオとジュリエット』級に甘ったるい音楽が良かったです。とはいえ、一からバレエ化された作品としては、演出含めかなり緻密に作り込まれていて見応えがあります。


[PR]
by jicperformingarts | 2017-03-09 19:02 | 公演の感想(バレエ) | Comments(0)
<< ベラルーシ・ボリショイ劇場:B... 2017.02.25(昼) ボ... >>


検索
リンク集
■JIC旅行センター
メインページ
■JICトピックス■~ロシア・旧ソ連の情報あれこれ~
エンターテイメントのページ

■バレエ/オペラ
ボリショイ劇場
マリインスキー劇場
モスクワ音楽劇場
ノーヴァヤ・オペラ(モスクワ)
ミハイロフスキー劇場
エカテリンブルク国立劇場
ペルミ国立劇場
ノヴォシビルスク国立劇場
タタール国立劇場(カザン国立歌劇場)
バシキール国立劇場(ウファ)
サマーラ国立劇場
チェリャビンスク国立劇場
サラトフ国立劇場
クラスノヤルスク国立劇場
ボロネジ国立劇場
ニジニ・ノヴゴロド国立劇場
ロストフ国立音楽劇場
アストラハン国立劇場
チュバシ国立劇場
オムスク国立音楽劇場
国立ブリャート歌舞劇場
コミ共和国国立劇場(スィクティフカル)

カザフスタン国立オペラ劇場
アルメニア国立オペラ劇場
リヴィヴ国立オペラ劇場(ウクライナ)

エルミタージュ・バレエ
クレムリン・バレエ
モスクワ・シティ・バレエ
エイフマン・バレエ
タッチキン・バレエ
ヤコブソン・バレエ(サンクト・ペテルブルク・アカデミー・バレエ)
パンフィーロフ・バレエ

■コンサート
モスクワ音楽堂
チャイコフスキー記念モスクワ・コンセルヴァトーリア
チャイコフスキー記念コンサート・ホール(*Moscow Philharmonic Society)
ボリショイ・ザール(*マールイ・ザールと共通)

■その他(編集中)
サンクト・ペテルブルク国立児童音楽劇場
アレクサンドリンスキー劇場
マールイ・ドラマ劇場
ヴォルコフ・ドラマ劇場(ヤロスラヴリ)

タグ
Twitter
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧